玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

最近、アイマスとキンプリのライブについて思うこと

 最近たくさんアイドルの映画とかイベントに行ったりアイドルのゲームをしたりしてるので本業であるブログがすごくおろそかになっていてすまない…。
 ふわぁ~~~
 最近忙しすぎっしょ――――。

6/10(土)にキンプラの初日の舞台挨拶付き上映を見て、キンプラを見て、アイドルマスターシンデレラガールズ5thライブビューイングを同じ映画館で見て、最高にテンションが上がった状態で、キンプラの応援上映初日を見て終電ダッシュして体力の限界に挑戦した。次の日は疲労がマックスで停止していた。


一週間後の6/17(土)に大阪に沼倉愛美さんのインストアミニライブお渡し会に行った。炎天下で一時間異常ならんで体力の限界に挑戦した。あきまんの画集を買って帰った。


6/20にやっとこさキンプラの感想を書いた。2万8千文字。そして6/22~25は風邪を引いて寝込んでいた。


 そんなわけでブログがおろそかになっていたけど、いろいろとアイドルについて考えた。
 今回の記事はそんなここ最近半月のアイドル事情についての随筆なので、特にテーマとかないです。日記です。チラシの裏です。パセリです。
 ツイッターでもいろいろ短文を書いたけど、やっぱり日記サイトのブログとして残していきたい文脈はある。

 この時点で10時20分の上映に合わせるバスに乗り間違えて映画館まで全力疾走していて体力の限界に挑戦していた。プリズムダッシュ!
 菱田監督は初日なのにお客さんに対して「サイリウムをVにして振れよ!」と謎のキレかたをしていて、エロマンガ先生みたいに「なんだこいつ・・・」って思った。
 映画の感想は書いた。
nuryouguda.hatenablog.com

  • シンデレラ5th 大阪公演土曜日

 大阪公演は落選したので惜しくもライブビューイングとなったが、結果的にキンプラ、昼飯、キンプラ、デレマス、応援上映というアイドルの煌き成分200%の一日だった。すぐに感想を書けばよかったけど、倒れていたので。
 全曲感想を書く余裕はないけど、面白かった。
 書いてる人もいる。
hagyou.hateblo.jp
 よかったよね。
 で、キンプリとアイマスっていう男子レベルと女子レベルの最高レベルのアイドルを立て続けに浴びたけど。
 「モーレツ★世直しギルティ」の発売されてないのに披露された2番で「ちょい待って! そのコール 自分だけが楽しんでない」とか言うので、考えたね。

ファンも応援上映では自分が気持ちよくなるために行けばいいと思う。
映画デートのときに望ましくない行動をまとめた「映画しぐさ」について考える - アオヤギさんたら読まずに食べた

アオヤギミホコ (id:ao8l22)さんは恋人や友人と映画を見に行くときの行動を云々言ってたけど、アイドルに対するファンなんて自分が気持ちよくなりたいからだよ!
むしろ、前島龍先生の萬画みたいに恋人同士だと絶対ダメな自分が気持ちよくなることしか考えてない体位を受け止めて無限にハグしてくれるのが二次元アイドルだろ!
恋人にはできないことを求めるのがアイドルヲタなんだよ!業が深いんだよ!


フェミニストとして節度を守って楽しい応援上映を…。
というのはあるけど、やっぱり自分が気持ちよくなりたい!
という、わがままな機動戦士ガンダムF91小説版のザビーネ・シャルみたいな気持ちは、正直メンズの本能としてある。
感情を処理できん人類はゴミだと教えたはずだがな…。
ちなみに、課金しないと続編ができない劇場版商法はキンプリもF91も同じ…。
そしてザビーネのわがままに愛想が尽きた恋人のアンナマリー・ブルージュの声はプリティーリズム・レインボーライブの荊千里(モモ)の神代知衣さん…。
nuryouguda.hatenablog.com


 で、アイマスのPとしては自分が楽しくなりたい、気持ちよくなりたい!というファン目線でライブを見る面もあれば、ガールズに気持ちよく演じてもらって、最高のパフォーマンスを見せてほしいという気持ちとか、他のファンを気持ちよくさせて今後も気持ちよく課金してもらって、それでさらに自分が楽しむためにコンテンツを充実させたいとか、同僚のプロデューサー同士で団結したいとか、アイカツ界やアニメ界を熱くしたい気持ちがある。
 だから、自分一人ではしゃいで、自分が気持ちよくなるために他人を気持ち悪くさせるのは良くない。その時だけ楽しくてもアイマス全体の課金力が下がったら長期的には自分も楽しめなくなるし。
 なにしろ、僕は今回のモバマス第六回シンデレラガール総選挙のリボ払い地獄で野々村そらちゃんに数百票投票しましたが圏外でした。シンデレラガールに輝いた高垣楓さんは106万3033票です。
 個人で死ぬ思いで課金して1000票投票しても一位の0.1%にしかならないっていう600万ダウンロードな・・・。だから自分一人の気持ちよさも大事だけど、アイドル界全体のパワーもある。いや、僕は今でも野々村そらちんにブッこんだことに後悔はないですけど。ガチャで目玉メイド楓さんと法子を引いたし。(大槻唯ちゃんはフリトレで)
 選挙については僕より詳しい人がいるので。
oolong23.hatenablog.com


 じゃあ、ルールを守って大人しく決められたコールをしてたらいいのかって言うと、それも違うと思うわけで。今回のセレンディピティパレードっていう5thライブのコンセプト自体が予想外の楽しみみたいな意味があるので、いろいろと作り手も取り組んでる。


 で、まれいたその華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~Bloody Festaの後の星輝子のPANDEMIC ALONEがすごかった。
 具体的に言うと、何も考えていないのに自然にヘドバンしながらさっつんに対して大声を張り上げながら中指を立てていた。ヤバい。僕もいい大人なんですけど、女性に対して自然に中指を立てたのは初めてでした。パンデミックアローンはライブ初披露だとおもうし、コールの決まりもできてないと思う。僕も決められたコールとか覚えるのはめんどくせーし(いや、コールの練習をする時間がないからなんですが)コール本を読んでないけど、でも歌を聞いてパフォーマンスを見たら自然に体が動いて吠えながら中指を立てていた。そういう衝動を呼び覚まさせる力みたいなのも芸能にはあるし、やっぱりそういう「熱」みたいなのを受け止めていきたいじゃん。
THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 026星輝子

 そして続くルナショでもペンライトを十字架にしてサバトした。
 そこからWonder goes on!!の後、サマカニでUOをVの字にして蟹を表現しながら手を叩いた。
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 07 サマカニ!!


 本当にアイマスはアイドルソングからヘビーメタル、ロック、演歌、ラップまで幅広くて音楽シーンとして最高。



 僕はぼっちだし、人間嫌いだし、社会恐怖障害と診断されているので、「みんな」とか「空気を読む」のは苦手。でも、やはり群れで行動してきた「ホモ・サピエンス」としての本能で、みんなと同時に動いてパワーを感じるのを快感と感じる脳の作用もある。(マンモスを狩猟したのもピラミッドを作ったのもタイミングよく人が集団として力を発揮したからですし、それはけものフレンズでも野球でもテレビバラエティー番組でも同じ)
 僕は小難しい人間なので「一体感とは所詮、群れで繁殖したホモ・サピエンスの生存バイアスの本能に過ぎない」とか言っちゃうんですけど、やっぱりサマカニでイエーーーーッ!ってするのは楽しい!
 でも、自分一人で自己完結的に家虎するのはよくない。あくまでライブはアイドルやパフォーマーを見る場であって、オタ芸を見せる場ではない。自分が見てほしい目立ちたいって気持ちでライブに参加するのは違うと思う。ちゃんと演者を見て、パフォーマンスを受け止めながら、自分からも動いて自分も演者もみんなも気持ちよくなれるようにする…。と、これはセックスの話ですね!俺は彼女はいたことないですけど脳内彼女歴24年、脳内妹歴14年です。脳内恋愛は反応と動作が勝負ですし。
 やっぱり芸能ってのは性的な物とは切り離せないというか、僕みたいなぼっちでもアイドルを見ながら「お互いに気持ちよくなるにはどうしたらいいのか」というセックスのマナーみたいなのも考えるくらい素晴らしいですね。
富野に訊け!! 〈悟りの青〉篇 富野に訊け!!


 MCの話。
 吉本新喜劇みたいな寸劇があったけど、僕はバラエティー番組が嫌い。なんか人をランク付けしたり、権威で一方的に採点したり、陰から声だけで笑ったり、話を遮ったり、騙したりするのは紳士として恥ずべき行動だと思うので、そういう大衆的な俗悪な笑いは嫌いだ。僕は潔くかっこよく生きていきたい。
 でも、大空直美さんたちは今回、よってたかって千菅春香さんを騙しました。ひどいと思った。
 でも、大空さんも一生懸命コントを作ろうとしている気持ちは伝わった。というか、何千人の人が見てる中で即興でグダグダのコントを耳打ちで作るって言う度胸は、僕も学生演劇をしていた経験からして、すごいと思った。
 その後の歌でちっすーさんはコントでめちゃくちゃにいじられて心が崩壊していたのに、すごいかっこよく歌ってて尊敬しました。
 そらそらさんも「面白いことをしてるのは伝えたいけど、いじめてるようにならないように」ってちゃんと気をつけてて偉いと思った。難波笑美ちゃんも「人を下げる笑いは苦手」って言ってたし、そういうシンデレラ一門の笑いの中にもあるやさしさみたいなのは本当に大事。
 笑って気持ちよくなりたいけど、笑われた人がつらくなるのは良くないし、みんなで笑って楽しいアイマスをしたいじゃないですか。


 で、初参加の道明寺歌鈴役の新田ひよりさんと椎名法子役の都丸ちよさんが泣くじゃないですか。
 僕は大衆が嫌いなので、もちろんAKB商法も嫌いだし、アイドルのドキュメンタリーとかでわざと泣かせたり苦労させたところを映して客を感動したように錯覚させるのは嫌いです。人が泣いたりするのをエンターテインメントとして消費するのは紳士として恥ずべき行動だと思います。紳士なら泣いている女性がいるなら、泣かなくてもいい社会を作るように尽力すべきですし、泣いてる人をつるし上げて観客席の暗がりやテレビを通じて集団の匿名性に守られた大衆の一人になるのは紳士的ではないと思う。


 芸能人の家庭の事情とかスキャンダルを面白がるのは良くないと思う。なぜなら現在も戦争は進行中であり、何万人も人が殺されているのだ。その現実を忘れて戯画化された芸能人を生贄にして彼らの不幸を鑑賞して世間と関わった気分になる程度の大衆はクズだ。俺だって親が自殺している。


 だから他人の不幸や涙をもてあそぶ人は敵なんですけど。



 でも、まあ、その、芸能人の振る舞いの是非とか感動ポルノをどうすべきかというのはともかく、単純に今回のシンデレラ5th大阪公演に出演した人は頑張ったと思うし、あんなにたくさんの人に見つめられながら堂々と歌って踊って楽しくトークしたのはすごく偉いと思う。その事実だけは僕がどんな意見を持っていても曲げられないと思うので、彼女たちは尊敬に値する!
 正直、なんで泣いちゃったのか、本人じゃないので僕は分からなかったけど、僕も学生演劇で単位を落としながら演技のレッスンをしてたのは結構つらかったので、その数千倍の観客を相手にするパフォーマンスをするのは大変なんだろうなーってなんとなく思いました。でも、もっと芸歴が長くなったら余裕でこなせたりするんかなー。感動を売る商売での客との対人関係ってどうなんだろうなー。とか。
 あと、えりぴょんとかりっかさまとかまれいたそとかあさかさんとか、普通に彼女になってほしいと思ったけど、彼女になってほしい声優がたくさんいるし、そう思ってるオタクはその数万倍いるので大変だー。
 自分は自分の彼女(脳内)を大事にしよう。


 西安のエロ漫画でアイドルは何万人のファンとセックスする気持ちみたいなのがあった。
 で、僕も小学生の頃から筒井康隆の20000トンの精液を愛読するような嫌な子供だったのだが、アイドルと疑似セックスしたいと見つめているとき、アイドルもまたこちらを見つめているのだ。その時、彼氏スタイルとしてアイドルに恥じない対等なプロデューサーに成れるのかって言うのが問われるし、同時に接続しているファンや同僚の仲間たちにその痴態が気持ち悪いと思われるのか、一緒に気持ちよくなれるのか、って言う問題もある。
くたばれPTA (新潮文庫)


 うーん。俺は気持ち悪いオタクなのでアイドルのライブを見ただけでセックス論を語るのだった。



 キンプラと沼倉さんのインストアミニライブの感想の後半に続く


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)

follow us in feedly


www.amazon.co.jp

著者へのプレゼントはこち
nuryouguda.hatenablog.com