玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

NHKにようこそ!な僕。

NHKにようこそ!NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース)とアニメを見比べながら再読。
それぞれ持ち味を生かした構成になっていると気付き、嬉しい。
小説版はやはり内面描写と情報量が多くてよい。しかし、ちょっと荒削りだ。アニメは萬画を経て、そこら辺の補完と整理と描写の掘り下げ(面接の練習をする佐藤を外側から描く)とかしてて良い。1話でNHKの陰謀に気付くシーンを初見で見たときはドラッグがないと言う事に気を取られていたが、誰とも会わないで16時間寝ていたら、ああなるかもナ。タバコも何気に吸いすぎ。夢使いも酒を睡眠に変換していたな。でも夢使いもこれくらい密度のある演出をやってたら・・・。独自路線でもこれくらいのアイディアと労力があれば・・・。
しかしアニメのN・H・Kにようこそ!はそれでも30分なので、細かい設定の漏れはあるなあ。
佐藤達弘が一人暮らしでひきこもり生活をしているのは、原作によると
「大丈夫!大学やめたって資格をとれば余裕で就職できるよ。今、情報処理検定試験とTOEFLワープロとパソコンとソロバンと、その他色々な資格の勉強をしてる所だから、もう少しだけ仕送り頼むよ!」などといった最悪な大嘘で、親を騙しつづけているから。
・・・俺も同じことしてた。・・・・。今も?
いや、俺はこの夏、マジで資格をとるぞ!多分!たまに死にたくなるけどさ。
つーか、佐藤は俺よりも体格も体調もいいんだから頑張れよ!
まあ、おれが復学しようと思ったのはラストで警備員のバイトを殴られながら頑張って、それでも生きている佐藤達弘の姿を読んで感銘を受けたからなのだが。ダメだダメだ。
でも、カーネギーとかホリエモンとか、本能的にうそくせーと思うんですよね。
田中耕一さんの本を親が買ってきたが、なんか、まだ読んでないし・・・。いや、Vガンダムと李歐を読んだら読みますよたぶん。カーネギーくらいは読まずギライはよくないな。見聞を広くした方が良い。
でもなあ、しょぼい資格をとるよりは運転免許を取った方が職域が広がるよな・・・。でも、去年は教習代を稼ぐために1ヵ月半バイトして20万以上稼いだけど、大学に通うだけで消えたしな・・・。
貧乏な奴に未来はない。