玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

ゲド戦記感想のついでに筆が滑った∀ガンダムの最終決戦(ギンガナムのこと、ホワイトドール総受けのこと)

(ちなみに、後述するつもりだったが、∀ガンダムのギム・ギンガナムは物語を終わられるためだけの悪党かと思っていたが、ギムの「誇りを奪ったのもディアナなのだ!ねぎらいの言葉もなく地球に降りたんだよ!」というセリフをよく考えると変わった。これはギム・ギンガナムの矮小さを取ってつけた愚痴セリフではなく、シャアの「母になってくれるかもしれなかった女性を殺した」という言葉と同じで、ロランやアムロに対する精神攻撃だと思うなあ。ターンXはターンエーにサイコミュ攻撃を仕掛ける能力があるし。
むしろ、ギムはロランがディアナに振られた場合のもう一人の未来ロランっぽい感じ。ギムは∀だけでなく、ロランに対しても「兄弟」って言ってた感じの場面もあったし。ギム・ギンガナムは「ディアナは処女っぽい顔をしててもスゴイえぐいから、おまえもどうせ振られるよ」的な嫌がらせを。
で、ロランは「報いなき愛、それでよい!」と覚悟しているので、ターンXの精神攻撃を跳ね除けて見切る!
悪人をただやっつけるって言う話じゃなくって、愛の覚悟の話をしてるんですね。
で、ギム・ギンガナムは業を捨てられない人だとターンタイプ兄弟も思ったので、自分たちと同じように眠りと忘却によって憑き物を落として救おうとしたのではないかと?(コレン・ナンダーを未来に繰り返すと言う暗示ですね。ゼクスだし)



∀ガンダムって恋愛萬画的な所が多い。
ターンAガンダム本人も恋愛体質の愛されモビルスイーツです。もちろん。
∀ガンダムを戦闘美少女、あるいは巨大ボーイズラブ人形と仮定すると、ロランをいつも自分の性器の上に乗っけて色んな経験をしていたわけだ。戦争しか知らなかったかもしれないホワイトドールが腕相撲とか洗濯とかイルカさんと泳いだりとか、自分よりも弱い機械人形と助け合う事を経験して、だんだん人間らしい可愛らしさを見せていくのね。で、自分と同じ間違った最終兵器の核兵器をロランが受け入れて、正しく使う所とかも見て、マジでロランに惚れる。
で、ラブラブになった終盤には自分にホモな恨みを持つ元彼のお兄さんが現れて、チンチンを取られちゃったり、チンチンを付け替えられて知らない女や男に弄ばれるわけだ。で、お兄さんにフルボッコにされて肉体精神を同時にレイプされる。
それで、余計ロランに対する愛情が強まりますよね?恋愛ドラマ的には。ほら、終盤でラブラブになった時にレイプされたりとか。そんな感じ。昼ドラ。
そこで、ロラン・セアック様が再度チンコアファイターを挿入してくださって、張り切りプリンセスですよ!
そういうわけで、∀ガンダムは、最終決戦で他のガンダムみたいに発動して地球を滅ぼす状態になる可能性もあったけど、愛するローラのために発動を必死に我慢して、愛する今彼のロランを生かすために元彼のターンXのシャイニングフィンガーを受け入れて、心中!
ガンダムはいつも少年を守るために発動したわけだが、∀は少年のために新ジャンル「発動を我慢して心中!」
全オレが泣いた!
繭に包まれていくホワイトドールの涙を君は見たかっ!!!



ガンダム浄瑠璃か。ガンプラ浄瑠璃か。)


つまり、僕はトミノ信者なので、僕の見方も偏っているわけだ。富野信者の中でもかなり明後日に偏向している。
でも、アーシュラ・K・ル=グウィンゲド戦記の肌の色の話を聴くと、∀ガンダムの方が名作劇場っぽいなあ。
というか、ロランの肌の色を緑にしたらまんま、はてしない物語原作版のアトレーユになると思う。
ロランもノア・ハサウェイ(全身タトゥーのマッチョになった)みたいにドンドンガタイがよくなっていきますからね!
服装は相変わらずですが。