玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

僕等がいた

んで、もう一つの対に成るものとして、僕等がいたN・H・Kにようこそ!と連続で見て
「あーごめんよー。こんな世界もあるんだよねー。こんな年代もあるんだよねー。俺は無駄に青春をフルスイングでドブに捨てたんだよねー。むしろ、こういう恋に悩む方が人間として正道ですがなー。すんまへん、ほんますんまへん。グダグダおたくがどうとか、セカイ系がどうとか非モテがどうとか言ってすんまへん。」
と、泣きながら(本当に涙でた)見るのが感動(心が揺さぶられる感じ)が得られて良い。
でも、恋愛経験0については、俺が選んだ道です。
繁殖したくねーし、金もねーし、あんな風に器用にできんし、一人遊びが好きだからっつって、俺が選んだんだ!
だから、悔いは無い、悔いは無いんだぞ〜!
喪男道は漢道!
「何を力説してるの?お兄ちゃん。きもいー。っていうか珍妙なんだけどー」
はっ!俺には脳内妹が居た!
「はっはっはー。あたしもいるわよー」
脳内彼女もいた!ヤバッ!おれ、モテモテじゃん!
脳内恋人等がいた!


あと加藤いづみさんのスキャット岡崎律子さんっぽいところも泣けるなー。フルバも見たかったなー。映らんかったし。