玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

今日のガンダム

聖火台でリュウ・ホセイ先任軍曹が死んだので、マジで泣いてた俺。
勘弁してくれ!勘弁してくれよ!
ガンダムすごすぎる・・・。
今日の話は今のガンダムにも通じるように回想シーンが多かった。
つまり、ニコル=リュウ
朴璐美飯塚昭三
しかし、死んだシーンの回想はなく、一人一人が自分がシッカリしてたらなあって感じでリュウさんが立てまくった死亡フラグシーンを一つ一つ回想していく。
死んだ、と言う事よりも、死なせてしまった、と言う事の方が精神的にきついわけで号泣。
タチ中尉まで永井一郎。永井さんは名前のある役だけでも11くらいしてる。
タチ中尉は今オリジンで活躍中だが顔が変わったなあ。歴戦っぽい。
敵の描写がシッカリしてるのはいい。
敵も人間で、命とか将来が在るんだよなあ。
それを分かった上で殺す。
戦争を終わらせるしかないんですよおお!
このアムロの叫びはSEEDっぽいな。でもフリーダムとちがってガンダム1機では戦争は終わらんのだ。
それにしてもガンダムは強い。
アムロも。