玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

アニメギガ福山潤

富野の話題は出たけど、富野の出演はなし。
生アフレコのエイサップは、舞台俳優としてはカッコいい感じだったが、口にはあってなかった。あと、サコミズが濃かった。
アフレコ現場で全身を使って「こうなんだー!」と叫ぶトミノと「プロなんですから、おまかせでお願いします」という谷口悟朗監督は対照的だなーって思った。
富野由悠季監督のキングゲイナーをちょろっと見たら、実写以上に重力や空間がリアルタイムシミュレーションされていて、富野監督の中にははっきりしたバイストン・ウェルがあると思った。
この描写能力はプレイステーション3以上なので、富野の脳を軍事転用したら大変な事に成るので、悪の枢軸国に輸出したり、アマルガムの手に渡したらいけないと思う。


若手芸人で福山潤に似てる人がいる。