玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

リーンの翼4話のエンディングをメガネを外して20センチの距離で見ながら

どうして、人は何かにすがったり、求めるのかな?戦争みたいな仲良しをするのかな?自分ひとりで立つ事は出来ないのかな?自分の才能で世渡りする人も結局は自分の才能によって作られた何かにすがる事になるだけだし・・・。どうしてなんだろう?
とふと思いついたら、隣で一緒に見ていた脳内彼女
「それは、自分だけで完結できるって言うのは、死体だけの話だからじゃない?
生きてたら、息したりして、空気やオーラを吸うでしょ?それだけで何かと関わる・・・?そうしたら、そう言うリズムが生きるの楽しいよって、思って、そう言う風に生きるんだと思うわ」

ということを、もっと直接的に思惟に投げ込んできたので、脳内恋愛は通じ合いすぎてビビる。そうか、そうだよなあ。生き物ってそう言うもので、そう言うのを奮い立たせてくれるのが女や男だったりアニメだったりするんだよね。
あー。気持ちイイことしたいよー。でも、レポートが・・・。うわあああっ。七女さん(仮)、俺、頑張るからさアッ!