玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

今日やった事。見たもの。

昼に起きて心を入れ替えて、久しぶりに念入りに掃除。2時間かかった。豪邸に住む資格無し。
富野由悠季絶賛の下妻物語を見た。
5月29日に録画したものだ。だいたい、その時期くらいから生活がずっときつかった。2時間の空き時間が取れなかった。まあ、2時間放心状態だったり無駄に過ごした事は何度もあったんだが。
土屋アンナの声が良い。あとキックと頭突きのフォーム。
深田恭子のラストシーン近くの立ち回りの雰囲気にゾクゾクしました。さすがスター。
てめー、アイドルごときをほめてるんじゃねーよとか文化人に笑われそうだが、なかなか良い物は良いと思ったので仕方が無い。トミノが絶賛しているからいいか。
見ながら、1ヶ月くらい前に借りたCDのブックレットをコピーした物を切ったりまとめたりした。あしたのジョー全集とかなのでページ数が多い。2時間ちょうどかかった。マルチタスクでなかなか良い。映画に集中できないのは貧乏性だな。
しかし、ANNAはなんで離婚したんだろうねえ。出来ちゃった結婚もいいとおもうし、富野と対談した時のアンナは母親を頑張ってる感じだったのに。男がダメなのかなあ?
女の方が強いと結構分かれますよねー。女流漫画家とか芸能人とかー。そんな劣等感とかイランやん。
日本は父親不在文化だから、金さえあれば女が単体生殖(種だけもらって)したいと言う願望か?せっかく有性生殖してるのにねえ。母子クローンは精神的にもループしたり危険性があると思うけどー。
まあ、アッシにはかかわりの無い世界でやんすけど。