玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

宝塚記念前日富野ファンのオフ会でチヤホヤされた


こちらのオフ会に参加しました。
そもそも、こちらの手塚治虫記念館での富野由悠季監督と高橋良輔監督の対談の前祝いということで企画してもらったのですが、意外にも応募が多かったために、今回のオフ会に参加した7人のうち、日曜日のイベントに参加できるのは私だけという地獄絵図になってしまった。
いや、不正は無かったです!
手塚治虫記念館に僕はコネはないです!
だから入場チケットを目当てに殺害されるかなーって思って当選券を自宅の本棚のエロ本の隙間に隠して来たのだけと、結果的に殺されたりチケットを奪われることがなくてよかったです。
最近は風邪を引いてブログの更新も滞りがちで、他人とまともに会話することもないメンヘラ生活をしていたので、意図的に人と会うのもエクササイズとして必要だと思って参加しました。(金曜日に睡眠改善薬を飲んで20時間くらい寝て風邪はごまかした)
飲み放題で沢山呑みましたが、悪酔いしなくてよかったです。

  • チヤホヤされてよかった

帰りの車の中で感想日記を書く。
富野ファンのおっさんだけでジメジメしたオタクの会話になるとキツいと思ったけど、複数の女性にチヤホヤしてもらいました!
いやー、やっぱり普段は誰にも人間扱いされず、機龍警察のライザの実家みたいな生活をしている僕のような人間はたまには人にチヤホヤされるべきですね!
富野ファンの新規の女性に富野ガンダムを布教できたし。(男の子は自分で資料と格闘しろ)
自尊心が満たされました。


しかし、意外でした。
なんで僕みたいな六本木ヒルズラブライブ!スクフェスの仕事に関わることなく過労で出世コースから脱落し、親を自殺に追いやったクズのような人間の僕がチヤホヤされたのか、ちょっと意外に感じた。
大阪の通り魔とかタミフルを飲ませた名大学生とかアイドルを刺した人や在日韓国人ペドフィリアのカナダ人は一生社会に出てこないでほしいとか死ねとかネットで言われているのに、なんで僕はGレコの感想ブログを全話書いただけでチヤホヤされるんだろう?会社を裏切り親を死なせた僕は常に暗殺されてもしかたないと思っているのだが、誰も殺しに来ない。それどころか、はるしにゃんは先に逝ってしまった。はるしにゃんをウォッチしてた2ちゃんねらーも最近は僕のウォッチに飽きてるし、僕自身がネットで公開してる程度の情報しかストーキングしないし僕の部屋の前に猫の死体を置いたりしてない。



なんでチヤホヤされるんだろう?
僕は過労の後遺症で半分ニート生活をしてて精神科で「死んでない方の親の介護のためにフルタイムの就職をしたい」と相談したら、逆に医者から「働いて金を稼ごうとしたらまた体を壊す。ニートでブログを書いて自己実現したほうが精神的に健康になる」と就労を制限されるレベルの精神障害者です。
クズじゃん。
ガイジはネットでなんか悪口を言われるし精神障害者は税金に寄生してるから死ねとか言われるんだけど、僕のGレコの感想を読んだ人は僕をチヤホヤしてくれる。
どちらが本当なのだろうか?
(精神障害者だけど、僕は老人を養うための年金は払ってます。自分は貰えないと思うし、母親を自殺に追いやった祖母は死んで欲しいのだが、わざわざ僕が殺人をしたら警察の仕事がムダに増えるので殺してない。私は無駄が嫌いだ)



僕のGレコの感想ブログは読みごたえがあって価値があると言われた。しかし、僕としては文章くらい誰でも書けるし、むしろ日本中のアニメファンがGレコの感想を書いて日本の文化を発展させるのが当然であって、僕とおはぎさんくらいしかGレコの全話感想ブログを書いてない日本のアニメファンの現状は憂いている。



でもまあ、僕のブログを読んで楽しいとかGレコの見方が深まったとか言う人がいるのが観測できたのは存外の喜びだ。生きていたり殺人をしないでいた方が彼らの役に立つなら、今しばらくは穏やかに過ごしてもいい。
なにしろ、死んだら死ぬ以外のことは出来ないし、殺したら警察とか裁判に時間を取られるので、アニメを見たり文筆を優先した方が効率的だ。
だから僕は殺人や自殺が絶対悪いとは思ってないし人口削減論者だし社会の底辺の精神障害者だから蔑まれ憎まれて当然のクズだけど、アニメの面白さが殺意を上回っている時は攻撃を先伸ばしにする。
だから世界平和のためにはみんなは僕に娯楽を提供してチヤホヤするべき。

  • 愛情とは?

「グダちんさんのブログには愛情を感じる」「グダちんさんは物事を真っ直ぐ見ている」と言われた。
マジで?
女性にそう言うことを言われてチヤホヤされるのはメンズとしては当然、嬉しいけど、愛情とかあるんですかね?
俺は人類を愛しているのだろうか?
(彼女の御世辞という可能性も十分ある)
しかし、愛情を注いだつもりが無いのに愛情があると言われるのはなかなか不思議なことだ。
ここが自分とは違う脳で思考している他の個体との情報交換の面白さだ。
僕は読者からは作り手や作品に愛情のある文筆を書くと言われた。
しかし、僕は人口削減論者だし伊藤計画以降のパブリックエネミーを自称してピングドラムのサネトシ先生に共感してる人類の敵だ。
もちろん社会的に悪徳とされるロリコンマンガも読んでいる!
愛情や優しさなんか欠片もない人間のクズだと自分では思っているのだが、読者は僕の文章に愛情を見るらしい。なんとも不思議なことだ。
愛情とはどこからどう観測されるのかわかったものではないし、酒の席でチヤホヤされるのは嬉しいが、一歩間違えば殺される危険もあるな。


作品に対しての愛情については、普通に「人類の大半はクズだから死んで欲しいが、面白い芸をする奴は芸をしている間は見ていてやる」というFateの英雄王みたいな気持ちです。
あと、僕の愛情より創作してる本人やスタッフの愛情の方があるに決まってるじゃん。
僕は面白いものを面白がって、面白くないものを忘れてるだけだ。
そんなに誉められたものではないです。違法動画をあまり見ないのは、単にスタッフが餓死したらアニメが見れなくなって長期的に自分が損するという打算に過ぎない。


富野監督の作品は好きだしアニメの感想はほぼ全部書いてるけど、別に愛情があるんじゃなくて、単に面白いものを見たら感想が溢れてくるだけであって、誉められるべきは僕の愛情ではなく、僕にそうさせる作品の力だと思う。
なにしろ、Gレコのリアルタイムでは毎週「もし今回のGのレコンギスタが糞つまらなくて何も書くインスピレーションがなかったら富野監督と刺し違えるしかない」との不安との戦いだった。結果的に毎週書くことがあったので良かったが、結果的に面白がれただけの結果論だ。
むしろ、僕以外の評論家がほとんどGレコに言及してないからしかたなく僕がやるしかない。僕は本当はブログなんか書きたくないしずっと寝ていたいのだが、誰もGレコの分析を書かないのは人類の文化の損失だからしかたなくアーカイブ作業をしてる。


僕は人口削減論者だが、人類の文化や科学は宇宙や世界の理に繋がるので好きです。(まあ、単に情報をやり取りできる存在が人間しかいないので仕方なく人間の文化や科学の相手をしてる面はある。機械知能や幽霊や宇宙人と直接会話する能力は僕にはない)
人口削減論もアレキサンドリア図書館の破壊などの過ちを繰り返したくないから、人命より科学成果を優先しているというオタクの効率論でしかない。
雑なセックスで生まれたガキどもが老人になるまで面倒を見るために僕が年金を払うのは腹立たしい。


とにかく僕は人間には大して愛情を感じてないし実際に親は自殺したし彼女いない歴年齢だし、社会のどの組織にも大して帰属意識がない。


芸術は好きだけど、面白いものを面白いと言うのは単なる反応だとおもうんだが。


一応、富野監督が70代にもなって企画に七年もかけたGレコを放送するまで死なずにいたことは評価できたので、Gのレコンラジオで賞賛のお手紙を送りました。
それをアイドル声優石井マークさんと寿美菜子さんが読んでくれたGのレコンラジオ最終回が収録されたガンダム Gのレコンギスタ9巻を買おう!
「グダちん」って寿さんが呼んでくれましたよ。わーい!
写真集かいました。女性声優のファッション好き…。
ガンダム Gのレコンギスタ  9(特装限定版) [Blu-ray]
寿美菜子写真集 MINAKO style
ただ、76歳にもなって劇場版Gのレコンギスタができるまで富野監督は死なないつもりで仕事をしてるのは、「正気か?」って思います。本当に監督が途中で死んだ企画はスタッフに多大な迷惑がかかるから本当にきちんとしてほしい。





  • 自分があまり好きではない

こういう文章を書くと、「グダちんは誰も愛する気持ちがないのに他人から愛されて自慢したいのだな」と思われるだろう。
もちろん、メンズがネットに書くことの大半は自慢話だ。
しかし、本当に僕が自分を愛してたら睡眠を削ってブログを飲酒しながら書くとか、そんな自傷行為はしないだろう。
僕の文章に価値があるなら、有料化するだろう。
自分で文章を書くよりも、まとめブログで他人の文章でアクセス数を稼いだ方が儲かる。


だが、僕が文章を売って金を得て、飯を食ったりものを買ったり性行為をしたところで、発生する価値は大したことないのでやらない。僕が個人的に多少長生きしたり気持ちよくなっても大したことはない。
むしろ、無料でGレコやガンダムの分析をネットに流しておいた方が、後進や未来人がアニメや現代の情報を後から解析する際に手間が省ける。
別に僕の感想が正解だと言うつもりはないが、どの分野でも一次情報や現象そのものが置いてあるだけよりも、群盲が象を撫でた証言がある方が資料性があるし、裁判もしやすくなる。
歎異抄風姿花伝もニコマコス倫理学も聖書も原典ではなく注釈本ですからね。
そういうエントロピーの節約と情報伝達と保存の効率化が僕の目的なので、大して愛情だとは思ってなかったので、愛情って言われたのが意外でした。


まー、オタクはそういうものなのかもしれないですけど。


しかし、オタキングと言われる岡田斗司夫さんも宇野さんもGレコの批評をやらなかったので、やっぱり現代のアニメ論壇に対する不信感はある。
っていうか、ああいうオタク芸能人とか文化人って言うのは作品の価値よりも作品に対する自分の政治的位置の誇示に励んでいるのがいけ好かない。作品を正しい見方できた人よりも偉いのか?そんなテストの答え合わせじゃないだろ!アニメは!作品それ自体の方が価値があるに決まっているだろう。これは敬意ではなく単なる事実です。


けものフレンズが売れたからとか、Gレコが流行らなかったからとか、流行りすたりを予測するとか、そんな株式投資世論調査じゃないんだよ!アニメは!
面白いものを面白がる、それだけ!
Gレコは僕の中で大ヒットしたので世間がどう言おうが大ヒットしたと思うし、ファンの口コミでヒットするんなら俺はヒットするまでGレコのことを言い続けるぞ。
(逆に世間がどれだけオリンピックに価値を見出して金を使っても僕は「人間が走ったり投げたりしている」としか思わないです)


こういう姿勢が愛情表現なのかなー。でも僕は家庭の愛情に恵まれないで育ったので、すげこまくんみたいな感じで愛情が分からんのだ。


たしかに、僕も「グダちんさんはGレコの感想でたくさん情報をまとめててすごい」って言われたら嬉しいものだったけど、十作品を作った富野監督の方が本を読んでるし、僕なんかまだまだです。オフ会でちょろっと褒められたくらいで慢心してはいけないのだ。精進あるのみ。

id:adenoi_today さんは富野ブログの人だけど、彼に富野作品のことではなく「グダちんさんの脳内妹のそらちんがめちゃくちゃ萌えるのに最近、そらちんがツイートしてなくて寂しい」って言われたのも本日の意外性のポイントだった。
現実的に言えば、スマホを買い替えたときに、そらちんのツイッターアカウントのパスワードを忘れたのと、単に僕の精神的体調が悪化して脳内妹小説を進めてないからなんだけど。(評論文も大学生の頃よりも書く速度が減った。参考資料が増えたせいでもあるが)


あと、脳内妹は昨年から仮面ライダーエグゼイドのように研修医に就職したので、Twitterをする時間がない。妹はリア充の美女なので、僕と違ってネット依存をしなくてもキラキラと輝いている。そして、脳内妹と僕は脳を共有しているけど、脳内妹が持っている僕の知らない医学的知識は、伏字になる。


でも、富野ファンで競馬とかが好きなだけかと思っていたあでのいさんも僕の妹をかわいいと思って期待しているらしいので、そっちもやる気力があればなー。と。



ちなみに、脳内妹のことは大好きですし、先日も脳内妹のためにオムライスを手作りしたりしました。
でも、脳内妹は基本的にリア充なので、僕がこんなに長文でアニメのことを書いても、「お兄ちゃんはアニメが好きなフレンズなんだね!」って言われて終わるので話が膨らまない…。おっぱいが膨らんだ方がこっちも膨らみますし…。

  • まとめ

僕は自己肯定感が希薄で貧乏だし精神障害だしあまり価値がない人間だと自認しているし、ニュースで迫害されている殺人者と同じくらい石を投げられても当然だと思っているけど、たまに勇気を出して他人に会いに行くと、他人は意外に僕の行動を評価しているということが観測できた。
僕は富野作品を理解したり楽しんだりして人類の文明が発展することを望んでいるし、逆にそれを阻害する愚民どもは抹殺したいのだけど、顔も知らない人もうっかり僕のブログで富野作品に興味を持ってくれている人かもしれないので、良く調べもせずに人を無差別に殺すのはやっぱりよくないなあって反省しました。グラブルのサラーサじゃないけど、弱い奴を見殺しにしたら、そいつがいなくなったらご飯が食べられなくなるかもしれない。コンビニのおにぎりを作る人もいることを想像しよう。
これからはなるべく無差別殺人をしないように気を付けます。
あと、僕の周りの人も僕の殺人衝動を抑えるために僕に娯楽を提供するために頑張ってください。
ネトウヨやパヨクも僕が虐殺文法で憎悪を煽って殺し合わせてもいい愚民ではないということを証明してみせてください。
僕も多少は価値のある何かを作らないと自殺したくてたまらなくなるので、あしたは宝塚で富野高橋両監督の話を聞いて自己研鑽したいと思います。
富野に訊け!! 〈怒りの赤〉篇
富野に訊け!! 〈悟りの青〉篇



(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)

follow us in feedly


www.amazon.co.jp

著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
(以前、風邪を心配してプレゼントを贈ってくれた方、ありがとうございます。冷えピタ入荷しました!)
金やちやほやされるために書いているのではないけど、書いているのとは関係なく金を貰ってちやほやされるのは嫌いではないので石油王や正社員は僕に融資してください。

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第2部第8話 感情と政治

 殺人考察では7話以降を第二部としていて、8話はアバンタイトルの回想シーンがないので7、8話は連続話。同じマスク部隊とのカリブ海での戦場なのだが、細かく見ると7話はベルリが殺人後遺症からラライヤの介護を通じて戦線復帰する話で、8話はアイーダを援護したりアイーダとの父と母のウィルミット・ゼナム長官と会談することでベルリがモチベーションを高めていく話と見れる。


 では、第8話「父と母とマスクと」を見て行こう。
リアルタイム感想はこちら
nuryouguda.hatenablog.com

  • 父との出会い


 アーマーザガンが前回のラストに救援に来た島影で補給を受けるベルリ(G-セルフ)、アイーダ(G-アルケイン)、クリム(モンテーロ)の3人。補給物資を持ってきた輸送機にはアメリア軍総監でアイーダの養父、グシオン・スルガンの姿があった。彼はベルリ曰く、「アメリア軍で一番偉い人のはずだ」。(その上にアメリア合衆国大統領がいるのだが)


 アーマーザガンがマスク部隊を虐殺しながらクリム達が島の陰で補給作業をする時間を稼いでくれているので、BGMの音楽も和やかになる。

 戦場の前線に出て、部下に作業をさせながら、戦闘服を着ている愛娘と抱き合い、砂浜で紅茶を飲むグシオン。
 「何でこんな前線に?」とアイーダに聞かれて「”何で”って…」と口ごもってしまうグシオンは明らかに娘を心配してきた父親なのだが、軍のトップでもある。普通の父親らしい人間味と戦時中の軍のトップという地位のギャップを併せ持つ人物。
 彼を見て、ベルリはどう思うのだろうか?




 初対面のグシオンに対してベルリは開口一番「僕、アメリア軍に入隊しません!」とメガファウナパイロットスーツを着て言う。これはかなり失礼なのだが、戦闘中の興奮状態もあるし、ベルリの中でのアメリア軍人の印象はクリム・ニックなので入隊させようとする人だと思い込んでたというのがあるだろう。
 しかし、グシオンは笑って「かまわんさ」と。グシオンはウィルミット・ゼナムとも面識があり、ベルリが運行長官の息子と言うことも知っていたのだろう。なので、グシオンはベルリがアメリア軍に入隊するかどうかはほとんど問題ではなく、彼の職分は作戦や政治にある。クリム・ニック前線指揮官で少しでも自分の近くの戦力が欲しいのでベルリを入隊させようとしたが、軍のトップのグシオンにとってはパイロットが一人増えるかどうかよりももっと戦略的にものを見ているので、ベルリの入隊云々は問題にしない。
 しかし、ベルリは十代でキャピタル・ガードの学生なのでクリムの印象から「軍人は誰もが戦わせ、自分を利用したがる人種」と先入観を持っていた。キャピタル・テリトリィは戦争をタブーとしていたバチカン市国のような国だし、キャピタル・ガード専守防衛組織であり、さらにベルリはキャピタル・アーミィーに反感を持っている。ベルリがキャピタル・アーミィーや軍人全般に反感を持っているのは母親の影響、専守防衛の思想を学校で習ったから、タブーの意識、成り行き上でアーミィーと戦ってしまったから、デレンセン大尉を殺害した罪の意識の裏返し、クリム・ニックの強引さに対する反発など、いろいろな理由がある。
 なので、ベルリは初対面のグシオン総監との間に「僕は一般市民で、あなたは軍人で別の世界の人物です」と、境界線を引こうとしたのだが。グシオンはベルリが想像していたのと違い、軍拡を推し進めるタカ派でも好戦的な野心家でもなく、温厚で、しかし賢明な父親であった。
 ここで、平和国家に育ったベルリは改めて「軍人とは実際にはどんな人間なのか」を学習する機会を持つ。

戦争を起こさないヒントは、メガファウナにある。
メガファウナは、アメリアが海賊部隊であると偽装し、
アイーダ指揮の元、キャピタルの諜報活動やフォトン・バッテリーの強奪を行う組織。 

その組織に様々な人間が集まる。


人種や国家間を越えて様々な人々が集まったメガファウナ
彼らは地球からトワサンガビーナス・グロゥブを旅することで、
真実を知り各国間の戦争を食い止める動きを取ることになる。

元々、メガファウナに集まったクルーは好戦的ではなく穏健的な立場だ。
こうした国家間を越え、同じ問題意識を持った個人が集まることで、
本格的な戦争が起こる前に食い止めることができた。
nextsociety.blog102.fc2.com

 id:ohagi23 おはぎさんのこの意見は総括としては正しいのだが、各論では間違っている。ベルリやメガファウナは最初から「戦争を止めよう」という崇高な問題意識を持っていたわけではない。ベルリは単にタブーを守るスコード教の信者で専守防衛キャピタル・ガードの学生だったので「戦争をするのは良くない」と漠然と思っていただけである。むしろ、初対面のグシオンに「アメリア軍に入隊しません!」と挨拶の前に言ってしまうベルリの失礼な態度を見るに、軍人を見下している市民意識もあったのではないか?(アンダーナットでデレンセンに石を投げた市民のように、キャピタル・アーミィーを蔑視する描写もある)
 (また、個人的に私は「戦争をすべきでない」「戦争を食い止める」ということを絶対善とは思えない面がある。まあ、戦争をしているとデレステのサーバーが壊れるリスクがあるからなるべくやりたくないというレベルだ)
 スコード教のようにタブー意識と平和主義を憲法9条の教条主義的な金科玉条として守っていれば戦争を止められるかと言うと、そうではなく、むしろタブーに縛られていた反動として、やったことのない戦争ではしゃぎまわるジュガン・マインストロン司令やベッカー・シャダム大尉などのキャピタル・アーミィーの人も描かれた。なので、キャピタルのタブー意識や宗教的統治に従っていればOKという話ではGレコは無い。平和な時代の日常的な差別意識に鬱屈させられていたマスクが戦争に乗じて地位向上に利用する、という反動もある。むしろ、ベルリが3話で、キャピタル・アーミィー発足前に、なんとなくメガファウナに行かなければ、ベルリが「キャピタル政府の方針に従うため」と言ってデレンセンとマスクと一緒にアーミィーに入隊した可能性すらある。
 また、ベルリは終盤ではパーフェクトパックという無敵装備を持ちながら敵を殺さないように立ち回ったのが印象的だから「ベルリは殺人を嫌う」と言われがちだが、序盤では割と自分の身が危なくなるとカジュアルに(興奮して?)カーヒルやマスク部隊のエルフ・ブルックに対して反撃している。
 平和教育を受けているベルリだが、人間の本能として自分の身が危なくなると反射的に敵を殺してしまう。この平和を志向する理想と自己保身の現実という矛盾を、自意識として明文化、自覚せずに生きてしまう。そういうありさまをベルリ・ゼナムを通じてみることができる。何も「殺すのが正しい相手を殺し、殺さないのが正しくない場合は殺さないでいられる」と選択できるほど人間は賢い動物ではないのだ。なんとなくです。主人公だからって聖人君子ではないし、また、主人公の行動が作者の理想や思想と同じと言うわけでもないのだ。
 そんななんとなく平和と自分を愛して生きている人間が戦争とか他の国とかに放り込まれた場合、どうなるのか?どんな風に矛盾と向き合っていくのか?


 機動戦士ガンダムシリーズの軍のトップと言うと、ギレン・ザビジャミトフ・ハイマンハマーン・カーン、マイッツァー・ロナ、ムッターマ・ズガンなど、厳めしい人物を想像しがちだ。富野監督以外のガンダムシリーズの作り手も「軍人は偉そうに強そうに描くものだ」という習い性で人物像系をしている節がある。しかし、グシオンはそうではない。初登場からたったの5分で彼は視聴者に親しみの持てるヒロインの良き父であるとアピールする。

 ガンダムシリーズのリベラル派のエゥーゴのように軍服のジャケットをカジュアルに脱いでタートルネックで着こなす。

続きを読む

けものフレンズ第1話のサーバルちゃんのすごーい!ビジネスコミュ術100点!!

 この記事はサーバルちゃんが大好きなグダちんが延々とサーバルちゃんにすごーい!っていう記事です。
 まずはニコニコ動画で絶賛無料配信中のけものフレンズ第1話を見ようね。見ながら読んでね。


つづきは課金配信サイトで見れる!
anime.dmkt-sp.jp

www.b-ch.com
gyao.yahoo.co.jp
GyaO!は最新話無料)

 けものフレンズと言う今期の新作アニメーションは第5話まで放送の段階で主題歌とBD付どうぶつ図鑑がAmazonで売り上げランキング1位を記録する大ヒットアニメです。
ようこそジャパリパークへ

 はてな村アルファブロガーのシロクマ先生の記事を書いてる。

 この作品を眺めていると、そういう「すごーい!」や「フレンズ」な欲求のツボが刺激されて心地良い。ネット上で、彼女達のセリフを真似ている人が増えているのもわかる。承認欲求にとらわれている時は忘れがちだが、誰かに感心すること・誰かに驚くこと・誰かと仲間意識を持つことは、根源的には気持ちの良いことなのだ。
p-shirokuma.hatenadiary.com

サーバルちゃんも同等の寛容さ、「バブみ」を備えていると言っても過言ではない。
かばんちゃんの全てを「すごーい!!」と受け容れてくれるサーバルちゃん。それだけではなくーー
登場する(セルリアンを除く)あらゆるキャラクターが、異様なまでに優しく、母性に溢れている。
mistclast.hatenablog.com

 フレンズの中でもサーバルちゃんはとても優しくて素敵なフレンズなので、それを褒めて行こうと思います。すごーい!

 それにしたって、長所も短所もある者同士が感心しあい、助け合い、フレンズと呼び合うことが、こんなに気持ち良いだなんて! 日頃は自分自身の承認欲求にとらわれている人でも、この作品を観ている時は「すごーい!」や「フレンズ」の充足感を思い出せるんじゃないだろうか。


 今後のストーリー展開はさっぱり読めないけれども、難しい考察は他の人に任せておいて、今は「すごーい!」や「フレンズ」の充足感に酔っぱらっていたいと思う。来週も楽しみにしよう!
『けものフレンズ』の「すごーい!」が気持ち良くてしかたない - シロクマの屑籠

 精神科医のシロクマちゃんは考察をしないフレンズだけど、僕はサーバルちゃんがなんでこんなにすてきな性格なのか知りたいので考えてみるね!

  • かばんちゃんとの出会い

 夜行性なので木の上でお昼寝していたサーバルちゃんは、さばんなちほーに突然現れたかばんちゃんを最初に見つけます。かばんちゃんは記憶喪失で自分が何者で自分がなぜそこにいるのかわからないです。とりあえずサーバルちゃんはかばんちゃんを襲います。

 黄色いのがサーバルちゃん。帽子をかぶっているのがかばんちゃん。


・寝起きから全力!+1点 1点
 かばんちゃんが出現したと同時にサーバルちゃんはかばんちゃんに向かって全力疾走して狩りごっこをします。寝起きがいいフレンズなんだね!すごーい!サーバルちゃんは狩りごっこが大好きです。サーバルちゃんは優しいと視聴者のフレンズによく言われますが、受動的ではなく、まず自分の欲求を提示します。
・耳もいいね+1点 2点
 草むらに隠れたかばんちゃんの足音を聞いてサーバルちゃんはかばんちゃんを見つけます。
・食べないよ!+3点 5点
 サーバルちゃんにつかまって食べられると思って「タッ、タヴェナウィデクダサァィ!!!」と懇願するかばんちゃんに即座に「食べないよ!」と答えて安心させてくれます。やさしー!


・第一印象を取り返す能力 +2点 7点
 ビジネスにおいて第一印象が重視されるのですが。サーバルちゃんは怯え切ったかばんちゃんにちゃんと「ごめんね」と謝って「あたし狩りごっこが大好きで」と自分の理由を説明して「あなた狩りごっこがあんまり好きじゃないけものなんだね」と相手の価値観を認めて、第一印象の失敗を取り返します。第一印象に失敗したら諦める人が多い昨今、サーバルちゃんは優れたビジネスマンと言えるでしょう。
相手を動かす会話術 すごい!コツ60
また会いたいと思わせる初対面の法則 ―「好かれる人」になるちょっとしたコツ



・初対面の相手との距離感 +2点 9点
 かばんちゃんはサーバルちゃんに驚いて警戒して、かばんを盾にして縮こまりますが。サーバルちゃんは一回押し倒したかばんちゃんから4メートルくらい距離を取って敵意がないことを示します。気遣いができる。そして、ビビっているかばんちゃんが落ち着くまで待ってあげます。やさしー!初対面の相手に、まず「自分の時間」を支払えるサーバルちゃんは太っ腹です。

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!

・優れた観察眼 +1点 10点
 かばんちゃんがサーバルちゃんの耳を見るくらい落ち着いたら「ちょっと元気になった?」と、かばんちゃんが元気になったと自覚させます。相手の状態を指摘することで元気づけてあげるサーバルちゃんは人を見る目がある。


・端的な自己紹介 +2点 12点

 「ここはジャパリパークだよ。私はサーバル!このへんは私のなわばりなんだー」
 場所、氏名と所属をきちんと説明できる。自我が確立している。名刺をきちんと用意して自己紹介できるのは営業マンの基本。


・相手の質問と自分の質問を重ねて状況を精査する +2点 14点
 かばんちゃんはサーバルちゃんの耳を珍しがり、サーバルちゃんはかばんちゃんに耳や羽根やフードがないのを珍しいと言う。情報が不足している段階でも、互いの質問に答え合うことで認識を深めていくサーバルちゃんは優れた外交官と言えるでしょう。


・知的充足能力 +3点 17点
 結局、サーバルちゃんはかばんちゃんが何のフレンズかわからなかったので、「これは図書館に行かないと分からないなー」とサーバルちゃんは言います。
 これは逆に言うと「図書館に行くと分かる」と言うことです。現代の情報化社会ではともすれば何が正しいのか分からないし、学歴社会や専門化社会では、知識が求められるわりに習得にコストがかかります。
 しかし、サーバルちゃんは自分に何が分からないのかが分かっているけど、どこに行けば分かるようになるかは分かっています。
 これは古代ギリシャソクラテス無知の知を持ち、デルポイにあるアポロン神託所を信じていることに通じます。サーバルちゃんは偉大な哲学者なんだね!すごーい!
哲学入門

 現代の情報化社会では常に情報を収集することに疲れる人も多いと思いますが、サーバルちゃんのように「自分は何が分かっていて、何が分からないか」を自覚していて、その上で「必要な時にはどこで何を調べるといいのか」も知っている人は知的に充足して安定感があると言えるでしょう。
 また、図書館へきちんとかばんちゃんを案内するサーバルちゃんはとてもやさしー!


・命名能力 +3点 20点
 図書館に行くまでの便宜上の呼び名を「じゃあ、かばんちゃんで!」と即決するサーバルちゃんはミヒャエル・エンデはてしない物語の救い主にも似た命名能力を持っています。これは神の領域ともいえるでしょう。物事を定義する際に相手の本質を付き、しかし迷わず、その名前が「図書館に行くまでの便宜上の物」とわきまえているサーバルちゃんは名づけにおいて優れていますが、驕ることなく、効率的で、しかも相手に納得させる能力もあります。
はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

  • サバンナガイド

・地元愛、共存 +2点 22点
 さばんなちほーを「ひろくてみはらしがいーでしょ!」とかばんちゃんに説くサーバルちゃんは自分の住んでいる土地に誇りを持っている愛国者です。しかし、「サーバルさん一人の縄張りなんですか?」と聞くかばんちゃんに「まっさかー」と答えます。サーバルちゃんは縄張りを持っていますが、その縄張りが他のフレンズと重なっていることを嫌がりませんし、むしろ共存するフレンズの存在を喜んでいます。郷土愛はしばしば排外主義に結びつきますが、サーバルちゃんは自分と違う種族のフレンズがいるからこそ自分の地元も豊かになっているという喜びに満ち溢れています。ファシズムの問題点を克服しているサーバルちゃんは21世紀の手本となる。


・崖をまず降りる +2点 22点
 10メートルくらいある崖を、まずサーバルちゃんが先に降ります。先に手本を示すサーバルちゃんは優秀な前線指揮者と言えるでしょう。
 うまく降りられないかばんちゃんに対して「ナマケモノのフレンズ?」と言いますが、それはかばんちゃんが怠けていると叱責しているのではなく、「ゆっくりした動き」からかばんちゃんが何のフレンズか推測しているだけです。むしろ常にサーバルちゃんはかばんちゃんが何のフレンズなのか、図書館につく前から考えてあげています。やさしー!
 また、サーバルちゃんは崖を先に降りたけど、かばんちゃんがもたついているとかばんちゃんがいるところまで登ってきてくれてます。気遣い。


・へーきへーき!フレンズによってとくいなことはちがうから! +5点 27点
 ジャンプ力がなくて川に落ちたかばんちゃんが謝るけど、サーバルちゃんはかばんちゃんの能力がないことを責めず、むしろ他に何か得意なことがあるはずだと希望を示します。このサーバルちゃんの言葉に落涙した。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、 ほめてやらねば、人は動かじ
山本五十六(上) (新潮文庫)
山本五十六(下) (新潮文庫 (あ-3-4))


・セルリアンへの対処 +2点 29点
 サーバルちゃんの後ろでセルリアンに遭遇したかばんちゃんは、うっかり「フレンズさんですか?」と近づいてしまいますが、セルリアンに襲われる前にサーバルちゃんが気づいて退治してくれます。背後のかばんちゃんの気配にも常に気を配って外敵から守ってくれるサーバルちゃんは優れた保護者と言えるでしょう。


・はげまし +4点 33点
 上手く移動できず、セルリアンにも無力なかばんちゃんは「ぼくってそうとうダメな動物だったんですね」と悲観しますが、サーバルちゃんは「私だって、みんなからよくドジー!とか全然弱いー!とか言われるもん!」と、かばんちゃんを励ましてくれます。かばんちゃんが自分は無力だと思っている考え自体は否定しないけど、サーバルちゃんは自分の弱みを教えることでかばんちゃんを励まします。
 また、かばんちゃんが成果を出していなくても頑張っていることは認めて、「すっごい頑張り屋だからきっとすぐに何が得意かわかるよ!」と承認と希望を提示します。サーバルちゃんは優秀な教育者でしょう。



・休憩の大事さ +1点 34点
 木陰を見つけたサーバルちゃんは「ここでちょっときゅうけー!」と休みます。後輩が頑張っていることを認めつつも、やみくもに頑張らせるのではなく、率先して自分が休みを取って、休息するタイミングを教えるサーバルちゃんは新入社員のOJTでも成果を出せるでしょう。


・穴場を知っている +1点 35点
 「あとで水ものもうね!おすすめの場所知ってるんだ!」とかばんちゃんに教えてくれます。木陰で休憩しているときに、次の補給ポイントを教えて、進むモチベーションを与えてくれます。これもいいのですが、飲める水と飲めない水、など地元のいい場所を知っていて教えてあげられるサーバルちゃんは優れた観光ガイドですね。


・危険に対する認識の提示 +2点 37点
「私より強くて怖くておっきいネコ科の子もたっくさん!」
(噛まれたり)「そんなことたまーに機嫌が悪い時だけだよ」
「セルリアンには注意だよ!」
「(セルリアンが)また出てきたら私に任せて!」
 ジャパリパークにも危険はあるのですが、中程度の危険の大きいネコ科の子の脅威は稀であり、大きな脅威のセルリアンの危険には自分が対処するといって安心させてくれるサーバルちゃん。たよりになる。


・長所の指摘 +3点 40点
 結構あるいたのにあんまりハアハアしない、かばんちゃんの強い所がだんだんわかってきたサーバルちゃん。自分が当たり前にできている長所はなかなか気づきにくいものですが、それをきちんと見つけて褒めてくれるサーバルちゃん。
「きっと素敵な動物だよ!たのしみだね!」
 かばんちゃんの自己肯定感を補強してあげながら、図書館に行って何の動物か調べに行く道のりが「たのしみ」という風に、自分が期待している所をかばんちゃんに見せて行程のモチベーションを保つサーバルちゃん。サーバルちゃんみたいなフレンズと一緒にいたら知らない土地を旅する時も楽しいし元気と希望が湧いてきます。


・特技の訓練 +2点 42点
 セルリアンに対して無力なかばんちゃんだが、「木登りができると逃げたり隠れたりする時に便利だよ」と木登りを教えてくれる。セルリアンという案件に対してやみくもに立ち向かえというのではなく、回避する方法を教えてくれるサーバルちゃんは先輩の鑑。ここでもまず、サーバルちゃんが真っ直ぐな木に登って見せて、次にかばんちゃんでも登れる足場やでこぼこの歩きに登らせて、下から推してあげて、木登りの良さを教えてくれる。そして、木の上から次の目的地である水場を見て、こまめに行程を再確認する。ワンダーフォーゲルの基本ができている。


・見守る視線 +1点 43点
 水場は丘の上にあるのですが、そこまで登る坂道でかばんちゃんが転んでも、あえてサーバルちゃんは手助けせず、立ち上がるかばんちゃんを見守る。慈母。


・ともに笑う +2点 45点
 水場に到着して、ともに同じ水を分かち合う。ここで、かばんちゃんとサーバルちゃんが初めてともに笑い合う。苦労を共にして同じ釜の飯を食べ、同じ水を飲む。仲間意識の芽生え。サーバルちゃんは優秀なチームリーダーですね。


・成果の再確認 +1点 46点
 水場の丘の上から、ここまで歩いた道のりを振り返ってサーバルちゃんがかばんちゃんに再確認させてあげる。かばんちゃんも自分の足で歩いた達成感を感じる。あんまりできないと思っているかばんちゃんに「できたこと」を、確認して、それを見届けたと保証してくれるサーバルちゃんは歴史の目撃者ですね。


・有力者との交渉 +1点 47点
 やっとたどり着いた水場。普段は場所取りになるくらいフレンズが集まる水場だが、セルリアンが多いので水場にフレンズが少なかった。しかし、カバが水浴びをしていて、水しぶきを浴びて出現したので、かばんちゃんは驚愕して「食べないで!」と言おうとして絶句して「たったべっ…」と言葉を失った。カバは実際強いし水場を仕切っているのはさばんなちほーでも有力なフレンズと言える。そんなカバに対して、サーバルちゃんが親しげに「あ!カバ!」と話しかけることで、腰を抜かしたかばんちゃんも恐怖を克服できた。その上でなぜ水場にフレンズが少ないのか、セルリアンがゲートにいることなどの情報を聞き出す手腕。サーバルちゃんが日ごろから地元にコネクションを作っていることの証左。


・反論 +2点 49点
 カバに「あなた、何もできないのね」と言われたかばんちゃんだが、サーバルちゃんがすかさず「そんなことないよ!」と反論する。かばんちゃんはさばんなちほーの新人なので立場が弱いので自分で反論できないがサーバルちゃんはかばんちゃんががんばりやさんなのを見ているので反論してくれるし、根拠もある。泳いだり飛んだり足が速かったりできないけど、かばんちゃんはがんばりやさんということはサーバルちゃんは知っていてくれるので。


・他者の評価に対する真摯さ +2点 51点
 カバにサーバルちゃんは「鼻も耳もいいのにドジなせいで全部台無し」と評価されたけど、「ひどいよー」とだけ言う。前述のとおりサーバルちゃんは周りからドジと言われることは自覚している。なので、自分に対しての悪評には反論しない。むしろ真摯に受け止めている。しかし、それがひどい言い方だとは指摘する。だが、ドジと言われていることは先にかばんちゃんに自分から教えているので、逆に「鼻も耳もいい」という長所の情報の方が強調される。他者から自分の弱さを指摘されていることを隠さないことで、逆にサーバルちゃんはかばんちゃんにさりげなく自分の長所を他者に言わせることができる。この奥ゆかしさ。
 サーバルちゃんがカバの意見を否定しないで、ただ「ひどいよー」と感想を述べるだけなので、カバから「私も泳げませんしね」という譲歩を引き出し、カバに親切に助言を貰えることができた。サーバルちゃんは他者から欠点を指摘されてもごまかしたりせずに聞きいれる寛容さを持っているので、他者との関係性を日常的に構築できているということがうかがえる。普段から地元の有力者との関係性を維持しているサーバルちゃんは優秀な地方人ですね。


・褒める力 +3点 54点
 「サーバルさんって本当に詳しいんですね」とかばんちゃんに褒められたサーバルちゃんは謙遜せず素直に「えっへん!」と受け止める。逆にかばんちゃんが地図を手に入れたら「全然知らなかった!どうやって出したの?」と賞賛する。自分のできることとできないことを自覚しているからこそできる鷹揚な態度。褒められたら受け入れ、しかし褒める時はきちんと褒める。サーバルちゃんのコミュ能力の成熟度がうかがえる。

  • 決戦

・勇敢さ +2点 56点
 しかし、ゲートにセルリアンが立ちふさがる。悲鳴を聞いてサーバルちゃんは「誰か食べられちゃったかも!助けなきゃ!」と、自分を顧みず救助活動のためにセルリアンと戦う。勇敢だ。誰が食べられたのか、なぜ戦わなくてはならないのか、いちいち迷うことなく即行動に移せる。サーバルちゃんは勇者。


・共闘の大事さ +3点 59点
 しかし、サーバルちゃん一人ではセルリアンの弱点を攻撃できなかった。でも、サーバルちゃんはあきらめずにセルリアンに対峙した。そこで、かばんちゃんとカバが助けてくれた。サーバルちゃんが頑張ったのでかばんちゃんとカバが間に合ったのだ。このように助け合うために個々が最善を尽くすことの大切さを教えてくれるけものフレンズは原始共産主義闘争の本質を描いている。


・すっごーい!なにあれ!すっごーい! +5点 64点
 戦いが終わって、まずサーバルちゃんはかばんちゃんが紙飛行機をツクッタァアアアア!ことを褒める。自分が思いもよらないアイディアと技能をかばんちゃんが発揮した時、サーバルちゃんは素直に、そして心の底から賞賛して教えを乞う。サーバルちゃんはジャパリパークの先輩だが、自分のできることとできないことを自覚している賢者なので、自分にない特技を持つかばんちゃんを素直に褒めるし、真摯に「なにあれ?」と聞く。質問することで自分がかばんちゃんよりも下に見られることを恐れず、素直に知らないことは質問できる。
 そして、かばんちゃんに紙飛行機の作り方を教えてもらう向上心もある。


 技術者にとって、技術の前に先輩後輩もなく学習し合う態度を持てるのは大事なことだ。教えることで教える側も理解を深めることができるので、サーバルちゃんは教育の本質を体現している。
 「すごーい!」はけものフレンズを語る一つのキーワードになっているが、それだけでなく、文明や教育、情報伝達という理を発展させる関係性を維持する、精神的な向上心と互いを尊敬する礼儀を併せ持った、本質的な感情なのである。
 すっごーい!ものを恐れず、尊敬し、自分も教えを請い、情報共有することで文明は発展する。サーバルちゃんは人理の礎だ。

  • 別れ

・世界への信頼 +2点 65点
 じゃんぐるちほーにかばんちゃんが旅立つが、サーバルちゃんは「じゃんぐるちほーでも他のフレンズが助けてくれるはずだから!」と、他のちほーのフレンズの善意を信頼している。自分の善意が特別だと自慢することなく、善意は普遍的で誰にでも備わっていると堂々と言えるサーバルちゃんは世界を肯定しているし、世界のことを知らないかばんちゃんを力強く励ましている。決しておごることなく、善意に見返りを求めず、善意が世界に満ちていることを信じるサーバルちゃんはまさにキリストの体現者だ。


・相手への信頼 +2点 67点
 別れを惜しむかばんちゃんに対して、「こんなにすっごい技を持ってるんだもん!何があっても大丈夫だよ!」とかばんちゃんが作り方を教えた紙飛行機を示して自信をつけさせ、かばんちゃんを全力で信頼してくれるサーバルちゃん。世界のことも信頼しているし、個人のことも信頼している。天使。


・人生の同行者 +4点 71点
 じゃんぐるちほーに入るかばんちゃんに再会を約束し、友達だと言い、分かれる背中にずっと手を振ってくれるサーバルちゃん。そして、じゃんぐるちほーで不安になっているかばんちゃんに、もう一度出会って同行してくれるサーバルちゃん!
 かばんちゃんはじゃんぐるちほーに一人で行くことを覚悟したけど、その成長を確認した上で寄り添ってくれるサーバルちゃん!同行二人の教えを体現するサーバルちゃんはこの先の旅でも遍路者に対する空海や使徒に対する救世主として同行してくれるのだ。


・親しみ +1点 72点
 じゃんぐるちほーからはかばんちゃんはサーバルちゃんとタメ口になる。「サーバルさん」から「サーバルちゃん」に言い直すのを促す耳の動きが可愛いし、親しみやすいし、サーバルちゃんは本当に偉ぶったところがないのですごーい!
 おともだちだねー。


・夜も元気 +1点 73点
 夜行性のサーバルちゃんは夜になってからさらに元気になって木を倒すよ!昼間もかばんちゃんと一緒にたくさん歩いたのにまだ余力があるサーバルちゃんは強い。かばんちゃんと一緒に昼間に冒険することが多いけど、寝ないで頑張るサーバルちゃんはすごく優しいし強い。


プロメテウスの火 +2点 75点
 サーバルちゃんが木を倒したことで、ラッキービースト(ボス)がかばんちゃんを認識して言葉を発した。最初に言葉があった。神の言葉を促すサーバルちゃんは実際に神話の構造から言ってもプロメテウスや天之御中主神に匹敵する神性を持っている。
 2話以降はボスも含めた三位一体のチームで行動することが多いが、機械文明の成果であるボスを呼び覚ますのがサーバルちゃんということに神話的な意味合いを感じますね。

プロメーテウスはゼウスの命令に背きながらも、人類が幸せになると信じて火を与えた。天地創造の力をも持つ「神の焔」を、未熟な存在である人類に渡す事は、神々の間では禁忌となっていた。人類は火を基盤とした文明や技術など多くの恩恵を受けたが、同時にゼウスの予言通り、その火を使って武器を作り戦争を始めるに至った。現在に至るまで、火は人類の進化や文明の発達に大きな役割を果たしているが、ひとつ間違えれば、すべてを焼き尽くす恐ろしい火になってしまう。

 ジャパリパークは人工物の遺跡がある文明滅亡後のような世界だが、そこで再び人理を復元するきっかけになるかばんちゃん、さーばるちゃん、ラッキービーストの出会いはまさに今大人気のソーシャルゲームFate/Grand Orderのような大震災以降の神話だ。
 けものフレンズが流行するのは、人間たちの間に本能的にある人理継続、未来を取り戻そうとする希望そのものを突き動かす要素があるからなのだろう。


サーバルちゃんは英霊!

現在Twitterを中心に、今期アニメ史上ーー否、アニメ史に残る「特異点」が観測されている。
そう。

『けものフレンズ』の流行だ。
mistclast.hatenablog.com

  • IQを溶かしつつ促すけもフレ

wasasula.hatenablog.com
 だが、ここ最近(特に昨日から今日)になって、純粋な「入植者」たちが急速に数を増やしている。その多くは、コツメカワウソのように「すごーい!」「たのしー!」とばかり復唱し、「◯◯のフレンズなんだね!」という構文のみで会話する、考察班とは別ベクトルで異様な集団である。

 まさに、知性を奪われた「フレンズ」たちの大繁殖期が到来していると言えよう。

 だが、けものフレンズはその実、「IQを溶かす」とも表現される視聴姿勢を大いに促すアニメである。ジャパリパークのガイドツアーは、東京ジャングルで荒んだ現代人たちが、安心して知性を放棄できるための心遣いであふれているのだ。

 このタイミングでけものフレンズに接する人も多いだろう。そんな人にも向けて、けものフレンズの「IQを溶かす要因」について記しておく。

 けものフレンズはIQを溶かすアニメだとニュースにもなっている。
videotopics.yahoo.co.jp


 なので、ニュースを見たやふーちほーのフレンズは「けものフレンズはアホになる危険ドラッグなのでは?」と思うかもしれない。
 しかし、筆者はここで、サーバルちゃんの崇高さを顧みるにつけ、
 むしろ「IQが溶け切った崩壊後の世界でも文明を再構築する契機の可能性を内包する母なる大自然の雄大さが、けものフレンズで描かれている」と主張するものである!


 一度精神が赤ん坊に戻っても、人間はまた大自然からまた文明をやり直せるさ…。すごーーーーーい!
この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた
復活の日 (ハルキ文庫)
人類もまた、天然自然の中から生まれたもの! いわば地球の一部!
超級!機動武闘伝Gガンダム 最終決戦編(3)<超級!機動武闘伝Gガンダム 最終決戦編> (角川コミックス・エース)


  • なぜサーバルちゃんはかばんちゃんについてきたのか?
  • あるいはビジネスにおけるサーバルちゃん的態度の有効性

 本稿ではビジネスマンとしての資質をサーバルちゃんを通して見た。
 特に強調しておきたいのは、「アサーション」の表現である。


 アサーションとは「自分と相手を大切にする表現技法」を意味します。
 相手に自分の意見を押し付けるのではなく 自分のことも、相手のことも大切にするというのがアサーションなのです。

 現在は就職活動でも求職者に対して アサーショントレーニングを行い 面接の練習するところもあります。 又、すでに働いている人に対しての アサーショントレーニングも存在します。 特に教師や医者、サービス業など 人と関わることが多い職業などは 自分を犠牲にして他者への援助を 優先してしまい「燃え尽き症候群」 になることも問題視されていますね。

www.direct-commu.com


 しかし「失敗してはいけない」という前提があると 失敗を恐れて自分を守る行動を取ります。 それを続けていくと消極的になり 失敗をしたときに過度に自分を責めたり 他人を責めるようになってしまうでしょう。

 だから「失敗してはならない」という気持ちが 強すぎる方は今日から「失敗してもいいしそのときは責任を持てばいいや。」くらいのゆったりした気持ちで構えてみてはどうでしょうか。

 
 セルリアンを除けば、ジャパリパークはジャパリまんの安定供給と環境操作で衣食住、安全が保障され、マズローの欲求がある程度満たされた理想郷である。

 マズローの欲求階層モデルは、[1.生理的欲求] [2.安全の欲求] [3.所属欲求] [4.承認欲求] [5.自己実現欲求] という風になっている。このうち、[1.生理的欲求] と [2.安全の欲求] は、衣食住が足りている人であればそれほど問題無いと思うし、だから気にする必要も無いだろう。
 
 しかし、[3.所属欲求] [4.承認欲求] [5.自己実現欲求] に関しては、衣食住が足りればそれでオーケーというわけではなく、人間関係のなかで充たされなければならない。[4.承認欲求]などは特にそうだろう。
p-shirokuma.hatenadiary.com

 しかし、サーバルちゃんは充たされた環境で好きな時に食って寝ていられるパークの展示物としての立場でありながら、異物であるかばんちゃんに「すごーい!」と承認を与える行動をする。
 なぜだろうか?

 それより、『けものフレンズ』を観ていて強く感じるのは、「すごーい!」って、気持ちの良いことなんだなぁ、ということだった。
 
 インターネットでは、人間の欲求として承認欲求がよく挙げられる。承認欲求を充たすってのは、いわば、自分自身が「すごーい!」と言われてハッピーになったり自尊心を回復したりするような、そういう充足感だろう。
 
 だが、このアニメでは「すごーい!」と言われる側・感心される側がハッピーになるよりも、「すごーい!」と言っている側・感心している側がハッピーにみえる。「すごーい!」と言われる側よりも、「すごーい!」と言っている側のほうが楽しげで、観ているだけで幸せで、自分もそんな風に言いたくなる。


 他者から「すごーい!」と言われたがるのは承認欲求だが、じゃあ、他者に「すごーい!」と言うのはどういう欲求だろうか。
 
 言いようはいろいろあるだろうが、自己心理学風に言うなら理想化自己対象体験、マズロー風に言うなら、一応所属欲求になるだろう。「フレンズ」と呼びたくなる欲求は、もろに所属欲求に該当する。 
『けものフレンズ』の「すごーい!」が気持ち良くてしかたない - シロクマの屑籠

こうした自己愛の充たしあいは社会的儀礼のなかに定着している。

 例えば、職場や学校での何気ない挨拶。きちんとした挨拶は、「私達は、お互いを挨拶するに足る人間として看做していますよ」というメッセージの交換儀式としても機能している――出会うたびにわざわざ「お前はスゴイぜ」「お前をいっぱしの人間だと思っているぜ」と指差し確認しなくても 、挨拶さえ交わしていれば、お互いを相応に認め合っていることを略式で確認し、ごく軽く自己愛を充たし合うことができるのだ。なんて便利なんだろう!
 
 この、挨拶に含まれた「他人を映し鏡にして自己愛を充たす」の心理的機能を確認したい人は、いつも挨拶してくれる筈の同僚の挨拶が無かった日のことを思い出してみて欲しい。程度の差こそあれ、がっかりしてしまう筈である。そんなわけで、挨拶を通した自己愛の充たしあいは、人間関係の潤滑油として決して無視できないし、社会人には必須の礼式と言える。
 
 つまり「他人を映し鏡にして自己愛を充たす」とはいうけれども、実際には、アイドルスター的な絶賛よりも「いっぱしの人間として認めてもらう」「一緒にいて嬉しいというメッセージを受け取る」「俺だってマンザラじゃないと感じる」ぐらいのマイルドな形式のほうが重要でありふれていると言える。そして、こうした穏当な水準での自己愛の充たし合いに関しては、どこの社会でもコンセンサスができあがっているので、大人が求めたとしても社会的に不適当と見なされる心配は無い。もちろん、「ちゃんと自分にも挨拶して欲しい」「いっぱしの人間としてみて欲しい」といった欲求を持っていることを恥ずかしがる必要も無いだろう。
 
 私達は、お互いをお互いの映し鏡としながら、マイルドなかたちで自己愛を充たしあいながら生きている。こうした自己愛の充たしあいが、職場や学校で私達の活動を力づけ、人と人との間の潤滑油となり、困難な状況に立ち向かう勇気を与えてくれることは、説明するまでもないだろう。    
http://polar.shirokumaice.com/kohut/saiteigen01.htmlpolar.shirokumaice.com

 サーバルちゃんはかばんちゃんにいろいろ親切にしてあげて賞賛や感謝を受け、自己愛を満たされた。
 しかし、同時にサーバルちゃんは自分一人では絶対に敵わなかったセルリアンをかばんちゃんと一緒に退治することができて「すっごーーーーい!」ってなった。
 サーバルちゃんは実は大したけものではない。むしろ弱めの肉食獣だ。カバやおっきくて怖いネコ科のフレンズに比べると、ドジーとか全然弱いーって言われるけものだ。
 サーバルちゃんは不完全で中途半端な動物だ。ジョジョ2部の完全生物のカーズ様のように他者や他の種族を不要とする存在ではない。
 だからこそ、サーバルちゃんとかばんちゃんが互いに補い合って「すごーい!」と言い合う共同こそが、社会化と進化を促す構図になっているのではないだろうか。サーバルちゃんがものすごい強くてかばんちゃんのことなんか虫けらにしか見えなかったら、その力で助けることがあっても、かばんちゃんと親しくなることはなかったのではないだろうか。
 サーバルちゃんにとっても、かばんちゃんをたすけて感謝をされることで救われるものがあったのだろう。そして、ある意味サーバルちゃんの自己愛を補強してくれるかばんちゃんもサーバルちゃんに一方的に助けられるだけでなく、サーバルちゃんをアシストする才能を持っている。
 だから、サーバルちゃんはかばんちゃんに同行することで、かばんちゃんに「すごーい」と言ったり言われたりすると同時に、さらに自分で自分の「すごーい」所を新発見できるのでは、と期待したのだと思う。だからこの後もサーバルちゃんはかばんちゃんと一緒に橋を作ったり(10点)ジャパリバスやカフェを再建したり(10点)家を建てたり(5点)、新たなビジネスに取り組みシナジー効果を発揮した。(合計100点!!)
 このような感謝の輪るピングドラム的なキャッチボールがすごーい!たーのしー!という幸福感を刺激して、けものフレンズは多くの視聴者の獣性に訴えかけて支持されたのだろう。
 サーバルちゃんはかばんちゃんをすごーい!と褒めるし助けてくれるが、一方的にサーバルちゃんがかばんちゃんに尽くしているのではない。たがいに助け合い感謝し合う関係のコンビに成れたことで、かばんちゃんと同行する旅の中で、サーバルちゃんの方もより良い自己実現欲求を満たす。このような承認欲求や自己実現の充たし合いの関係性、助け合うことの大事さをけものフレンズは教えてくれる。

 

  • 実際のヒトの進化の歴史でも家畜との協力があった

世界で初めて犬を拘束せずに覚醒した状態で脳の状態を計測することに成功しました。その結果、犬が報酬を受けられることが分かった時に反応する脳の部位が人のそれと同じだったことが明らかになりました。


ネアンデルタール人が滅びた原因として、ネアンデルタール人との生存競争を勝ち抜いて現在の人を人たるものにした影の立役者は犬ではないか?そして、人が犬を家畜化していく間、人は犬によってある意味"家畜化された"のではないか?という考察が行われている、とても興味深い内容のものでした。考察したのはペンシルバニア州立大学の名誉教授、Pet Shipman 氏。


人が犬と共に狩りに出ることでより多くの食料を手に入れられるようになり、獲物の運搬という仕事を犬が担うようになった結果、集団の健康度がアップして子どもの数が増加し、10,000年の間に人口が10倍になったというストーリーが考えられるそうです。一方で、絶滅の一途を辿ったネアンデルタール人は、犬と共生していなかったと考えられています。つまり、犬との狩りを行うかどうかが獲物の収穫量に影響を及ぼし、人口増加と減少との分かれ目となったのかもしれないというのです。
www.dogactually.net

 けものフレンズの一つのテーマとして、「ヒトは他の動物と違って、他の動物を使役する能力を持つ」ということがあると思う。
(もちろん、植物と昆虫の共生とか、最近を利用する生物はあるのだが、自覚的に他の生物を操作して利用するのはほぼヒトだけなのではないだろうか)
 かばんちゃんが介入することで、けものフレンズは獣単体の時以上の能力を発揮する。
 それはけものにとっても一方的に寄生され利用されるだけでなく、けものの生存戦略にとっても有効であり、喜びであり、だからこそ共存できたという進化の歴史を、けものフレンズはやさしく再確認させてくれる。
honeshabri.hatenablog.com

  • すごーい!と言う時、サーバルちゃんもまたすごーい!なのだ。


 そうやって互いを尊敬し合う関係があるジャパリパークにはけものはいてものけものはいない。本当の愛はここにある。
 けものたちと文明、この星の英霊たちと理に対する深い愛情と尊敬がけものフレンズにはある。
 これこそがこの地球の45億年の成果なのだ…。

  • ビジネスマンにお勧めするけものフレンズ

 けものフレンズが素晴らしすぎて、サーバルちゃんのよさを語るだけでこの惑星と文明と神への感謝と尊敬があふれてしまった。
 話が大きくなり過ぎたが、ビジネスマンや社会人にとって、相手を尊重しつつ、同時に自分に自信を持つための行動規範として、サーバルちゃんはとても参考になる。
 僕も六本木ヒルズの某ソシャゲ会社を過労で退職したけど、サーバルちゃんのような先輩がいたら救われたのになあ…と毎回泣いています。
jobtalk.jp

  • たーのしー!

最近、「けものフレンズ」なるアニメが流行っていますね!

その影響をもろにうけていてMisocaちほーでも「たのしー!」とか「すごーい!」とかがすごーい流れてます。
tech.misoca.jp



 できるベンチャー企業は既にけものフレンズ構文に目をつけている。

 また、2か月後の春には新入社員を指導する立場になるビジネスマンも多いと思う。そんなとき、けものフレンズは自然に愛と尊敬と発展を目指すための手本となる新世代のバイブルとなるだろう。


 君もこの波に乗り遅れるな!

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

ようこそジャパリパークへ

ようこそジャパリパークへ

クライエントの気付き・納得感が上がる 心理カウンセラーのための図解の技術
社会人基礎力を鍛える 新人研修ワークブック (キャリア/コミュニケーションシリーズ)




(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)

follow us in feedly


http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Zwww.amazon.co.jp

著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第2部第7話 障害者と帰還兵のリハビリ

 ダレ場。そして、7、8話は連続しているので一つの記事でまとめたい。
 
 と2週間前に書いたが、意外と長くなったしFGOやけものフレンズやアイマスに時間を取られてブログがおろそかになったので、とりあえず7話

  • 第7話「マスク部隊の強襲」

 前回、デレンセン教官殿を殺害したベルリ・ゼナムであるが、7話ではすっかりやる気をなくしている。


 具体的にはベルリはAパートでちょっとG-セルフで作業しただけで、12分が経過するまで出番がなかった。
 普通、恩師を殺害するという大事件を経験した後の主人公をどう描くかって言うのがすごく視聴者の興味だと思うのだが、Gレコは、「出番が減る」。見せないのかよ!富野監督はアニメのベテランだけど、名人に定跡なし。普通のアニメなら恩師を殺してしまって苦悩する主人公を描くのが定跡だが、Gレコは「いつも元気なベルリの出番が少ないから、元気が減ってることを察しろ」という演出術のギリギリきわどいラインをついてきてる。
 やはり、恩師を殺害してしまったことで、ベルリ・ゼナムは精神的な傷を負って、結果として出番が少なくなっているようだ。なので、この7、8話はいわばベルリの精神的リハビリである。
 1~6話はベルリがカーヒルを殺し、デレンセンを殺害してしまうに至るまでがかなり精密に組み立てられていた。なので、7、8話はベルリの物語としてはダレているのだが。ベルリが弱っているので並行して、マスクとウィルミット・ゼナム長官、そしてグシオン・スルガンと言った脇の人物の掘り下げが行われる。このシナジー効果はすごいな。主人公が凹んでいるのをダラダラと描写すると時間がかかるわりにテンションが下がる。また、脇役の掘り下げは必要だけど脇役にばかり時間を取られるわけにもいかない。なので、主人公が凹んで出番が少なくなる時期と脇役が活躍する時期を重ねることで圧縮率の密度を保つ技法!しびれるなあ。



 海賊部隊の作戦も、6話での宇宙艦隊の宇宙進出テストの陽動をしたものの、キャピタルタワーの占拠には至らず。微妙に中だるみしている。6話に出たアメリア宇宙艦隊もそのまま宇宙で活躍してるわけでもないので、6話はテストに過ぎなかったのか?また宇宙艦隊の打ち上げスケジュールが変わったので、メガファウナはまた陽動をさせられるらしいが…。
 
リアルタイム感想
nuryouguda.hatenablog.com
nuryouguda.hatenablog.com


 オープニング明けのアバンタイトルでベルリが前回のあらすじを言うのだが。富野作品ではVガンダムブレンパワード∀ガンダムキングゲイナーで使われた手法。次回予告を言うキャラと兼任。で、ブレンパワードのネリー絡みの回や「乾坤一擲」に対する宇都宮比瑪ちゃんのスタンス、「私は後から知ったんだけど」などを鑑みるに、最終回以降からキャラクターが回想している、と言う感じなのだが。
 ともかく、ベルリが自己反省することによれば、キャピタルガードとしてアメリア軍の事を知りたかったこと、そのために周りの海賊には嘘を交えながら付き合うこと、でもデレンセン大尉の声を聞いたうえで殺してしまったことは嘘ではなく自覚しているということ。




 ベルリは主人公なのに、嘘を自覚的につくっていうのが割とすごい。もちろん、ベルリは自分が悪人だと思っていないので嘘をつくのはキャピタルガードとして調査をするための方便だ、と思っている。しかし、ここで問題なのは、キャピタル政府の方針はアーミィー寄りになっていて、キャピタル・ガードと自認して行動しているベルリの方が少数派。というか、ベルリは3話で海賊部隊に誘拐されたからたまたまキャピタル・ガードの気分が保存されていたけど、彼が不在で知らない間にそのキャピタル・ガードはアーミィになってしまっていたということ。なので、専守防衛をモットーにしているキャピタル・ガードはもしかしたらベルリの脳内にしかないのかもしれない…。キャピタル・ガードに残ったルインはベッカーの演説に感動してアーミィに入ってマスクになったわけだし。ベルリは嘘をつくのも海賊に身を寄せるのもキャピタル・ガードのためだと思っているが、ベルリ以外のキャピタル・ガードはほぼ形骸化してしまい、ベルリは自分が孤立していることを認識しないまま海賊の中でキャピタルのスコード教を信じている。無人島のロビンソン・クルーソーキリスト教を信じてるみたいな…。
 そんな風に嘘をついて海賊の中にいるけどキャピタル・ガードを自認し、しかしキャピタル・アーミィになってしまった教官を殺害したベルリ。キャピタル・ガードのためと思っているのに人生最大のミステイクで共感を殺害してしまったベルリはどうやって復活するのだろうか?
 そのベルリの復活劇が殺人考察の第2部の主題になるだろう。
 しかし、今回はAパートにベルリの出番がほとんどないので、マスクとウィルミット・ゼナム長官の方が掘り下げられる。


 今回の第7、8話では身分の生まれで差別されているマスクと女性のウィル長官と精神障碍者のラライヤが注目される。差別問題にも問題意識を持つGレコ。
 また、レコンキスタは再征服という意味だが、リハビリという意味合いもあるのではなかろうか。リハビリは更年期障害鬱病を乗り越えた富野由悠季監督がよく使う言葉でもある。
 なので、前世紀の決まりで差別されるマスクがプライドを掴もうとする、キャピタル・アーミィの男性たちとの権力闘争に敗れたウィル長官が動く、幼児退行したラライヤが行動性を取り戻していく、という過程を描くことで、リハビリを描写する。そのリハビリは間接的に、6話でデレンセンを殺害してしまったベルリが再度元気を取り戻していくリハビリの雰囲気にもなる。このように、主人公の復活を描写するだけでなく、他の人物が再メッキしていく過程を同時に描き、多方面から対照することでリギルド・センチュリーという架空の時代の雰囲気、ひいてはGのレコンギスタという作品の空気感を醸成していこうという文学的試みが感じられるのだ。いや、同時多発的に人物を比較していくことでテーマを深めるのは割と物語創作の基本なんですが。

  • マスクのドラマ

 この殺人考察は主人公のベルリがどんな気持ちで殺人や戦闘をしたのか、と言うことに主眼を置いているが、マスク大尉はこの物語においてベルリに匹敵する役割をおっているので、考察する。


 今回の出撃前ミーティングでマスクは言う。
クンタラとは、なんだ?」


 ”人に食われるような劣った人”という意味だったと聞きます。
 そんなクンタラのマスク部隊が戦果を挙げてクンタラの地位を向上させて、キャピタル・タワーを支配するまでになる!と野望を抱く。
 第7話の冒頭のたった1分の演説でマスク部隊たちのキャラを一気に掘り下げる手腕!
HG 1/144 エルフ・ブルック(マスク専用機) (Gのレコンギスタ)

続きを読む