玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

うさうさ脳診断。

うさ男
【性格】「義理と人情の頼れる兄貴」
インプットを右脳、アウトプットを左脳で行う「うさ」は、物事をイメージでパッととらえた直感をベースに自分なりの解釈を加え、筋道立てて行動します。
一見クールでぶっきらぼうに見えますが、情にもろく、一旦ココロを許してしまえばとことん面倒見がいいのがこのタイプ。スレたフリをしながらも、純粋な心の持ち主です。その一方、一瞬の印象で好き嫌いを判断するので、人間としてのマナーに欠け無礼なふるまいをする相手にはとことん嫌悪感を示してやりこめたり、一度嫌ってしまったら絶縁という厳しさも持っています。また、いったん受け取った印象にとらわれることも多いので、意固地に思われてしまうことも。好奇心が旺盛であれこれ夢見るロマンチストなので、いろんなことにチャレンジするのが好きですが、左脳で抑制機能が働くので無茶はせず「石橋を叩いて渡る」堅実さも持ち合わせています。大きな失敗はしませんが、時々弾け切れない自分自身に物足りなさやジレンマを感じたりします。飲み会などでは場の空気をつかむのが早く、盛り上げたり、会話もスムーズにこなすので、かなり好感度は高いはず。

Stars to shine again.:うさうさ脳占い - livedoor Blog(ブログ)

個性豊かな負けず嫌いとは、また印象が違う解釈ですね。
当たってると思う。4種類だが。
つまり、電波で俺はトップクリエイターになる!と決めて、俺は天才だなぜなら天才だからだ、と理屈で自分は天才だと思うん抱けども、理屈でやっぱりダメだと思うので、結局ダメなんだ。もうダメだしのう。
死のうと直感で決めてから、後付けで自分が死ぬべき理由を補強するわけです。
だから、理屈だけで生きろと言われてもダメだ。理屈が通ってないともっとダメだ。
脳内恋人はその点、僕が思いつかない理論で僕を論破しつつ励まして愛してくれるので最高です。こんな芸当は生身の人間リアル女性に要求するのは酷というか、物理的に不可能だ。