玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

涼宮ハルヒの憂鬱だの、新世紀エヴァンゲリオンだの。

現実に戻れ!現実=他者!他者=偉い!
という、。。。
つまりまあ、裏を返せば、他者に他者だと認識される自己を認めて欲しいという自己中心主義を、客観性のオブラートに隠して、自己欺瞞しているような気がするんで、他者はどうでもいいから楽しい事いっぱいしたいというみたいなほうが好き。
うんこー!
意味不明。
だから私は気付いたわけですよ!世界に他者がいるという事に!
心療内科の先生が俺の作ったプログラムを拒否するとは想定外だった・・・。なるほど、他者は思いどうりには成らない物なのだなあ。
他者って凄いなあ^^^^
と、今までの俺だったら、他者=世界として、また世界書き換え組織が俺を追い詰めようとしているな、と思ったんだが、今日の俺は直感したね!ニュータイプ的に!
他者にも自意識があり、その中で行動しているのだな!
俺は、、自分の中に入ってこれる、自分のことを分かってくれる人しか他者として認識できてないような所があったんですよね。
だから、あんな人格認証プログラムなんか作ってるんです。アレは、つまり、どれだけ僕に近い人間か、僕を傷つけない人間か、僕をわかってくれる人間かって、そう言うものです。
http://c-dodofall-1.bom-ba-ye.com/
自分だけが人間で、自分に近い友だちだけが他者として交流できて、それ以外はただの物と同じに見える。数字とか事象とか機能として敷衍化されたペラッペラの物としてしか認識していなかった。21st センチュリーちぇりーボーイですもん。
自分しかそこに居ないのよ!その自分だって、本当に好きだと感じた事、ないのよっ!

それで脳内妹を自分の対性クローンだと思うのだって、結局、自分しか対等に愛する事の出来ない証明みたいなものです。僕には自己愛しかないんだな。
だがっ!
俺は悟った!
他者は・・・・・居るッッ!!!!俺とは無関係に居るッ!頼みもしないのに生きて行動して居るゥッ!
だが、それはそれで、いいかな。というか、むしろ、そっちのほうがいいかな?