読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

アイドルマスターシンデレラガールズ第21話に泣きながら課金する

感想 アイマス アニメ

第21話「Crown for each.」



酒が入っているし早く寝たいから簡潔に書く。
泣けた。最高だった。
最高のアニメだ。本田未央がプロデューサーと城ヶ崎美嘉と屋上でミーティングするシーンで、本田未央が泣き始める前から、本田未央役の原紗友里さんの声を聞いた段階で既に泣けた。
僕も大学時代に学生劇団に所属した経験がある。だから舞台俳優の気持ちが分かる。
正直、勢いでソロで役者を目指すと言った本田未央はオーディションに落ちると思っていた。でも、受かっていた。その段階ですごいんだが、本田は渋谷凛の移籍のことも我がことのように考えていた。すごくいい子だ。それで、自分も舞台俳優として滅茶苦茶頑張りながら、渋谷凛と島村卯月のことを考えて、感極まって泣く。
目頭が痛くなるくらい泣けた。
なんだろう。
人が死んだり今生の別れだったりと言うドラマティックな話ではない。10代の少女が芸能活動に勤しむ、と言う話だが特に憎み合ったり分かりやすい対立があるわけでもない。
だが、泣けたのだ。
おそらく、アイドルも作り手も精いっぱいだからなのだろう。
ありがとう・・・。
声を吹き込んでくれて。原さんの声の演技を聞いただけで本田未央が泣き始める前から僕は泣けました。
そして、ありがとう。作画してくれて。脚本を書いてくれて。後半の秘密の花園の実際の演劇台詞を劇中劇にしながらキャラクター同士の交流という芸術的な演出にしてくれて、ここも非常に泣けたし、震えた。
正直、THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLSのアニメは前作や本家のTHE IDOLM@STERの妹分のコンテンツでソーシャルゲームをアニメ化したおまけみたいなもので良いと思っていた。
それなのに、こんなに、「芸能」とか「芸術」の本質的に迫るような芝居と作画と演出と構成にして…。美しい…。ありがとう…。ありがとう…。
CINDERELLA PARTY! でれぱDEないと をきかないと!! ?あかるくせいそにかわいくきよく? (原紗友里(本田未央役)&青木瑠璃子(多田李衣菜役)from CINDERELLA PARTY! )


しかも、本田未央が秘密の花園の舞台に参加して成長した、と言う4クールアニメならそれだけで1話できそうなネタを仕込んでいるのに、これは2クールアニメなので、それすらも加速のために1アクションにして、トライアドプリムスへ行く渋谷凛と、「笑顔とは?」という芸能やハレの「本質」に向き合うことになる島村卯月とプロデューサーのネクストにつながっている。
素晴らしい…。


アイドルが歌って踊って頑張る。感動する。笑顔になる。それはいいこと。
しかし、笑顔って何だろう。がんばるって何だろう?
おそらく、アイドルマスターシンデレラガールズのアニメはそこまで踏み込んでいるようだ。それは、アニメを何故作るのかと言うアニメーターや演出家の自己表現でもあるだろう。だから、本気なのだ。だから、視聴者の私もその本気を感じて涙したのだ。


また、今回はもはやプロデューサーも「シンデレラの舞踏会」とは言わず「秋のライブ」と言っているのが、また泣ける。
もはやシンデレラプロジェクトを守るとか、部署を存続させるとか、常務に対抗するとか、そう言うローカルな保守的路線ではないのだ。
美城常務の進めるプロジェクトクローネにも渋谷凛とアナスタシアが参加し、シンデレラプロジェクトは崩壊した。しかし、笑顔のために、芸能のために、芸術のために「秋のライブ」と言うイベントは敵対する常務とも一緒に成功させなければならない。
では、成功とは?アイドルとファンの笑顔とは?ほんとうのさいわいとはいったいなんだろう?


そんな根本的な根源的な価値観を問う名作に、このアニメはなる。
単なるソーシャルゲームギャルゲーアニメだと思って舐めてた。すまない。やっぱりアイマスは最高だ。人の本質的な所に踏み込んでくる。
あと3,4回で終わるんだろうか。どんな境地に達するのか。括目したい。



そして、こんな素晴らしいアニメを作ってくれたスタッフの人たちに還元するために、おれはアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージをプレイする…。課金は力なんだ!課金は動画マンに支払う賃金を支える力なんだ!
ソ・ラ・ノ・ヲ・トの時のA-1 Picturesは辛かったよな…。
芸能の、芸術の担い手を支えるために、課金を!!!!
アイドルマスター シンデレラガールズ 4 (イベントチケット優先販売申し込み券付)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アイドルマスター シンデレラガールズ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
gamebiz.jp
シンデレラガールズは伝統の日本最古のレコード会社を救った!神アイドル!


cinderella.idolmaster.jp
アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージも絶対パズドラ越えの超アプリにしような!
課金だ…。課金するんだ…。素晴らしい感動を与えてくれたアイドルに俺がしてやれることは課金で応援してやるくらいなんだ…。
でもプリパラにも招待されていてアイカツ!もやってるしモバマスとミリマスとグラブルもやっている…。
正直課金と言うより時間が足りない…。精神十時の部屋でアイドル活動…。


脚本:永井千晶 土屋理敬
絵コンテ:鈴木謙太郎 柴山智隆
演出:柴山智隆
作画監督:川妻智美、山田有慶 嶋田和晃