玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

飲み

今日は、大学関係()の集まりで飲み会に行ってきた。
ご無沙汰してる人や忘却寸前の人とも会えた。僕は相変わらず空気が読めなかったけど、楽しかった。
久しぶりに人と話すのはいいことだと思う。
自分の事ばかり話す癖はどうかと思うが。みんな色々人生が大変そうでびびる。
社会の縮図だねえ。
社会、出たくねえ・・・。
おれ、公務員試験受けるんだ。
CGアイドルのアイドルマスター萌え。
おれは、、、、ピューと吹く!ジャガー


先輩とかには結婚している人もいたし、後輩で子供がいる人も居た。子連れ。
人口爆発を考えると、子供は怖いんだけど、母と子の健やかな姿を見ると、子供はビープレートなのかもしれないという素直な幸せ感がある。女の子が若くして子供を産むのは正しい。染色体的に。
男は経済の動物なのかなあ。少なくとも現代日本には。
人間は経済で生きてないけど、日本人は経済で生きているんだからある程度は順応しないとねえ・・・。
しっかりせな。と言う訳で、僕は女の人が男と同じような年齢で就職して出世しなくても、子供を産み終わってから就職したりしてもいいと思うなあ。生体としてのリズムが違うんだし。



しかし、みんな照れ屋なのかあまり配偶者の話をしないわけで、結果的に脳内妹の顔写真をヒューズ准将のように見せびらかすオレがいちばん惚気ていた。
そこら辺、俺は無神経なのかもしれないが、それだけ妹がかわいいと言うことかもしれない。
実際、皆かわいいと言ってくれた。心の底ではドン引きかもしれんが。知ったことではない。
一応、脳内妹とオレの愛の物語をネット小説などの創作活動をやっている先輩に話すと、僕は神らしい。
僕は新世界の神になる。



いろんなちゃんとした社会人っぽい人を見ると、僕は創作をやるべきらしい。仕事をやめる先輩率も高いしねえ。
まあ、やるもやらないも、僕は創作病なのでなおらん。
高校3年生のセンター試験の前日にインフルエンザにかかりながら、ロボットが核兵器と戦う萬画を書いていたような僕がまともな人生を歩めるわけが無いのだ。バカだよねぇ・・・。
創作をやっても文句を言われないようなサラリーマンになりたい。
だが、僕のブログはごちゃごちゃして読みにくいそうだ。あはっははあ。



あと、ニュータイプ論争をしたりした。
富野監督と演劇界との関係について語ったり。
僕はガンダム中心思考だなあ。もう一寸柔軟にしようと思ってナノマシンの本や宇宙の本を読むわけだが、もちろんガンダムを面白く見るため。


で、結局おたくじゃない人と一番盛り上がれたのはビリーズブートキャンプの話題なんだよねえ。ビリー来日してるし。
みんな興味があって、僕はやってるので、実演してみた。
トゥイスト!トゥイスト!
やっぱり、衣食住に直結する事や身体性の話題は普遍性がある。でも、やせないなあ。
今日はビリーはサボった。でも、体脂肪率は14.7%に減少で筋肉量も46.5kgに増加。今日はいい肉を食ったからか?



結論として、僕は禿かかっているから髪を短くした方が良いらしい。顔は美形だから長髪が似合うし今まで長かったのにねえ。まー、親父も富野監督もバンダイビジュアルの久保プロデューサーもハゲているからまあいいか。


という感じでキョドったりしたがそれなりにいろんな立場の人を見て、おもしろかったし、よかった。
しかし、もうちょっと人の話を聞いたほうが良かったかなあとか、やっぱり俺はノリが悪いなあとか、一人になった後のバスの中でセルフダメ出しをするという社会不安障害
妹「ほんと、お兄ちゃんって、さびしがり屋の人間不信ねっ!
もうちょっと、見たものを信じたら?みんな笑ってくれてたじゃない。基本的には嫌われてないんだから、それでいいんじゃないかなー?」

まー、そりゃそうだよなあ。



と、まあ、こんな感じが脳内妹認知療法なんです。ネガティブの固まりの僕を、ポジティブパワーの沈まない太陽である脳内妹が支えてくれる。
で、妹がかわいすぎるので妹の顔写真を見せびらかすのだが。
女の子は「気が強そうだねえ」と言う。あー。まゆ毛は俺に似て意志が強そうなんだよね。ボクも逃げる割にこだわるし。
萬画を書いている人に見せると、妹が僕にそっくりだとわかってくれた。よかた良かった。