玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

聖戦士ダンバイン35話から46話まで

聖火台な、来週からテスト期間でいけなくなるねん。明日見るねん。
んで、ちっとも感想を書いてなかったが、俺が大学に行ってトミノアニメを見ないわけがないだろう。35話から46話までみました。あと3つ。
# 灼熱のゴラオン 脚本:富田祐弘 コンテ・演出:井内秀治 作画監督:佐々門信芳
トルストールとエレ様がウィル・ゲイムした。トルストール早過ぎ。1話て。露助原爆撃ち過ぎ。アフガンか?とりあえず牧草地帯は放射能で全滅たぶん。
カシミール石仏が出てきて切なくなった。でも全滅だろうなあ。
エレ様怖い。
あと、黒騎士が恩を仇で返す。最悪だ。
# 敵はゲア・ガリング 脚本:富田祐弘 コンテ・演出:鈴木行 作画監督:金山明博
キーンが女っぽくなったので何とか死なないで居て欲しい。前はパクパク物を食ってばかりいる育ち盛りだったのだが、物腰や腰つきや腰周りの肉のつき方が女っぽくなっていい子を産みそうだ。たんなる作画の気まぐれ?
ニーとのフラグが再燃したっぽい。リムルはアレだからなあ。
# ハイパー・ジェリル 脚本:渡辺由自 コンテ・演出:今川泰宏 作画監督大森英敏 北爪宏幸
500メートルくらい在る。50メートルくらいだとおもってたら。ヅメヅメ先生が出るとズメズメ先生だとすぐわかるな。ジェリルの不細工ぶりがうぜえ。顎がうぜえ。
ギリシア人がイギリス人をジャンヌ・ダルクと呼ぶ。皆つっこんでるだろうが俺にもつっこませて!
# 時限爆弾 脚本:富田祐弘 コンテ・演出:川手浩次 作画監督:坂本三郎
富沢美智恵オネエさんの演技が上手くなってる。太ってる虫の太り具合が生々しい太りかただ。
湖川氏がチャム・ファウやシーラ様はキモイと自ら言ってたが漫画っぽくても漫画っぽいキャラが演出上必要なら必要。
シーラ様の偶像振りを見てるといつもイライラすると言うか胸がいたむと言うかどんな育てられ方をしたんだこの娘は。
ショウが助けに来てくれて泣いてたけど誰にも見せん。
# ビショットの人質 脚本:渡辺由自 コンテ・演出:関田修 作画監督:佐々門信芳
ビデオのパッケージにビショップの人質って書いてあった。エイリアン2か。
ここからしばらく泥仕合と言うかビショップ陣営と殲滅作戦を互いに立てあっては失敗する。撤退はや過ぎ。話が進まない。でも作戦内容はいつもバリエーション豊富すぎる。なんでこんなの思いつくんだ。富野が日大の執行部にいた抗争経験からか?読書からの知識かなあ。
# パリ炎上 脚本:渡辺由自 コンテ・演出:井内秀治 作画監督:遠藤栄一 坂本英明 矢木正之
ルーブルを燃やすショウ。燃えたパリ市民よりも芸術品を心配するショウ。非難してたのか?一般市民の描写がないと戦争モノは実感が無いなあ。トミノモノはいつも丁寧なので無いと気になる。俺の見落としかも。
ていうか、オーラバリアーの特性が適当すぎる。
# ヨーロッパ戦線 脚本:富田祐弘 コンテ・演出:今川泰宏 作画監督:金山明博
地上に出てバリアーができてから飛び道具よりも刀が主になったのは面白い。っていうか、爆発がちっさく成ってきたのは火薬をケチり始めたのか?の、割にはオーラボンバーが強いとか言う。
砲撃戦とかもいらんと思うんだが。振動とかでもしんどいのか。たまにはオーラの流れによっては貫通するのか。ビルバインは強いので大抵はバリアーですが。
# 地上人の反乱 脚本:渡辺由自 コンテ・演出:鈴木行 作画監督大森英敏 北爪宏幸
眠いので寝る。レポートのことは明日考えよう。
# ハイパー・ショウ 脚本:富田祐弘 コンテ・演出:川手浩次 作画監督:佐々門信芳
# グラン・アタック 脚本:富田祐弘 コンテ・演出:関田修 作画監督:坂本三郎
# ビヨン・ザ・トッド 脚本:渡辺由自 コンテ・演出:井内秀治 作画監督大森英敏 北爪宏幸
# リモコン作戦 脚本:渡辺由自 コンテ・演出:今川泰宏 作画監督:金山明博