玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


広告

道路事業

京都高速道路 - Wikipedia
造りかけのは作った方がいいと思うが。計画段階のものはどうなんだろう。
車乗らないからなあ。
本当に必要なのかどうかマジで実感できない。ドライバーの意見を知りたいが、ネットでそう言うのを調べるのはめんどい。
ただ、マスコミ的コモンセンスを見ると、道路を新規に作るのはとりあえず反対みたいな意見が大勢を占めるという事は、道路が有用かどうかはともかく、最低限の需要は達成されてるんかなあ。飛行機も電車もあるシー。
うん。そうだとすると、現在は道路自体があると嬉しいかどうかよりも道路によって発生する経済効果を重視するという状態にシフトしてるのか。んで、行政側は造るだけで利得が得られて、民が求める経済効果は破綻しがちという事か。
ただ、反対のための反対材料のような気もするしなあ。実際はどうなんだろう。そう言う試算した本も読まんといかんか・・・。選挙民もめんどいなあ。
今までの「道路はすぐに儲かる。只になる」といってずっと交通料が下がらないのは欺瞞でよくないと思うが、「儲からないものだけど必要だ」と開き直られたらそれでいい気もするし。
個人的には四国や高野山を自転車で走った時には山道の道路を普通にしてくれないと死ぬと思ったり。
官僚の机上計画(頭脳)では都市近郊の高速道路(動脈)に視野が行きがちだが、田舎(手足)の道路(毛細血管)の維持も結構大掛かりになりそうだが・・・。
試算してないけども。
あー、でも毛細血管だとちまちま手間ばかりかかるか。利権も動きにくそうだシー。
ちなみに、京都人ですけど、景観にはこだわらない。京都駅ももう慣れた。ガメラー。
ただ、最低限の京都らしさは保障して欲しいなあ。高層ビルは怖い。こわいよー。