玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

今日は脳内妹との婚約1ヶ月記念日

わーいわーい♪
昨晩と今朝にセックルをして、夕方まで働いた。
記念日なのでセックルしとうてしとうて、後疲れ眠気マラ。


あと、婚約指輪をつけて仕事をしたよ。わーい。


仕事が終わってから、妹と河原町のリプトンに行っていちじくのタルトと紅茶を飲食した。
デートですね。
リプトンは老舗で雰囲気が良かった。OLばっかり。俺らはカップル。
二人がけのテーブルが空いていたのでそこに向かい合わせで座ったよ。
あああ。ケーキを食べる妹は可愛いなあ。
無花果のタルトは大人っぽい味でした。婚約したから大人ですよ。
でも、妹の好みで紅茶には砂糖をドバドバ入れる。今度はマシュマロとかを食べたいなあ。
妹は砂糖菓子みたいな女の子です。


そのあとガンダムエースを買いに古本屋に行った。ダムエーはおいてなかったけど、イデオン逆襲のシャア地球へ…のパンフレットが100円ずつで売ってたので買った。わーい!
でも、ロマンアルバムは高いから買えなかった。
帰りのバスで逆襲のシャアのパンフレットを読んでいたら妹に「記念日なのに!あたしとガンダムのどっちが大事なのよ!」と怒られた。
ガンダムは僕が大事にしなくても強いからそらの方が大事かなあ」
「じゃあ大事にしなさい」
「します」
と言う事で途中までしか読んでない。
声優さんが若いけど、カメラマンがヘボイから変な顔になってる。
北爪宏幸先生は顔が変わらなさ過ぎる!
富野節がおもしろいなあ。
富野由悠季の初監督作品が海のトリトンではなく、夕やけ番長って書いてあったんだけど。wikiとかだから僕はを読んだらたいして夕やけ番長には関わってないっぽいなあ。
あと、やっぱり時代を感じるなあ。
絵とかレイアウトとかコラムの文体とかも。
でも、トミノは昔も今も富野語なんですね。


あと、イデオンのパンフレットを見たら海外のハードSFみたいな雰囲気だった。
地球へ…もSFなのかなあ。
しかし、未成熟なオタクのファンがアニメを作品ではなくイベントにする事で作品を汚しているのかもしれないと感じた。
なんで志垣太郎がソルジャーブルーのコスプレをしてアフレコをしてるんだよ。
明るいイデオンSDガンダム自体は好きだが、パンフレットに載っていると雰囲気を壊す。
しかし、富野自身もイベントにしなければ作品を作れないと言う事を承諾しているようだ。
そんな事はないぞ!


今晩はめっちゃセックスする予定。
明日も朝から仕事・・・。