玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

今週の機動戦士ガンダムAGE意外と面白かった。

意外と面白かった。
1年半の貴重な学園生活が断片とは言え描かれたドラマが良かった。むしろ、フリット編よりもそっちを見たかった。学園ガンダムは今まであまり無かったし、MS部活動ってのも日野さんにあってるとおもうので、もったいない。
でも、断片とは言え、MS部やあの学校の学園生活がアセムにとって大事だったって事がエンディングとか写真で語られてたのが良かった。
でも、1年半もテロ活動してるスパイのロボットが潜伏してるのを突き止められなかったっていうザル警備の連邦とか、色々おかしい所はあった。
まあ、アセムの卒業式に、神谷とアセムの別れの戦いの時期を合わせるっていうシナリオのご都合はあったんだろうけど・・・。時間と空間の描き方が下手だなあ。
でも、神谷とアセムのコックピットを出た時の会話シーンのカット割りとカメラワークは富野の真似なんですけど、結構頑張ってたと思います。
あと、ロボットが動く所がカッコ良かったです。
アセム家のガンダムじゃなくても、マッドーナのGエグゼスとかも強いということが分かって良かったです。
あと、AGEシステムって最近出ませんけど