玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

ポルフィの長い旅3

こんかいも、、、すごく、、、、、、いもうとですた・・・・!
妹ーッ!
妹をマジで大事にしようと思ったマジで。
あと、家族愛。
きょうだい愛と家族愛にはすごく弱い。まあ、普通だが。
ターンエーガンダムと同じく、キャンデーで兄妹愛を表現していた。やべえ。
でも、お兄ちゃんが妹にアイスを買ってやって、妹が一口食べて、「おにいちゃんにもあげゆー」っていって、お兄ちゃんが一口かじって、
妹「もういらん。おにいちゃんがぜんぶくえ」
というのは、微妙に傷つくな・・・。
ほかにもギリシャ神話になぞらえて妹を心配したり、お兄ちゃんがオタクっぽく妹以外の車に余所見をしたら妹がわざと心配させたりとか、妹です。
妹萌えです。
井上和彦父に「妹思いになったな!」とか言われるのも良いな。
島本須美母が時計を気にしてたりするのがよいな
米軍の駐留軍人のバーンズ大尉は米兵だが、いい人だ。見識を改めた。しかし、ふらふらしてるけど、何の仕事をしてる軍人なんだ?


ニナ氏も言ってたけど、影無し作画でこの立体感はスゴイ。
日本アニメーションスゴイ。
CGじゃないよね?
奥から人が歩いてくる所で普通に視野角が大きくなる。すげえ
あと、人が奥に手を伸ばした時にパースが崩れねースゲエ。
CGじゃないよね?
世界名作劇場は地味にスゲエ。
あと、光線がスゲエ。人物の作画に影はないけど、背景美術とか特効の光が良い。
人物に影はないけど、特効で地味にテーブルの下の足は暗くなってるのが地味によい。
背景の光の乗せ方がジブリっぽいと思った。
作画監督の坂本信人氏は
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=248022
らしい。
っていうか、妹の唇の立体感が良い。
っていうか、妹が良い。
あああああああ。妹の髪が風になびくよー。


前回は、望月監督のPAN多用が気になった。
今回は、それもあるけど、トリミングでキャラクターを見切ることで視線を注目させるのが多いなーって思った。
それが良い事かどうかはよくわからん。
まあ、わるくはないんじゃないの?
演出意志があるフィルムは、テンション(張力)が高いので、退屈しにくいし。


シリーズ構成脚本の国井桂氏は夕凪の街 桜の国の映画と小説もやってた人ですか。
ほほーう。