玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

となりの怪物くん 第一話「となりの吉田くん」 やっぱりこれも暴力アニメ

ニコニコで見た。
となりの怪物くん - ニコニコチャンネル:アニメ
天才の変わり者の男子と、ガリ勉女子が友達になることから始まる学園コメディー。というプロットは面白いんだけど、やっぱりリアルな絵柄でストーリーマンガを基本的にしているのに、ギャグとしてバイオレンス描写やデートレイプ的なキスや男性による拉致があるのがちょっと怖い。このバイオレンスはどの程度許容される世界観なのか?
天才バカボンとかサウスパークキルミーベイベーやミルキーホームズみたいな完全ギャグ作品なら完全にバイオレンスでもギャグとして理解できるんだけども。
こういう投信や舞台設定が現代日本っぽいストーリーマンガで殴ったりレイプ発言をしたりするのはちょっとどうリアクションしていいのかわかりにくいかも。


まあ、ラブコメとしての基本は面白いです。

となりの怪物くん(10) (KC デザート)

となりの怪物くん(10) (KC デザート)

あと、少女漫画ってイケメンからのデートレイプ的な突然のセックスやキスを喜んだりする少女コミック的な危険さがあるよねー。ただしイケメンに限る。イケメンコエえなー。
ニャル子さん中二病でも恋がしたい!は男性向け美少女アニメラノベだけど、これもツッコミと称して美少女を男性が殴ったりエロイ事をしたりする。ギャグのように流すけど、実際に暴力を振るうと後を引く事もあると思うけど・・・。最近のアニメとか萬画だと暴力がカジュアル化してるのかなー。
リトルバスターズ!もギャグ的暴力だけど。
まあ、創作の中だから暴力なんか簡単にできるってのもあるし、現実での暴力がかなり規制されている(自分のパソコンをハッカーに使われて犯行予告を書きこむのに使われたアニメ演出家でも冤罪逮捕される。痴漢冤罪も大変な事になる)ために、創作の中でそういう暴力欲求のガス抜きをしたいという願望が出るのは自然なことだと予測もする。


いや、僕は規制には反対だけど、作品の中で暴力に対するリアクションをさせる事もストーリーの構築としては結構大事なんじゃないかなーって思うだけで。


そう考えると、ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッドのアニメの1話で、ディオがレイプ的キスをしてヒロインが深く傷ついたり、ディオの暴力がリアルなバイオレンスで大けがになってジョジョがキレてリアルな殴り合いになってお互いの関係が悪化しまくるというのは、古い原作だからかもしれないけど、暴力がキチンと人間関係に組み込まれていて、暴力がちゃんと扱われていていいと思います。
暴力はエンタメのスパイスっていうより、暴力だと思うんで。まあ、個人の好みですが。