玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

スカイクロラで父殺し(笑)スイーツ(笑)私は死んだ(笑)そして生き返った(笑)

http://d.hatena.ne.jp/zsphere/20080809/1218212303
ですよねー。
それは思った。
っていうか、まあ、スカイ・クロラな映画も小説も見てないんですけど。(今日から本格的に引きこもる)
あれですねー。

・そもそも父の世代を超えるべきものだと思ってない。

・父の世代がそんなに凄いとも思ってない。

・挑んだら挑んだで、色々損害も多いと分かってるのでわざわざ挑まない。

そのとおり。
っていうか、ティーチャー氏も体制の中で働いているサラリーマンっぽい。サラリーマンを殺しても仕方ねーだろ。可哀相だろ。
自分が非正規雇用者だからって、正社員を数人殺した所で何にも変わらんよ。
父なるもの、っていうか強い敵は、自分の家族とか観測範囲内の年長者とかって言うよりは全人類(自分も含む)システムで、それを殺すには自殺しかないんだよね。
ハサウェイが閣僚を数人殺した所で何にも変わらんかったし。やっぱり、過当医療禁止法案ですよ!
ハウゼリーも暗殺されちゃうんだけどね。
月光蝶である!
でも、人類は死ねって、人類が言うなよって岩明均が言うしー。


スカイ・クロラ的状況になった時にどうするかってちょっと考えたんだが。
バトルロワイヤルの塚本高史みたいな、ゲームに乗る振りをしながら体制転覆を企むようなゲリラって居ないンすか?まー、それをやると死んじゃうからダメか。現在の生活は捨てられないよねー。


で、脳内妹
「超えるべき目標もないし、世の中の役に立とうとしたら、自分を含めて数億殺さないといけないッ!」っと悩むポーズをして慰められようとしたら
妹「いいから真面目に働きなさいな。そっちの方が難しいんじゃないの?お兄ちゃんダメ人間だし」と。
はっ!まったくそのとおりですねっ。ううううう。社会コエエエエ。
妹「別に大した人にならなくっていいからさー、お兄ちゃんはあたしの男をこれから80年だか100年だか立派に勤め上げたらいいのよー」
その言い草もなんか偉そうだな。
妹「偉くないとでも?」
いやっ!そらちゃんには毎晩感謝の極みでありますッ!


テレビの特番で

「それでも……昨日と今日は違う。今日と明日もきっと違うだろう。
いつも通る道でも、違うところを踏んで歩くことができる。
いつも通る道だからって、景色は同じじゃない。
それだけではいけないのか、それだけの事だからいけないのか。」

というのがテーマ的だといわれたんだが、そんなん当たり前じゃん。


うーん。なんか、萬画とかの不死者って何ですぐ凹むの?コードギアスのC.C.とかも。200年くらいで飽きるかなあ?
不死に成ったら色々できる事があるだろ。
それこそちょっとずつ違うし、いろんな所に行ける。
天気や断層や竹の観察日記をつけたりとか。ドモホルンリンクルを作ったりとか。ニュートリノの数をぼんやり数えるのも良いでしょう。
死なないんだから、とりあえず氷河を歩いてみようとしてクレバスに落ちて5万年くらい足止めくらっちゃったよー(笑)でもずっと頭の中で方程式解いてた。とか。死なない時点で生理機能と脳の構造も違うだろ。
楽しみだと思うけどなー。
妖怪仙人になりたーい
まー、キルドレの人は独立して不死の人って言うよりは製品って言う感じでもあるのかー?


死ぬから生きてる事に価値があるとか言う人ってどうかと思う。
いやー、価値があったら怖いだろ。取引されちゃう!
俺は生粋のオナニストなんだよなー。自分の価値を誰かの価値と交換するヒマがあったら自家発電に励む。夜に夢見てるだけで娯楽も性欲も満たされるような人だ。さっき夢の中で幼女とセックスしてきた。
だったら、特に生きてても死んでても夢なんだからどっちでもよくね?生存意識なんて宇宙の中でのエーテル体の密度揺らぎってだけなんじゃないかなー。
だからダメ人間なんすね。あはははあはははははは