玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

今週の枢木スザク

一応、正論を言うアムロの位置を敵キャラにして、名作に成ってしまったガンダムの古臭い正義(というよりはゲームなどのパブリックイメージ)に対する若い世代の反発(僕も小さいころは親に見せられるジブリ作品が嫌いだったなー。コナンを見て治った)を、ドラマとファンダムの活性化に繋げるためにウザクという言われ方もするのだが。
今週のスザクは回想でルルーシュを私怨で殺さないで出世のために利用したのがバッフ・クランのサムライというか、大人っぽくてカッコよかったです。
いじめてたけどな
皇帝はあの歳までギアスを使いすぎてないのがすごいな。
っていうか、順列組み合わせは変わってるけど、コードギアスも結構シンプルというか古臭い任侠騎士道ホームドラマっぽいなー。