玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

谷口悟朗監督についてのブクマレスですー

id:kurokawada
谷口悟朗「アニメの監督は、作品制作を通じて、個人的なテーマを追求するというマスコミが振り撒いた誤解がありますが、それは違います。少なくとも、自分は違う」 ←これでは富野ファンとは相性が悪いはずだわ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/nuryouguda/20080514/1210696513
いちいちブクマレスをするということは、閑古っているということだ。


相性悪いんですかね?僕は谷口監督は色々なジャンルをやってて面白いときは面白いなーって思いますよ。
ガン×ソードは前半で挫折しかけたけど、敵の組織が見えてきたら面白くなってきて、僕が気に入った敵の組織が悪者にされたので、激怒したけど、まーまー面白かったですよ。
キルビル2の方が面白かったけど。
プラネテスも後半のテロの話をテーマっぽく目立たせないで2話にまとめたら最高に面白いだろうなあっていう位には面白かったです。主題歌も良かった。
だから、まあ、僕はなんとなく縁があったものを適当に見る感じですねー。


ただ、「マスコミが振りまいた誤解」とか言っちゃうのはなんか若者らしいですね。
マスコミが振りまいた誤解がある!と言う事は、自分がそういう価値観を持っているということですからね。つか、マスコミって言ってもCNNとかじゃないだろ。OUTとかだろ。
別に個人的なテーマを追及してる人ばかりじゃないと思いますけど。
追及しなくても、何を作っても旅人にしてしまう出崎統とかもいますけど。
でも、出崎のジャンルの広さは異常すぎる。マジで。支離滅裂なほど。
だから、個性とか囚われなくってもいいんすよ。出るときは出るし。

さらに言うならば、実は『コードギアス』というのは、谷口版『最強伝説 黒沢』なんです。
何も無い人間が、社会とぶつかって、自分はどうやったらこの社会でやっていけるのかってことを苦悩する点においては、私の中では同じなんです。

そうかー?ルルーシュなんでも出来るじゃん。超憧れ。
でも、監督は上手いこと言うのも仕事のうちってね!
谷口監督は結構職業監督っぽいので、そういう部分はトミノっぽくもあるかなー?
トミノほどひねくれちゃあいない?




ナナリーにもやりたい事があるって言っても
でも、「日本のため」とか「ユーフェミア様のため」とか、そーいう事はどうも取って付けた感がある。
やっぱ、ナナリーは純粋すぎると言う「設定」なんかなー?
まー、うちの妹やカララ・アジバのエゴが強すぎるんだが。
うちの妹は本当にやりたい事しかしないなあ。いや、結構僕に合わせてくれてるけど。
ルルーシュ先生は格好つけすぎですね。