玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

劇場版傷物語III冷血篇の日の丸の考察

 君の名はが人気らしいけど、なんかリア充っぽくて見に行ったら人間強度が下がりそうだったので傷物語IIIを見に行った。
 この世界の片隅ではキネマ旬報賞を取ったけど戦争とか国家とかについて考えるのがめんどくさかったのでラノベアニメの傷物語にした。でもこっちにも国旗がたくさん出てきた。


過去の感想。
nuryouguda.hatenablog.com
nuryouguda.hatenablog.com

  • 見どころ

羽川翼のおっぱいがエッチ
・キスショットのおっぱいがエッチ
・阿良々木君のおなかがエッチ
櫻井孝宏の声がかっこいい
・いろんな坂本真綾が出る
・いろんな絵柄のアニメーションが楽しめる
映画「傷物語」ビジュアルブック PART2

  • 感想

 そういうわけで、映画館の大画面と音響で過剰演出だったので、色んな意味でいろんなシーンでドキドキしました。ぼく、過剰演出好きなんですよね。ていうか、一秒に何十枚も絵を使って動かすアニメーションって言う芸術自体が過剰な媒体なので。
 西尾維新先生原作のアニメは見てるけど、文章はわざわざ買って読むほどではないという距離感(決して価値を認めていないわけではなく、積ん読本が多いので小説を読む時間がない)なので原作ファンの人には申し訳ないけど。
 割と普通に面白かったしドキドキしたし、よかったです。
傷物語 (講談社BOX)
日経エンタテインメント! 2017年2月号増刊「傷物語」版


 過剰演出で映像や演出や演技にフェティシズムが溢れていて、楽しかった。ストーリーのあらすじは原作を読んでなくても、キスショットが忍になって阿良々木暦君が吸血鬼もどきになって羽川に恩義を感じる、ということはテレビ放送された物語シリーズのアニメを見てるだけでわかってるので、ストーリーを理解することよりも映像にドキドキすることに集中できて楽しかった。
 しかし、バトルが終わった後のラストの決着の付け方はやはり小説家の書いた物語らしく物語的で、説明臭い所もありつつ、ビターでエモい感じがあって、ちょっと考察したくなった。


  • 考察

三部作通して繰り返し、大量に登場した日本の国旗。
当初は単に「日の丸部分=血の一滴」を象徴しているのかと思っていたが、冷血篇での体育館での決闘シーンで、「日本代表選手が入場~」というオリンピックらしきナレーションが入る演出があった。これは暦しかキスショットを止められる者はいないという暗示だったのかもしれないが、暦が一人目の眷属と同じ日本人であることを強調しているように思えた。だとすればあの画面を埋め尽くすように描かれた国旗は、キスショットにとって『日本』という国が特別だったという象徴かもしれない。
b9life.hatenablog.com

 こういう意見もある。僕はそうは思わないけど。


 君の名は。ってナチュラルマイルドヤンキーで日本に誇りを持ってる愛された若者の普通のマジョリティ層に受けた映画じゃないですかー。この世界の片隅に、も、戦時中の日本も自分たちと同じ日本だし、それとつながっている自分はご先祖様に感謝しながら自己肯定感を涵養するって言う感じ。

−−2016年のアニメ界最大の話題は映画「君の名は。」でした。
興行収入200億円を超えるとは分からなかったですけど「売れるな」と思いました。

まず、若い人が見てもわかりやすい。新海イズムというよりもプロデューサーの川村元気イズムなんじゃないかなと思います。

深夜アニメ寄りのアニメーションって、高校で考えると、40人いるクラスで人気がない3人が、現実逃避したり、自己実現をさせるためのアイテムなのに「君の名は。」は残りの37人を巻き込んでいる。

リア充に向けた映画なんです。リア充がこぞって行ってしまったので、残りの3人は立つ瀬がない。くそっと思いながらも、見てしまう。

昨今、実写映画を含めて、リア充に属する子が見に行けるものをアニメが提供できなかったのではないかと思います。

スタジオジブリ、特に宮崎駿がといってもいいですけど。小難しい話を作り「説教くさい」と感じる子たちがいっぱいいたんじゃないかと。

君の名は。」に説教は何もない。「僕もこれぐらいだったらできるんじゃないか」「こういう世界いいじゃないか」と見た若い人は素直に感じてるんだと思います。

ジブリのような家族連れではなく、中高生に向けてフィットしたアニメ映画ができるというのはエポックメイキングでした。

内容について評論家筋には辛辣なことを言われるんだけど、別にいいじゃん。それがエンターテイメントだと思います。
www.buzzfeed.com

 
 シン・ゴジラもマイルドヤンキーで国家が個人を守護することをほぼア・プリ・オリとして書いたので日本に生きることを肯定しているマジョリティに人気が出たと思う。

「普通の人」とは何か?

さて、「普通の人」とは何でしょうか。普通の人は、ごく一般のふつうの人です。
正義を愛し、家族を愛し、義理人情に厚い普通の人です。
そして、それは国民の大半を占め、マス層を形成しています。

同時に「普通の人」は、容赦なく虐殺を行い、差別を行い、戦争を引き起こします。それは正義に基づいていたり、家族愛であったりします。

「普通の人」は家族や共同体、コミュニティの価値観を基準して動きます。

いってしまえば、ヤンキーであり、アニキであり仁義であり、ヤクザである。
加えて、ワンピースの世界観である。

彼らはアニキのためなら容赦なくコミュニティ外の人を傷つけることができます。
medium.com

 きっと、60数年前、昭和29年の映画館で、日本人はこの映画を観たんだ。それと同じ映画を、俺はたった今観たんだ。
 映画館からの帰りのバス停でベンチに座りながら、そのことに思い至った私は涙が止まらなくなった。ボロボロに泣いた。幸い、周りに人はいなかった。

 「ゴジラ」公開当時、昭和29年の日本にしかない「文脈」があったのと同じように、2016年の日本を生きる私たちには、私たちの「文脈」がある。戦後70年という時間。東日本大震災福島原発事故。(そこに「ハリウッドにお株の『ゴジラ』まで奪われた映画界」を付け足しても良いかもしれない)
 「シン・ゴジラ」はそんな2016年の今この瞬間に生きる私たちに向けて作られた、私たちの「ゴジラ」なのだ。
 今までのどんな「ゴジラ」にも似ていない、誰も見たことがない、全ての人々が初めて見る、62年前そっくりそのままの「ゴジラ」。それが「シン・ゴジラ」だ。

d.hatena.ne.jp

原作者 こうの史代さん
「昔の人は愚かだったから戦争をしてしまった、そしてこんな生活にっていう感じで片づけられる気がするんですけど、本当は、われわれの見たことのある祖父母は、決してバカな人ではありませんでしたよね。
彼らが彼らなりに工夫して、幸せに生きようとしたということを、この作品で追いかけて、つかみたいと思ったんです。」
www.nhk.or.jp

続きを読む

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第1部第6話 殺してはいけない人、殺してもいい人とは?

 ついに来てしまった。殺人考察第一部のクライマックス、第6話「強敵、デレンセン!」。この話は本当に感想を書くのも解説をするのもつらい。
 しかし、富野由悠季ファンとしてはGのレコンギスタ活動はまだ終わってない!ガンダム Gのレコンギスタはまだ再構成版作業が残ってるんだ!だからそれまでにテレビ版のファンを増やすためにブログで応援しなきゃいけないって分かれよ!
 だからGレコは分かりにくいという愚民どもにGレコを解いてやると言っているのだ!


 い、いや、まあ、別に僕はアニメーターとか演出家じゃないし素人なのであの、申し訳ないんですけど個人の感想です。なので、この解説は正しいGレコの正解ではありません。オフィシャルではございませんぞ!でも、一人ひとりが自分なりのガンダムを見つけるきっかけになるためにいろんな人がガンダムについて語ってガンダム界を元気にしたい!


 ネタバレがあるのでいったん閉じます。
 あと、かなり好き勝手に書いたし他のアニメをdisっているし僕は増え過ぎた人類や俗物が嫌いなので愚民どもには不快な表現もあります。
 あとテキストファイルで100キロバイトあります。画像ファイルかよ…。5万5千文字です。画面右のスクロールバーが横長になります。

続きを読む

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

shinmai.seesaa.net
風邪引いてつらい
最低限
1
タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜 第10話「ヘルツの誇り」
タイムトラベル父親が優しくて良かった


2
NEW GAME! 第4話 「初めての…お給料…」
ぞいパンツかわいい


3
GO!プリンセスプリキュア第48話「迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!」
ゆいちゃんが脱獄してよかった


4
アイカツ!第178話「最高のプレゼント」
アイカツ!の良さが最後までギッシリでよかった


5
アイカツスターズ!第35話 「選ばれし星たち」
エースをねらえ!を久しぶりに継承した諸星学園長がよかった


6
フリップフラッパーズ 第3話「ピュアXLR」
かっこよくてセクシーなアニメーションがよかった



7
灼熱の卓球娘 10話「わたしの卓球」
カーブドライブとカウンターに迫力があってよかった



8
ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない 第38話「クレイジー・Dは砕けない その2」
効果音付きOPと馬越さんがよかった



9
甲鉄城のカバネリ 第1話「脅える屍」
機動戦士ガンダムをリスペクトした1話がよかった


10
文豪ストレイドッグス第16話「文豪ストレイドッグ
文豪ストレイドッグが誕生する瞬間がかっこよかった

冬季休業のお知らせ

二百名弱を数える当ブログの読者諸氏におかれましては、時下益々ご清栄のこととお祝い申し上げますが、私はクリスマスに40度の熱を出すという最悪な年末を迎えました。
もちろん手足や記憶が破壊されたわけではないし、死んだり家を失ったり罰を受けたわけではないので、もっと最悪になることもできる。
しかしながら、このブログでは過ぎた光栄でございますが、Gレコの記事を書く度に読者プレゼントをいただくなどのご支援を賜りまして、御礼申し上げます。
それは勿論、感謝しているわけなのですが、



医者に年末年始はブログを書いたりエネルギーを消費せずに、熱が出た後遺症の治療をするようにドクターストップをかけられました。


言うて、ワイ、精神障害者やねん。
銀河帝国皇帝や自由惑星同盟提督と同じくらい、戦いと発熱と飲酒を交互に繰り返して苦しんでるんや。飲酒して暴力を振るわないだけましなんや!


そういうわけで、今年の年末年始は治療に専念します。6話でデレンセン大尉が死ぬ時のことを批評するのは とてもつらい。


インターネットの片隅のこのようなブログを読んでくださる方や楽しみにして下さる方には申し訳ないのですが、体を壊してまでアニメの話をしても楽しくないので。楽しくないことはやめよう。
社畜じゃねえんだ。金品をせしめようができんことはできんし、気候とか事故に無理に逆らうのは非効率である。何をやるか、というのも大事だが、何をやらないかを選ぶことも大事なのだ。
僕はエグザイル・トライブではないので、冬に無理して人を楽しませる気はない。
寝る。


まあ、死んでない場合は富野アニメについて書くはず。



ただ、十選の時期なんだよなあ