玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

破裏拳ポリマー富野回 第6話「メカ変化もぐら盗賊団」

破裏拳ポリマー1話怪盗ムササビ団 - 玖足手帖-アニメ&創作-
↑一話は昔に見てたのよ。でも、なんか微妙だったし、そんなに気合を入れて見るほどの作品でもないし、まあ、なんとなく見る系の娯楽番組だと思ったから序盤で切ったんだけど。
ニコニコ動画でみんな見てる感じだし、見ておかないと恥ずかしい感じになりつつあるので、見ます。でも、時間がないので、富野回だけ見ることにします。富野絵コンテには歴史的価値とか、富野信者の信仰上の理由があるので。
そういうわけですけど。


破裏拳ポリマー 第6話「メカ変化もぐら盗賊団」 ‐ ニコニコ動画:GINZA

富野はコメディーが苦手かなーって思ってたけど、結構笑えた。
上げて落とす、っていうテンポの切り替えが結構うまくいっていたので。

でも、おもしろさは富野以外のポリマーのレギュラースタッフの持ち味って感じかな。探偵長の青野武さんの声色の切り替えとかアドリブ芸とか、劇画調の顔芸のギャグが面白かったので。アクションも面白い。手前奥にポリマーがジャンプするアクションは作画が難しそうなのに、デッサンがきちんとしていて劇画がうまい人はすごいなあって思った。
ま、脚本、演出、演技、作画、こみでおもしろさですね。このころのトミノは一スタッフで外様だから、そんなに富野色が出てるとは思えない。


人が次々と、様々な手口で殺されるサスペンスっぽいところもあり、映画的で面白かった。これは皆殺しのトミノらしさかもしれないけど、タツノコアニメは大概脇役がガンガン死ぬしなあ…。あんまりイデオンダンバインのころの富野のような精神的に重い殺し方ではないかなー。


あ、ヒロインが男性を経済的に見下すところはトミノっぽくはあったかな。SMっぽさは富野の特徴としてあるよね。
でも、ポリマーはコスチュームがビキニパンツでハードゲイっぽくてSMっぽさはすでにあるしなあ。うーん。むしろ、富野がタツノコで勉強したんだろうなあ。