玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

創作幻視小説版「夢兄妹寝物語」 2003年11月 第11話 第18節

サブタイトル[ラスベガスと王の心] 
前節
創作幻視小説版「夢兄妹寝物語」 2003年11月 第11話 第17節 - 玖足手帖-アニメ&創作-


社「おはよう。
 ずいぶんとご機嫌だな。頭令」

 椅子の背もたれをのけぞらせて爆笑していたので、家庭教師が部屋に通されても声をかけられるまでゲラゲラと笑っていた。
そら「あら、社、おはよう。
 うふっ。いい事を聞いていたのよ。あたしはねー。すごい女なのよ。
 ああ、あと、あんた達がすごいあたしの力に注目ってこともね。聞いたわ」

社「ああ、私も報告は受けた。昨日、校長が宍戸さんと会ったのだってな」
 爆笑の続きのまま、にやりと流し眼を使って言う少女を受け流して、社も落ち着いて答えたものだ。普段通りの授業の始まりのように鞄を社専用の教卓に置いて始業の支度をしつつ。そんな社を見て、そらは社と同盟の超能力の秘密が、社の仮面の警察に繋がる盗聴器から漏れないように、言葉を選ぶのを楽しんだ。
そら「あんたも、あんたのウエも、寄ってたかって、あたしみたいないたいけな少女に無理やり受験勉強をさせてたのね。秘密で。謝りなさいよ。ふふっ」
 椅子を回して、その肘かけに片肘をついて言うそら。背にした窓から差し込む秋の低い朝の太陽の柔い光で、白いレースのソックスを温めている美少女は、どこかからかうような雰囲気で教師をなじった。黒服の執事の宍戸隷司の姿をしたレイは昨日とは違い、いつものように静かに部屋の脇に彫像のように控えている。
社「それはすまなかった。この話はタイミングが重要だったのでな。貴様がひとに従うのではなく、自分の意思で中学へ行こうと思って、私との勉強のリズムに慣れてから明かすのがいいと言う方針だったのだ」
そら「あらあら、策士ねえ」
社「で、どうだ?嫌になったか?」
そら「ふふっ。
 やるわ。やるって決めたんだから、やるわよ。あたし、決めた事はやるの。
 でも、あんたたちがあたしに学校に入って欲しいっていう本当の理由を知っちゃったからねえぇ〜。あたしが学校に入ったら、あんたが無罪放免になるから、ってそれだけじゃないのよねー。ふふふっ。
 また改めて正式にお願いしてもらわなきゃねっ」

 ニッコリと、ひじ掛けにもたれて、前かがみにしなやかな動をくねらせて、掌の上に柔らかな頬を載せて、上目遣いでほほ笑むそらは本当に社亜砂のロリータコンプレックスを刺激する姿態だった。そのような美しい物に礼儀を尽くすのはロリコンの仮面の男にとっては当然のことなので、彼は少女が組んだ脚の前にひざまずく。そして、仮面のガラスレンズ越しに美少女を拝みながら
社「頭令、私たちには貴様が必要だ。改めて頼む。聖ウォーター女学院に入学するよう、私と共に勉強してくれ」
と、恭しくお願いをした。静かに見つめ合うと、社の呼吸が少しずつ深く、強くなって行くのが聞こえた。男のそんな態度をじっくりと味わってから、少女は犬に餌を与えるように笑顔をはじけさせて、
そら「ええ、よくってよ!」
社「では、昨日出した宿題を見せてもらおうか」
 興奮しすぎて鼻血を出す前に、さっさと教師モードに戻る社であった。
そら「えーっ!そんなのあったっけ?
 あんたさ、あたしの可愛さに見とれて間違えてるんじゃない?」

社「はぁー。やっぱり忘れていたか。昨日の貴様は宍戸さんがいなくて一日中不機嫌で、私の話を碌に聞いていなかったものな」
 脱力して興奮も冷めると言うもの。
そら「マジで?」
社「ほら授業計画書。進む所は教えてあるだろう」
 しかし叱る口調は柔らかく仮面の下で微笑みながら。
そら「だってさー。レイってあたしにとって家族みたいなものだしさー。心配だったからさー。しょーがないじゃん。ねっ!レイ!あんたのせいよね!」
 さっきまで格好つけていたのに、こんどは宿題を忘れた言い訳をしちゃう。
レイ「申し訳ございません。昨日はご心配をおかけいたしました」
 すっと主人に頭を下げる。教師はあきれ顔で、
社「宍戸さん、もう頭令を甘やかさないで下さい。
 貴様は何でも人のせいにしてはいかん。宍戸さんは昨日はお仕事だったのだからな。聞き分けろ」

そら「むーーーーっ!」
社「いい女になるのだろう?」
そら「はーい!先生わかりましたーっ!」
 ぱっと手を上げていい子の返事。
社「いい返事だ。ま、昨日荒れた分は今週のペースをあげたら大丈夫だ。
 では、始めようか」


 こうして、宇宙人と地球の超能力者と異様な美少女が互いの正体を知りあった後も、朗らかな教室が、頭令そらの屋敷には在った。




http://www8.ocn.ne.jp/~ikitale/diary/11.16.html
http://www8.ocn.ne.jp/~ikitale/diary/11.18.html

  • ところで、ラスベガスでは

 核ミサイルの誤射や深刻なシステムエラーが連続してネヴァダ州の米軍基地群は一時騒然となったが、結局のところ機材の原因不明の不調として記録され、核爆発の事実自体も民間への影響が無かったために有耶無耶になって忘れられていった。キング・オブ・ハート配下の数名のオーバーマンは見事に痕跡を消したのだ。

http://www8.ocn.ne.jp/~ikitale/diary/11.30.html


レイ「しかし、超能力者互助組織が超能力者自身を守るのは分かるとして、倶雫さまの復活を目的としてそら様を教育することに、何か利益があるのだろうか。地球人の考えは我々には理解できない。その中でも超能力秘密結社はさらに異質だ。
だが、倶雫さまを復活させるのは我々の目的ではある……」

 しかし、宇宙人もC4も表立って行動しない主義であり、現時点では不明瞭の上に実害もないのだから、奴隷宇宙人達もやはり、日々のそらの勉学と生活を優先し、超能力者に対する密偵などはあくまで余剰人員での継続案件とすることとした。

創作幻視小説版「夢兄妹寝物語」 2003年11月 第11話 今回の出演と後書き - 玖足手帖-アニメ&創作-



次回予告


                                                                                                                                                              • -


ソーラ・レイの大きな方、レイです!
家でゲームもいいけど、外でスポーツするのも楽しいですよ!さーて、次回の予告は?


時はクリスマス・イヴ。聖なる夜に、みんなの心はドキドキワクワクです!


そんな中・・・ドジでオッチョコチョイ。ちょっぴりオシャマなそらが、小さな地球防衛隊新太君に、勇気を教えてあげたのだった。


雨なんて降らないでくださいね!折角のデートが台無しですよぉ〜!


次回、創作幻視小説版「夢兄妹寝物語」 第12話
「聖夜の生徒」



今宵、最後の宴が始まる・・・。

http://www11.cds.ne.jp/~nishiba/rouhi/soft/index.html

(こちらをやや改変しました)
目次
幻視小説夢兄妹寝物語第2巻 「少女愛・教師編」目次 - 玖足手帖-アニメ&創作-
次節
創作幻視小説版「夢兄妹寝物語」 2003年12月 第12話 第1節 - 玖足手帖-アニメ&創作-