玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ユーフォニアム

響け!ユーフォニアム最終回のピントと手の距離感に青春を見た

響け!ユーフォニアムのピントが映す音楽性のアニメ演出 - 玖足手帖-アニメブログ-nuryouguda.hatenablog.com 前、熱心にこういう感想を書いた私ですが、はてなブログ公式に紹介していただきました。最終回もピント送りに注目してみました。「響け! ユーフ…

響け!ユーフォニアム第12話 ちぐはぐな言語演出が鼻に付く

響け!ユーフォニアムのピントが映す音楽性のアニメ演出 - 玖足手帖-アニメブログ-nuryouguda.hatenablog.com響け!ユーフォニアム第11話 「映像の原則」による勝負と心情の演出解析 - 玖足手帖-アニメブログ-nuryouguda.hatenablog.com前回、熱心にこういう…

響け!ユーフォニアム第11話 「映像の原則」による勝負と心情の演出解析

第十一回 おかえりオーディション 脚本:花田十輝 絵コンテ:雪村愛 私は富野由悠季監督の映像の原則が好きだ。絵コンテやキャラクターの位置関係で強弱や関係性が明瞭に説明がつく感じなのが分かりやすくて好きだ。 そして、響け!ユーフォニアム第11話も映…

響け!ユーフォニアムのピントが映す音楽性のアニメ演出

第十一回 おかえりオーディション 脚本:花田十輝 絵コンテ:雪村愛 見た。 響け!ユーフォニアム、ストーリーとしては粗もあるが演出技法がとてもいい。それはピント送りの演出がテーマ性と直結しているからだ。響け!ユーフォニアムの被写界深度が浅すぎる…

響け!ユーフォニアムの被写界深度が浅すぎる。過去の京アニ作品との比較

響け!ユーフォニアム 第5話に見るカメラの意志 - 玖足手帖-アニメブログ-nuryouguda.hatenablog.com と、上記のように響け!ユーフォニアムの被写界深度の浅いピンボケが多用される撮影処理演出に着目した記事を書いた。 人物にピントが合っていて背景がボ…

響け!ユーフォニアム 第5話に見るカメラの意志

第五回 ただいまフェスティバル 脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:三好一郎 作画監督:丸木宣明 フェスティバルイベントの回だし1クール目の中盤の引き締めということもあって、盛り上がる回だったと思う。 しかし、気になったのはカメラのピントというか、被…

響け!ユーフォニアムは4周ループした島本和彦漫画である

サマリー この物語は平凡な高校の吹奏楽部に非凡なコーチと個性豊かな選手たちが集まって全国大会出場を目指す物語である! つまり、エースをねらえ!であり、逆境ナインである。 本論終わり 宗方コーチの転生 このマンガがすごい!comics 響け! ユーフォニア…