玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第23話「最後の嘘」をなぜ見たのか?

くっそ、この野郎、終盤のくせにしょっぱい試合をしやがって。
鉄道で要人輸送してるくせに、先行斥候もない、囮もない、対空レーダーもない、双眼鏡のガキは決闘が始まったら持ち場を無視してレールの邪魔をする、三日月以外のパイロットは出撃も警戒もしない、カルタとその部下くらいしか死なねー、敵もレールを破壊しない、櫻井ごとき一個人に騙される貴族とオルガ、出来レースじゃねえか。
本当に命がけで殺し合う気があるんか?
おまえさあ、俺は殺人ショーが見れると思ってテレビの前で待ってたんだぞ。なんで3人くらいしか死なねえんだ。もっと死ねよ。
ガンダムってのは殺人を見せてくれる戦争残虐ファイトアニメじゃないですか。
なんで鉄華団のガキどもと説教おばさんは戦場で棒立ちになって「弔い合戦を見なきゃいけないんだ」とか観戦ムードになってるんだ?お前らも戦ったり流れ弾で殺されたり回り込んだりしろよ!
鉄血のオルフェンズはヤンキー化したヤングに向けて大人の欺瞞を破壊するために殺すのがエキセントリックな番組だったんだろ?なんで序盤と同じような小規模戦闘をしてるんだよ。決闘とか言ってる場合じゃないだろ。火星人も地球人も。もっと本気で殺し合えよ。23話だぞ。もっと弾幕を張れよ。


正直、動画枚数をケチりたいのかなーっていうしょっぱい印象でしたね。
1パイロットが死のうがどうでもいいのに、ガタガタ回想シーンで尺稼ぎしやがって。モビルスーツとアニメーションにどれだけ金がかかってると思ってるんだ。もっと人海戦術で戦って死ねよ。
アインごとき一個人の手足が取れたりR-Typeになろうが知ったことか。だいたい、アインが偶然戦場で傷を負わなかったらあの怪ロボットをどうするつもりだったんだマクギリス。(クェス・パラヤが偶然来なかったらアルパ・アジールをどうするつもりだったんだシャア。 ま、まあ、シャアはちょっとアレだからな)


くっそーっ!


ガンダムってのは合法的に地上波で殺人が見れるアニメなんだから、もっと本気で怖がって生き延びるために努力をして死力を尽くして戦ったり見張りをしてしょんべんまみれになって、もっと怖がれよ!ゲリラ風情が!


こちとらは小学生の頃に夕方でVガンダムの洗礼を浴びたエヴァンゲリオン世代だぞ!この程度の殺人では全く物足りんわ!
f:id:nuryouguda:20160313190525j:plain

同じような鉄道ロボアニメのキングゲイナーはなー、ドームポリスとレールの上以外は滅んでいて、航空機技術は規制されてるしそもそも真冬のシベリアだから航空機での偵察はやりにくいっていう言い訳があったので、まあ、ああいう戦い方をして動画をケチっても許せる面があった。
キンゲではロンドンIMAの実態を鮮明に描かないでシベリアの連中の目線の届く範囲の描写にとどめたのも、今にして思えば世界観の広がりをうかつに描いて墓穴を掘らないように、という配慮だったのかなあ。
オルフェンズはなんか世界的にテレビ放送をしてるっぽいし飛行機もありそうな物なのに(なかったらごめんね)、鉄道で移動する目標に対しての航空戦力の投入や防衛線の構築にやる気がなく見えましたね。
(ていうか、マッキーとガエリオとカルタとアインが私怨でしか戦ってなくて、速水奨も大して鉄華団を敵視してないので、戦争をしてる実感がないというか、戦争してないですね。まあ、戦争をしなくてもいいんだけど、鉄華団のテロ活動に対して体制側の認識がちょっと甘すぎるんじゃないかというか、うーん。メディアの描写も一貫性がないしなあ…。どの程度、民意がクーデリアたちをどう考えているのかがわからんというか。なんか、視野が狭くて、せせこましい印象。やはりVガンダム世代オジサンとしては少年たちには世界の命運をかけて残虐ファイトをしてほしいし、少年たちに立ちはだかるオジサンにもオーメ財団の財力を結集して超兵器を作ってほしい)


今日のオルフェンズはちょっとプロレスでしたね。
いや、プロレスでも観客席で大けがをすることもあるんで、ちょっと出来レースっぽくてオジサン、アゲれなかったなー。
やっぱり安全な席から戦争を眺めているガキってのは腹が立ちますよ。
あんだけガキがいるんだから、観戦中のガキの頭に無意味に跳ねた石や破片が当たって死んでほしかったですね。
「体制側の貴族はむかつくから殺す」「大人は利益を独占して子供に責任を押し付けるので殺す」ってのもヤンキー世代の視聴者の願望として良いんですけど、ビスケットやフミタンだけじゃなくてもっと子供たちも漂流教室的に毎回数を減らしていってほしいなあっていうのが楳図かずお世代オジサンの気持ちなんだよなあ。
Vガンダムのオデロがアレ(ネタバレ回避)するのはもちろん、親しいメインキャラがアレということで、当時のキッズたちを大いにアレさせたものだが。むしろオデロの真骨頂はタイヤ戦艦で出会った名もない少女がアレしたのに対してアレしちゃうっていう、血に染まった子供のリアルさっていう感じが実によかったんだが。
もっと鉄華団も罪を背負って、言い訳をしてるなんて言うメタ台詞を言う余裕もなく大量に死んでほしい。


岡田麿里さんと長井龍雪監督はまだまだできる人だと思ってるので、ほんと、頼むからもっとグチャグチャのカオスを描いてほしい。もっと常識をゆがませて人の認識の限界に挑戦していくのがガンダムだと思うので。プリキュアとか仮面ライダーみたいな子供向けと違って、もっと本格的な殺人と死に対する恐怖や憎悪を描いてほしいなあ。
っていうか、ガンダムはどんなに狂ってもVガンダムという銀河系の外にまで狂気を飛ばした枠の中なので、わんぱくだよなー。
大丈夫!Vガンダムの恐ろしい拷問も種の濡れ場も地上波でやったんだ!オルフェンズも行けますって!(富野は深夜に追いやられた)


っていうか、子供番組で視聴率も下がってる鉄血の終盤で「この戦いを見なければいけない」とか言うの、ダイレクトマーケティングかよ。意地汚いなあ。
まあ、ガンダムファイト第13回大会決勝戦でも「この戦いを見なければならない」って言ってたけど、ネオジャパンとネオ香港の師弟対決はアニメーションの限界に挑戦した見ごたえのあるファイトだったから説得力があるけど、今回は正直なあ…。
ガエリオがもうちょっと新装備ガンダムキマリスで暴れてくれたらよかったんだけど、オルフェンズはあんまりファイトしないからなあ…。
うーん。


とかなんとか文句ばかり言っているので、見なくてもいいんだけど、ディアナ・ソレル親衛隊としては月の冬の宮殿でガンダムの動画を見て「人類の戦争の歴史、愚かすぎ」って泣いてるキエル・ハイム嬢に寄り添うためにガンダム黒歴史の哀しみを見なければいけないのですよ。つらい・・・。こんなガンダム黒歴史が今も作り続けられている哀しみ…。ガンダムの監督権が寝取られた悔しみ…。こ…このガノタの悔しみを、誰が分かってくれるか!
∀ガンダム Blu-ray Box II