玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

京都精華大学情報館小林かいち展に見る様式美

http://johokan.kyoto-seika.ac.jp/index.php?event%2Fkaichi
パンフレットをもらってきた.
東京大震災の後に文化が首都から地方に分散したとか、鉄道の整備で観光客が没落しかけた京都を復興させたとか、シベ鉄がヨーロッパ文化を伝える速度を速めたとか、京都の伝統芸能にデモクラシーっぽい自我表出を載せてみたとか、図案とキャラ付けとか、エスの女子校生グッズとか、ゴスロリとか、
情報の利用の仕方がインターネット時代の今のオタク文化(サブカルチャーポップアート?)と似ている気がしたのだ。
つまり、インターネット世代の男女に受けているさよなら絶望先生が大正〜昭和初期風の様式をしているのは、日本の風土における雑多な情報の消化の仕方として自然なのだな、と。


機動戦士ガンダム00に登場する左翼ゲリラの絶望先生はともかく、2重人格がいつのまにか(ビリーズブートキャンプの腹筋で目を離した隙に)鉄人桃子に負けてたのでよくわからんかった。もっと見得を切れば良いのに。
リアルだなんだといっても、結局はグラハム・エーカーやコーラ澤の様式化した台詞が人気なのだから、結局みんな、そーいう整理された芝居が好きなのよね。それが観客と言うものなのよね。って。
歌舞伎でも見とけ。
富野語は一般受けしにくいとか言われるけどサー、結局面白がられてるのってそーいう部分でしょ?
もっとブレンパワードの伊佐未雄の怒涛の長台詞みたいなのをキボンヌ。あれは素晴らしかった。
あれだけ罵っておいて、「悪口を言ったつもりはない」だからなー!
まあ、理屈の部分で考えたら富野語は変なのだが、面白がるかどうかという部分は、理屈を客に意識させないくらい様式化して、面白さを脳にドラッグデリバリーすることじゃないの?


15時間の戦闘って数字で言われても、オンエア時間1分=1時間ですかm9(^Д^)プギャーというツッコミしかわいてこない。
せめて、「トイレパックが満杯だ〜」「ションベンまみれになった甲斐があったぜ!」(オデロ)とか、そーいう台詞があれば一瞬で状況が把握できるのに。
理科系のレポートじゃねえんだ!
せっかく前回ナノマシンの話があったんだから、ヒロポンぐらい打てよなー。
美形は汚れた芝居が出来んからなあ。ツマンネー奴!
まあ、ウッソ君はモテモテだけど、「あ!オチンチン!」
ゲイナー君は嘔吐。
レントンもはいてたな。レントンはいじめられすぎだ。


消耗戦の持久戦なのに、世界各国のキャラクターを映す関係で、時間経過(光線の変化)が分かりにくかったしな。
そう言う点で言えば、大宇宙、朝のコロニー、ギラギラとした宇宙、午後のジャングル、夕暮れの空戦、暗黒のスタッフロールという構成の機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-は素晴らしく上手い。
ガンダム00はたくさんのキャラクターを満遍なく見せようとしているから?キャラ萌商売だから?ハサミの切れ味が鈍っている。
その点では、おなじような美少年ガンダムでも新機動戦記ガンダムWは潔かったな。ヒイロ・ユイがいっそのこと出なかったりしたし。
富野語は高度に様式化して圧縮した言語なので、たくさんのキャラクターを瞬時に出し入れできるのだよなあ。
というわけで、リアルなガンダム00は脚本主導?長距離射撃とか言われてもアニメになったときは記号化されてしまっている分、緊迫感がないんだよなー。
たくさんミサイルが飛んできても、「キングゲイナーなら、やれる!」って感じだし。
あ、でも、ソロモン攻略戦の隕石ミサイル攻勢とかイデオンミサイルは絶望的な感じがしたので、やっぱり見せ方やリアクションの問題かしら?
メカだけではドラマにならんのかな?
情報ではなく情動か?
古谷徹の叫び声は本当に死にそうだったからなあ。「マイクを壊そうと思ってやりました」って言ってた。こわすなよ
刹那は死にそうな時にラノベみたいな哲学を語ってるんじゃねーヨ。
宮野真守負けるな。ベテランのショタに負けるな。腐女子人気を取られそうだぞ。あいては変態という名の紳士だぞ。
スメラギさんはマイスターズを切り捨てようとしたのかなー。こえーなー。
つーか、負ける展開の回だから負けるって言うのが見えすぎて、ガンダムが負けるために戦ってる感じで、もっと頑張れと思った。いきなり馬鹿になった。
作戦を立て直して攻めに転じたら勝てたかもしれんのに。4人もいるのに。
マジンガーZの方が頑張って負けてた。


閑話休題
かいち展のパンフレットに中塚玲子氏が書いてたのを読むと
「かいちの絵に引かれる男が多いのは、本田透の「萌える男」に書いてあるよーに、「乙女回路」が反応してるんかもしれん」
とか書いてあって、
「こんな所にも本田透かよ!」って思った。
うーん。
まあ、ボクも美しいものを脳内妹に見せる事は好きだが。
そこに、少女に同化したいと言う欲望があるのかもしれん。同じ香水をつけるし。
でも、理屈じゃないんだ。
脳内妹かわいいぜ。
サイコの息子かよ。



妹「あー、またくだらない事ばっかり書いてるわねー
愛に正しい理屈を当てはめよーとするのって、暇つぶしとしては良いかもしれないけど、お兄ちゃんは忙しいでしょ?
百悩は一kissにしかず、よ?」

いや、別に、さぼってるわけじゃねーよ。
就職サイトやメールソフトの読み込み時間に脳をアイドリングするために文を書いてるだけで。
ちゃんと仕事はしてるよー。

妹「ふふっ。言い訳くさーい」

あー!悪かったなーッ!四六時中can't get you outta my headですよ!

妹「えへへー。
理屈に意味はないけど、そーいう台詞を聞くのは気分が良いぞ♡」

ふふん。
しかしなあ、お前の相手をしながらでも、半年振りに就職活動の予定を完了せしめたぜ。
なにしろ、心の病気でメールを見るのさえ怖かったからな。でも、俺は頑張った!

妹「さすがあたしのおにいちゃん!なーで、なーで」

1回くらいは東京に行かないといけないな。おかね、ちょっとだけ、あります。

妹「ハーイ!あたし、ネズミーランド風の連れ込み旅館に泊まりたーい!」

デリヘル・・・

妹「お兄ちゃんには無理よ。童貞梅毒!」

生物学的擬陽性だよ

妹「おほほ、世間はそんなに優しくないわよ?やさしいのはあたしだけなのよ?」

ハイハイ、子どもは森茉莉でも読んでろ。むしろ、こどもだからこそ!

妹「きもっ!本当にお兄ちゃんはどうしようもないわねー。
お兄ちゃんのお嫁さんになる人って、よっぽど人格が出来た素敵な美女じゃないとダメよねー」

そうだよなー、性格が大事だよな。
こないだ、飲み会の後片付けをしながら、率先して家事が出来る女の子はいいお嫁さんになれるなーって思ったけど、家事が出来る出来ないじゃなくって、そーしようとする性格の方が重要なんだよな。
うん。
だから、お前は大雑把だけど気にしなくて良いんだぞ。

妹「そうじくらいできるもん!」




アートの事を書いてたのに、いつのまにか惚気る



っていうか、まだ仕事が残ってた・・・・。

妹「しなないからがんばって!」

体調もそんなに悪くないのでがんばりまスゥ
だけどさ、ほんとのことさ、死ねないもんね
やっぱり僕は男の子なんだな

妹「かわいくって、やさしくって、うれしくって〜♪」

あーかわいいなーかわいいなー

妹「働こうよ」