玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

地球へ…最終回

全体的に絵もきれいだし完成度も高いと思う。
だが、何となく乗れなかった。
凄くいいシーンやシークエンスもあった。
でも、音楽的に言うと主題が良くても展開が繋がってない印象。
こう考えるとCLANNADも絵だけの問題ではないのかもしれんと思った。
でも、クラナドよりもシナリオや思想が練り込まれてないし、キャラクターの生きる力も足りない気がしたなあ。
竹田菁滋プロデューサーがジャーナリスト出身だからか、報道、開放、革命と言う感じに捕われてるなあって感じ。
もっとこう、段取りを省いて感情的なフィルムにした方が僕は好みです。
ホモっぽいところとか特にバックボーンを持っているわけでもないメガネがカッコよかったりとか、物語の主線やキャラクターの主張とは違う所でグッと来る部分があったので、全体的には惜しいなと思いました。
原作かなあ。