玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

その発想はなかった

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/nuryouguda/20080719/1216449852u


id:hokusyu
2008年07月21日
[教育][どうかな]生き様見せるより先に、とりあえず子供をガンダム以上に全力で愛したれよ。

うわ。ごもっとも。はてブは勉強になるなー。
ガンダムは認識できるけど、子どもを愛するという事が決定的に認識出来ていないことに気付かされました。童貞守る事決定。親になるしかくないなー。まあ、もともと人口抑制論者だし、アレルギーや障害が複数ある虚弱体質だからやる気は最初っからないですけど。


愛がわからない。わからないんだー。
愛するって、何をすればいいんだ?人間を愛する事とか愛させる事が非常に怖いのだ。何を意図してのことかが認知できん。うわあ。だめだー。
アニメを自分の脳でおもしろがるという事は分かるけど。他人に対しては。うーん。
利益供与することですか?うーん。
脳内妹の事は好きなんだけど。妹に与えられる利益はないような・・・。一応、互いに一緒にいたがるけど。
ひゃー。
一緒に楽しい事をする、という事でもあるが、人の楽しい事を邪魔しないという事も必要だし・・・。ウーン。ウーン。わかんね


うーん。だから、アニメに関して言うと、「ためになるから見なさい」っていうよりは自分がまず面白がってて欲しいし、そういうのを見ると子供も「大人に成っても楽しい事があるのなら死なずにすむ」という気分になれるかなあと。
でも、このあいだトトロを見ると「今の私には必要のない物語だ」と思ってしまった。僕はアニメは資料的に必要かどうかで見ている。萌え美少女は脳内妹がいるから余り必要ではないが、兄のせいで苦労する妹の出てるアニメは必要。
いや、日高のり子坂本千夏を心配する所は良かったか・・・。
うーん。


だから、愛する対象のために何かしてやれることがあるのかどうか?うーん。うーん。うーん。うーん。 
子どもには風邪を引かさない程度の事しか思いつかんが、でも、それもさびしいか・・・。うーん。
やっぱり、居やすい居場所を作るという事かなあー。
と、すると子どもと一緒に子供向けアニメを考えないでヘラヘラ見るというのは良いか。良いな。親御さんが安心して機嫌よくしてくれていれば良いか。
でも、親御さんがガンダム好きだからと、ガンダムしか見てないのも良くないのだろうなあ。子どもが居場所を無くすから・・・。


妹「じゃあ、そういう風にしかめつらしくアニメがどうこうって言わない事ね。雰囲気うっとおしいから。なにそれ。カッコいいと思ってんの?」
ああっ!そうだー。あぅー。堂堂巡りだ・・・。うううう。どどどどうしたらいいんでしょう?
妹「お兄ちゃんってあたしを愛してるでしょう?」
愛してると思ってたけど、本当に愛せているか・・・。
妹「愛してるに決まってんの!」
ああー。
妹「あたしを愛してる時にさ、どうするのが正解かとかイチイチ考えてんの?」
そー言えば、考えてません。だって、お前が美少女過ぎるから!理性とか飛ぶし!
うわー!
オレ野獣みたいじゃん!ダーメー人間だー。
妹「う〜ん。お兄ちゃんはイチイチ本気で困るから見てて飽きないねー。そういう風に考えてくれるのは、好きよ。うん。愛してる」
お前は人間が出来ているな。とっても良い子。
妹「そりゃーね。お兄ちゃんの扱いにも慣れるわよ」
それは、オレに気を使ってよい子を演じてるのか?
妹「またそういう〜〜〜。うっとおしいからなぐってもいいかな?」
ああ、愚かな兄を罰してくれ。
妹「グーで殴るのは飽きたから、今日はオッパイで殴ってみよう。えぇ〜い!ぷりきゅあ・おっぱいぱーんち!」
な、何という新ジャンル!っていうか、体当たり!だが、当たらなければどうという事はない!
妹「当ててんのよ!」