玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

白鯨伝説8~12話レビュー

精神的に限界なのであまりアニメの感想を書けないが 第8話 いとしのケープ・ゴット うまい。 友、女、雨、港、酒、金、死、恋、宝、親子、仲間、男。 ものすごくベタな題材のドラマを単発のボトルショーに高度にまとめていて見ていて気持ちがいい。 原作がア…

白鯨伝説5~7話が上手い

第5話 超戦艦・白鯨 第6話 さらば! キングクーロン 第7話 はじめまして、幽霊船 GyaO!でやっているので見ている。出崎統1997年監督作品。 文句なく面白い。 gyao.yahoo.co.jp 第5話 超戦艦・白鯨 前回、見習い船員ラッキーの故郷の惑星・モアドが紛争状態で…

白鯨伝説1~4話見た。エモい

7年前にDVDを入手したが、クズなので見てない。 機動戦士ガンダムのBD-BOXも持っているが見てない。 なのでGyaO!でやってるタイミングで見た。gyao.yahoo.co.jp 第1話 ふきだまり 第2話 鯨捕りたち 第3話 寒い星から来た… 第4話 白い悪魔 正直、出崎統監督の…

最近見たアニメ GyaO!ニコ動編

アニメブログを名乗っている割に、特に熱中して見ているわけでもない機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの感想を週1で書くだけという体たらくになっているが、アニメは見ています。 ていうか、 最近アニメ多すぎだし、感想を書いてたらアニメを見る時間が…

侍ジャイアンツ1、2話の長浜・宮崎 出崎統・富野のコントラストがヤバすぎる

第394回 魔球と荒唐無稽 | WEBアニメスタイルanimestyle.jp 監督(演出)・長浜忠夫で作画監督・大塚康生、第1話のコンテ・出崎統(矢吹徹名義)、原画・宮崎駿、小田部羊一(以上敬称略)と今では信じられないドリームチームの作品である事などは、この期…

劇場版エースをねらえ!90分間の衝撃!

少女革命ウテナへの助走という名目で、ベルサイユのばらを見終わってから見る、と言う風にDVDをとっておいたのだが。 (初期テレビシリーズは金銭的に入手が困難) 数年前の上戸彩さん主演のドラマ版や各種アニメ雑誌の記事などでざっくりと話は知っていた。…

ベルサイユのばら第39話「あの微笑はもう還らない! 」第40話「さようならわが愛しのオスカル」歴史、そして思い出

第39話 あの微笑はもう還らない! 脚本:篠崎好 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 第40話(最終話) さようならわが愛しのオスカル 脚本:山田正弘 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 名作の完結である。4人の…

ベルサイユのばら第38話「運命の扉の前で」アンドレの死

脚本:篠崎好 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 私も体調が優れないので、あんまりこってりとした感想は書けないのだが。 今回は一言、「静か」と言うだけでいいだろう…。 原作や舞台版ではかなり革命とかオスカルの演説が盛り上が…

ベルサイユのばら第37話「熱き誓いの夜に」涙の契り

脚本:杉江慧子 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 私も体調が優れないので、あんまりこってりとした感想は書けないのだが。 今回は一言、「泣けた」と言うだけでいいだろう…。 原作や舞台版との差異を云々言うのは無粋。 サブタイト…

ベルサイユのばら第36話「合言葉は“サヨナラ”」逆シャアに通じる革命開始

脚本:杉江慧子 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 あらすじ http://animebell.himegimi.jp/kaisetsu36-3.htm ほぼ原作通り。が、ニュアンスがやはり微妙に変えられている。 ほぼ原作通りなのに、微妙に変えてきている所が実に微妙な…

ベルサイユのばら第35話「オスカル、今、巣離れの時」命の数は

脚本:山田正弘 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 あらすじ http://animebell.himegimi.jp/kaisetsu35.htm ほぼ原作通り。が、ニュアンスがやはり微妙に変えられている。 国民議会に対するジェローデルを止めるオスカル ラ・ファイ…

ベルサイユのばら第34話「今“テニス・コートの誓い”」革命の始まり

脚本:山田正弘 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 あらすじ http://animebell.himegimi.jp/kaisetsu34.htm スピード感を持って感想を書いていきたい。 私が安穏と無職のアニメオタクをできる時間は金銭的に限られているんで、9月中…

ベルサイユのばら第33話「たそがれに弔鐘は鳴る」静かな一回

脚本:篠崎好 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 第一皇子ルイ・ジョゼフが死ぬ話。 アニメ版ベルサイユのばらには珍しく、ほぼ原作通りの展開である。 演出としても独自性が薄く、派手な場面が無く、地味な印象。なので、返って皇子…

ベルサイユのばら第32話「嵐のプレリュード」男の世界 後編

脚本:篠崎好 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 前回からオスカルとアランの決闘が続く。原作ではアランとオスカルの決闘はオスカルが衛兵隊に赴任した直後にオスカルを罷免するために行われるが、アニメではそれなりに衛兵隊とオス…

ベルサイユのばら第31話「兵営に咲くリラの花」男の世界 前編

脚本:杉江慧子 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 今回のテーマは決闘です。 サブタイトルにある兵営に咲くリラの花はアランの妹のディアンヌの登場についてのものですが、ディアンヌ嬢のエピソードは次回。 今回のエピソードはオス…

ベルサイユのばら第30話「お前は光俺は影」5人の男とお蝶夫人

脚本:杉江慧子 絵コンテ;さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 大賀俊二 俺は影!と言うのは原作通りに考えるとアンドレなのだが、むしろ今回はそれ以外にもさまざまな男たちが黒子に徹して行動する所に渋さを感じた。 アンドレ オスカルの従僕として生き…

ベルサイユのばら第29話「歩き始めた人形」とは誰か

脚本;山田正弘 絵コンテ:さきまくら 演出:竹内啓雄 西久保瑞穂 簡単に言えば、今回はオスカルが近衛連隊長を辞めて衛兵隊長に転属する話です。で、オスカルが王宮の飾り人形と言う近衛隊長を辞めて実力主義の衛兵隊に行くので、人形が自分の足で歩き始め…

ベルサイユのばら第28話「アンドレ 青いレモン」人が分かり合えない!

ついに見てしまった。問題作「アンドレ青いレモン」。 アニメに詳しく、アニメ様を自称するWEBアニメスタイルの編集長で少女革命ウテナの原作グループ「ビーパパス」のメンバーである小黒祐一郎氏も28話を一番好きな話としてあげている。 http://www.styl…

ベルサイユのばら第27話 たとえ光を失うとも…サスペンスと愛と勇気!

最終第三クール開始あらすじhttp://animebell.himegimi.jp/kaisetsu27.htm (1787年の暮れ〜1788年の初め頃・オスカル満32歳) 例によって不眠症の治療のために、あまり長く文章を書けなくて申し訳ない。 簡潔に述べる。今回は史実から書き起こし…

ベルサイユのばら第26話「黒い騎士に会いたい!」出崎統のフェミニズム

あらすじhttp://animebell.himegimi.jp/kaisetsu26.htm (1787年の暮れ〜1788年の初め頃・オスカル満32歳) 隔週でベルばらの感想を書きますが、プライベートが忙しいし不眠症と過眠症で休日がブッ潰れて時間が無いので粗筋は外注して、感想は3行…

ベルサイユのばら第25話「片恋のメヌエット」益良雄フェルゼン、女装オスカル恋の変遷出崎節

(1786年頃・オスカル満30歳)原作愛蔵版上巻686P〜723Pまでの間。 フェルゼンの男前の上がり方 フェルゼンが帰ってきたぞーっ! ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン伯爵がアメリカ独立戦争から帰ってきたぞーっ! と、対英外交でアメリカに戦争協…

京都マンガミュージアム少女原画展花村えい子ちばてつや竹宮惠子先生方座談会で性的な質問した

原画展自体の感想は一昨日に妹と見た日記に書いた。 畏れ多くも、ちばてつや先生にあしたのジョーの最終回とのりちゃんとの関係からの作劇技法を質問した。 アニメスタイルアニメ様365日にも書いてあったが、ジョーのラストに悩んだちばてつや先生は編集者の…

富野と出崎統が演出参加した国松さまのお通りだいがGyaO!で配信開始した

無料動画:映画、海外ドラマ、アニメほか|GYAO![ギャオ] あしたのジョー1期の後番組で、ハリスの旋風のリメイクです。とりあえず1話を見た。レトロで高度成長期直前だった。 主人公の石田国松の声が大山のぶ代だった。ドラえもんやザンボットよりも最近は…

ベルサイユのばら第24話「アデュウ私の青春」死と退廃へ

出崎統編のベルサイユのばらには、アウトロー風味が強い。それは今回も引き継がれているが、ジャンヌ・首飾り事件編の最終回の今回はより一層、死と退廃と疲労が色濃いムード。不条理と嘘。やはり前回の感想と同じく、因果関係の破綻が見える。因果関係が破…

ベルサイユのばら第23話「ずる賢くてたくましく!」デミアン的二つの価値観から革命と闘争へ

裁判劇!法の支配は裏テーマ 今回は首飾り事件の裁判篇である。 今まで、私は長浜忠夫編のベルサイユのばらは「正義」の論理だと書いた。 そして、出崎統編のベルサイユのばらは一転して「法の正義の外のアウトローたち」を描いている、という点に注目して感…

ベルサイユのばら第22話 首飾りは不吉な輝き アンドレの不発のキス

ベルサイユのばら感想目次 - 玖足手帖-アニメ&創作- フランス革命の導火線ともなった首飾り事件、ジャンヌ編4部作の第2章。 アウトローたちが闘争する出崎統版ベルサイユのばら。それにおいて一層のアウトロー描写が光るジャンヌの犯罪。 前回が準備編だと…

ベルサイユのばら第21話 黒ばらは夜ひらく 孤独な者たちの闘争

ベルサイユのばら感想目次 - 玖足手帖-アニメ&創作- しかし、このオープニング前アバンタイトルのカジノの煙った感じを表現する撮影効果のぼかし、すごいな!1979年というアニメーションの奇跡の年。一気に70年代アニメから80年代アニメになったようだ! …

ベルサイユのばら第20話 フェルゼン名残りの輪舞-ロンド・アウトロー-

ベルサイユのばら感想目次 - 玖足手帖-アニメ&創作- あらすじ http://www.ne.jp/asahi/s.cherry/blossom/sub74.html http://animebell.himegimi.jp/kaisetsu20.htm 原作と事件とキャラクターは共通しているのに、雰囲気が違いすぎる。 それはやはり前回も言…

ベルサイユのばら 第19話 さよなら、妹よ! 出崎統降臨!

今回から出崎統チーフディレクターになった。 その前は長浜忠夫総監督だった。面白かった。 昨年から私の中で長浜忠夫再評価がすごいというか、ライディーン、コンV、ボルテス、ベルばらと見るとやっぱりすごさが・・・。さすが富野が一時は師匠と仰いだ人物…

ベルサイユのばら1〜12話 長浜オスカルのジェンダー論

ベルサイユのばら感想目次 - 玖足手帖-アニメ&創作- オスカルは男でも女でもなくヒーロー 長浜忠夫監督の超電磁マシーン ボルテスVを見終わった直後にベルサイユのばらを見始めたので、オスカルの律儀さがプリンス・ハイネルの真面目さに重なって見える。 オ…