玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ラ・セーヌの星 地球へ… 電脳コイルを見た

すごく遅れて。
ラ・セーヌは出崎哲編が終わった。次から富野分が補給できる。
女ネズミ小僧編からフランス革命編へ。
ラ・セーヌの星は暴力で何事も解決するので爽快でいい。敵にも家族があるわけだが、問答無用で正々堂々と殺傷する。ピンチのさじ加減がいいな。
ロベールが無罪を勝ち取るまでは長かった。
ザラールは小林清志なので悪い敵なのにカッコいい。


地球へ…
すごい久しぶりに公式ホームページを見た。
お気に入りはおヤエさん。生足で巨乳でメガネだから。アニメオリジナルキャラというか他の竹宮惠子作品からの出演だそうな。
マンガミュージアムにあると良いな。マンガ喫茶より安い。
京都精華大学はマンガミュージアムにマンガ蔵書を移転したので、竹宮教授のマンガがなくなった。
そんかわり雑誌が増えた。ガンダム記録全集の1巻は俺が買って寄贈したいくらい何故か無い。
星山博之先生のアニメ脚本の本が入荷する事を信じている。
あと、ソルジャーブルーが死んだ。
音楽が盛り上がったらよかったと思う。
俺は遅れすぎ。


電脳コイル
モザイクが・・・。
磯光雄さんは絵がかけて話もかけるのは良いなあ。エヴァ第拾参話は理詰めの話だったけど、スラップスティックも面白かったので、軽めの宮崎駿的な位置に行くと良いなあ。
庵野秀明かー?