玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

7月7日の朝

いつのまにか左腕が二の腕の中間で大根のようにスパっと切り落とされていたけど、断面に白くてすべすべのお肌が張ってあったし痛くなかったけど、何となく不快感が在った。と言うか不安感と言おうか、変な感じ。
んで、取れた先を探そうかと思ったけど、どこへいったのか思い出せないまま、短い手をぶんぶん振ってみたりした。んで、諦めて部屋でゴロゴロした。
そういえば、たんすの裏に左手が落ちていたような気がしたが、取りに行くのが面倒くさかった。
くっつけるのも無理そうだし。


手はもっとも身近な人をあらわすものです。また、コミュニケーションのシンボルでもあります。人間関係の見直しや交際の仕方など、夢主にとって警告や忠告をあらわしていることもあります。
夢主の手が切れていたり、手を失った人物が現れる場合は特に注意してください。主に左手は母親や女性を暗示し、右手は男性や父親を暗示します。
大きな手は幸運や報酬を暗示することがあります。(身体各部の詳しい説明は「愛の夢占い」をご参考に)

親離れしないとなあ。

腕の夢
責任のある仕事をやり遂げる暗示。あなたの力量が認められます。

どうしよ・・

切られたりするのは失敗や親しい人との別離を暗示します。同様に手を失う夢も、最悪な事態が起こることを暗示しています

こわい。
どうやら、おれはもう致命的だが、それすらもどうでもいいくらい気力が無いみたいです。