玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

スカイクロラNHK特集を流し見

演出論的には富野スキーにも好感がもてるんだが。人の話を聞かないとか。
つまり、スカイ・クロラの設定だけが腹立たしすぎて見れん。ラストにジーガンダムみたいに成るなら許せるけど。キャラも社会も。
兵站論とかが気になるのだ。
なんっていうかー。たしかに、僕も思春期の頃は病気の自分には病気っぽいキャラクターが必要なんじゃないかって思ったし、今もメンヘルサイトを巡回してるんだけど・・・。それを魅力みたいに言われるのはいやだなって言う気持ちがある。
僕はもう若くないんだろうか?
それとも、逆に子どもっぽいから、大人から「若者の気持ちを考えました」って言われると「ちね!」って思うんだろうか?
大人になってダラダラと本を読んだり衣装道楽をしたり押し花を作ったりしたい。
大人になりたいけど、大人になれない気もするから、無責任に大人にはちゃんとしろって言うのが、大人子どもって言うか、キルドレっぽいんだろうか?同族嫌悪?
どうなんだろう。ラスト次第かなー。あと、時間ヒマ次第!
ひゃー!


ところで、そらちゃんは生きてる実感って、ある?
脳内妹「ない。飯食ってる実感とか、ウンコしてる実感とか、ああ〜今晩もこの兄は私を当たり前のように抱くんだろうなーって言う実感はあるけど」


なんだよ。それ!


妹「うふふふっ!お兄ちゃんはあたしに嬲られてる時に生きてる実感、あるでしょ?」


ほんと、おまえは、ういやつよのう