玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

輪るピングドラムBD5巻購入感想

  • 本編

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
13TH STATION 僕と君の罪と罰 幾原邦彦、古川知宏 市村徹夫 西位輝実
14TH STATION 嘘つき姫 幾原邦彦、山崎みつえ 山崎みつえ 石井久美、中村深雪
15TH STATION 世界を救う者 幾原邦彦、柴田勝紀 柴田勝紀 楠本祐子、進藤優
本放送の時に、多い話は1話20回くらい見てるので、特にウワーって感じではない。
ただ、やっぱり最終回を踏まえて見ると、いろいろとピースがハマってる所や、ミスリードで余ってるなーって感じ

る所とか、いろいろとある。
だが、僕は実はハマりすぎて最終回はリアルタイム放送の1回しか見てないのだ。なんか、考えすぎるのが怖く

て。だからDVDを最後まで買って最終回を見る時に、どう感じるか・・・。

  • サントラCD

荻野目苹果と時籠ゆりを中心にした曲目とドラマCD。ファンタジック・レズビアン・アンシャンレジーム・ハーレム・

ドリームって感じ。ファビュラスマックス。

  • オーディオコメンタリー

主催、渡瀬眞悧役・小泉豊 脚スタント、シラセ役・岩崎愛
ゲスト 高倉陽毬役・荒川美穂 監督・幾原邦彦
という、出張版こっそりピングドラム
やはり、このコメンタリー目当てで買ってるってところがありますね。僕のDIGAは地デジ高画質だし。
それで、ネタバレは避けるが、普段は幾原監督がホストで、ゲストより上の立場で語る感じだった。
しかし、今回はオーディオコメンタリー兼こそピンだったので、小泉氏がホストと言う感じであった。小泉さんの方が話題の中心にいた。
そして、小泉さんはかなりネットなどを見ているようで、作品に対する考察も深く、現場の役者のエピソードなどの知識も豊富であった。小泉さんの口から「ぬるぬる動く」「作画Wiki」という言葉が飛び出すなど、作画オタク的に内容の濃いトークだった。
小泉さんはこそピンでいろんなスタッフさんと会っていたからなあ。
逆に、その全てを統括している幾原監督はあまり喋って無かった。小泉さんが言うと「自由な考察」だけど、監督が言っちゃうと「解釈の固定化」になっちゃうからね。という事情の空気を監督が読んだのか?
それとも、単に女好きの幾原邦彦監督が「荒川美穂さんと岩崎愛さんという女子を挟んで、小泉豊と自分とどっちが男としてモテるか」気になってしまって「本気でトークしたら女の奪い合いになってしまうから自重した」のかどうか。
前の巻のコメンタリーだと、もっと幾原監督が「女性論」「俺のエピソード」などを目下の人に聞かせる場面が多かった気がしたが、今回は少なく、逆に小泉さんの論が多かった。
こういう人間関係の綱引きって生々しくて面白いですねー。
(人をコンテンツにする外道の台詞)


しかし、小泉豊さんはN・H・Kにようこそ!で主人公の引きこもりオタクの佐藤達広を演じただけあって、オタクっぽいなあ。


あと、幾原邦彦監督による時籠父や荻野目桃果に対する観念やアイディアの変遷の解説はなかなか聞きごたえがありました。

輪るピングドラム 5(期間限定版) [Blu-ray]

輪るピングドラム 5(期間限定版) [Blu-ray]