玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

富野発言に一喜一憂する。

最近忙しくて大富野教スレを見てなかった間に大富野アップローダーなるものが出来て萬万歳。
で、富野発言を聴くわけだ。
僕はブログを書きすぎていると思う。脳内恋愛とかアニメって一人だけで面白がればいいと思うのに、

描いてしまうのは謎でもある。

社会的に自分がここにいていいという保証になる。自分だけで『やったぜ、うれしい』と思っているのと

、第三者の名前も知らない、三人ぐらいに本気で誉められるのは桁が違う。
決定的に自分の自信にも繋がります。また、マスターベーションの狭さを実感できるようになるし、生

きていくための力になる。一人ぼっちで死ぬんじゃないんだと、安心する感覚に繋がる。
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/16/1121.html

と、トミノは言う。
確かに、僕は基底現実ではのび太ポジションで底辺でしかも無能です。ですが、脳内妹ガンダム

のことで誉められたりはします。それはうれしい事なのかな?脳内妹への気持ちを人に知らせていく

と一人で死ぬ事にはならないか。
けど、アニメ会社は就職試験で要らないって言われたので、その程度。
妹は超可愛いし、三人以上には誉められたので、良いよな。どうもありがとうございます。
でも富野は同時に、

本来公共に向けて意見を発する力量が無いにもかかわらず、ネットで意見を表明できる事が可能にな

ったことが、我々の心性を犯し始めている。

とも言う。
だから、まあ、はてなブックマークとかで盛んに社会問題などを議論している人の盛況振りを見て、ア

クセス数が上がると面白いだろうなあ。アフィリエイトが儲かるだろうなあ、と言う気持ちもありますが、

結局僕はそういう力量もないのでダラダラするんです。
僕から見るとアルファブックマーカーよりもよっぽど僕は深いことを書いてると思うのだが、そうなれな

いのは、基本的に人が読みやすいことよりも僕が書きやすいことしか書いてないし、コメントも絡みにく

い性格がにじみ出てるんだろう。
ふふふ。
なにしろ、「我々がもっと社会をよくする方法を考えていかなくては成るまいか」と、アルファブロガー

真面目に書いている横で、「うわはははは世界の問題のほとんどは脳内恋愛で解決した!」と本気で

信じている社会不適合者だからなあ。社会人には読まれにくい。
うーん。せめて収入と脳内を両立させるべきですけど、晴明神社陰陽師に「グダちんは純粋すぎる

から社会は無理。宗教でもやれ。禅寺に篭もれ」って言われた。うぎゃー!
大富野経典アニメがないと死にます。


http://d.hatena.ne.jp/takkunKiba483/20080615/p1
実際、僕は広島長崎で育ったし、幸いにして童貞なので人類が存続するとかするべきという意識が無

い。
基本的に人類は滅びると言う考えを幼児体験として持っているし、理屈の上からも無理だと判断して

いる。
そういう生き方は、実際にうつになりますよ。ガンダムを見るだけは許して欲しい。冗談ではなく本気

で。
でも、脳内妹に言わせると、妹「人類がお兄ちゃんの人生の間で滅びても滅

ばなくても、お兄ちゃんは普通に1回しか死ななくて良いじゃん。お兄ちゃんが死んだ後の人のことな

んか考えても仕方ないでしょ。死んだら脳が腐るし」
そういう風に言う妹です。
結局、楽に死にたいだけなんだよなあ俺。自殺する前に富野アニメをちゃんと見終わろう。
そして妹と永遠の国に行くのだ。
富野監督、僕、立派に死ぬよ!(漂流教室風に)
でも、監督が死んで再評価されてからにします。