玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

今週の機動戦士ガンダムAGEまあまあおもしろかった

  • 面白かった所

・主人公が普通に士官学校を出て、体制側の軍に正規の新兵として配属される所。トップ・ガン?
だいたいのテレビのガンダムは非正規の現地徴用少年兵だしなあー。
OVAコウ・ウラキシロー・アマダはもうちょっと年上だけど、まだ軍歴がある。ガンダムAGEのアセムは「学生気分と兵隊のはざまでいきなり実戦」って感じが面白かった。今までのガンダムには、あまり無かったのではないだろうか。
小清水亜美
ディケからなぜこの娘が・・・。二番手ヒロインだな。三代目の顔を見る限り、花澤さんには敵わなさそうだけど。
・ウルフの上官ぶり
ちゃんと指導と指揮を両方やってる。あと、ミレース艦長ちゃんがBBAになったけど、新平に規律を教えるのもガンダムっぽくて良い。
・ガンダムAGE2のアクション
高機動で敵味方の陣形のバランスを突破するという、スパロボサイバスターZガンダムみたいな作戦が面白かった。ディーバの直前で急停止するのも性能が高いっぽくて良いな。

  • ダメだった所

小清水亜美とディケの関係が薄い。
小清水とディケとの絡みが無いのは惜しい。特に、小清水がピンチなのにディケがあんまり心配しないでAGE-2の最終調整をちんたらやってて「まだ手順が残ってる」とか言うのは、ちょっと父親としてあんまりだ。仲が悪いのか。まあ、ディケは無能だからなあ。


ガンダムAGE-2が特に前振りもなく出てくる。
まあ、ZもZZも前振りもなく出てきたけどな。
「Zの鼓動」はちょっとMk-IIがピンチっぽかったけど。Z系の登場はあんまり盛り上がらない伝統なのか。
最終調整に時間がかかって戦場に遅れて到着すると言うのは、そこを埋め合わせてたかな。まあまあ良し。


・アセムが敵兵をぶち殺してるけど、そこの覚悟の変化とか言うのがいまいち描写されてない。
先週、神谷浩史に「お前には撃てるのか?」って言われてたけど、特に殺人する理由付けが不明確なまま普通に殺してたな。まあ、兵士だから当たり前なんだけど。
そこら辺のマインドセットの変化とか、戦場でのアドレナリン放出による感情描写などを入れると、もうちょっとおもしろくなっただろうに、って思う。


そんな感じで、まあまあ今回はプラスマイナスで言うと、面白かった。

HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)

HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)