玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

あと、今思いついたんだが

ギロチンというガジェットはゲリラ組織のリガ・ミリティアが使う可能性もあったかもしれない。アニメの企画として。
ギロチンがある、ということでザンスカールを敵にしてもよいという免罪符を主人公側が手に入れられた。
でなければ、カテジナさんがマーベル・フローズンみたいになって、惰性でリガ・ミリティアに加担していたウッソ・エヴィンザンスカール帝国の大儀に引き入れるようなことも十分可能なわけで。
ギロチンさえなければ、敵味方もどっちもやってることは変わらないし、一人ひとりは普通に優しいし常識があるんだよなあ。
まー、演出上べスパの戦い方は強引に見えるように作劇してあるけど。うーん。
とりあえず、誰にも死んでほしくないといいながら斬艦刀を振るうようなことは嫌よね、と。