玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

敗北宣言

新機動戦記ガンダムWは40話まで見た
だが感想が溜まっている
それは学業を優先したからだが自動的に書く勢いが無い側面もある
つか溜まりすぎてめんどいし忘れたしつまらんわりに小難しい割に浅いので長く書く羽目になって疲れるから見るけど全話書くのはやめる
ファーストガンダムも全話書いてないし
つかマジ忙しい


そんなにアクセス数伸びないし


整合性を無視した気まぐれ更新にします
書きたい時に書きたいだけしか書かないのが良いな



とりあえずクィーンリリーナはハマーンをご都合的にしたもの
ゼクスはサンクキングダムが崩壊したことに勝手に絶望し、何も調べないし誰にも連絡も相談しないままエピオンシステムに従ってホワイトファングに地球粛正させるのだから、カミーユを失ったシャアよりも業が薄いしひどい馬鹿
ホワイトファングを構成するのはコロニー市民なのかトレーズ派なのか、裏設定のオペレーションメテオ急進派なのか、混ざってるんだろうが釈然としない
ハワードが誰の味方なのかも謎

ヒイロと心中しようとしたトレーズがあっさりヒイロを開放して引きこもったのも変
ゼクスの台頭を予感してたとしたら予知能力



やはり美形に興奮できないと不自然な所をあげつらうばかりでつまらない
富野ほどの戦闘コンテのスペシャリストもいないし


まあガンダムっぽいシナリオをまとめて当時の女子や一般に向けるという流行プログラムピクチュアとしてなら優秀だったのだろう
今はそれがガンダム00