玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ef - a tale of melodies.1

最近忙しかったり新番組ラッシュだったりしてたわけで見るのが遅れたり何なり。
んで、エロゲとかラノベとか少年漫画原作のオタクっぽいアニメが若者向けだなーと最近感じていたので、アニメを減らして映画を見るべきか、しかし映画は拘束時間が長いからグヌヌ。とか集中力の無い小学生かつオジンのような事を考えていたのだが。
アニメの前作がなかなか面白かった、というか、新藤千尋がすごい可愛かった*1ところのefのテレビアニメ続編ですが。
なかなかに面白い。
なぜだ?
efこそオタクっぽさ全開な訳なのだが。
七尾奈留とかの類型的な顔の絵柄も大して好きな系統ではないはずなのですけどね。
うーん。
なんかリズム感とか意図がすっきり馴染む感じがする。
演出的には思いっきり凝ってて、考察サイトとかも頑張ってるし、多分かなり考えられてると思うんだが、ま、そういう情報量はともかくもともかくとして、なんとなくスッと見れる。
うるさい演出なのだが、それはそれで日常的な芝居を退屈せず見れるって言う感じで、楽しい。少なくともガンダム00のトレミーオペレーターの会話シーンよりは。
いや、日常的な芝居だが、わりとおたくっぽいガジェットも結構うるさい。ネコミミとか制服とか。(ドラマCDの明るいノリはそこら辺がオタクっぽ過ぎてウームだったのも在り?)
しかし、それはそれで登場人物の処世術の延長って言う風にも見えるし、オタクっぽいだけという下品さも微妙に軽減してる、か?
まあ、ヲタっぽいんだがナ!


うーん。
考察サイトのようにいろいろ考えてもいいんだが、まあ、肌が合う、という言い方をしてしまうだけでも良いかな?
演出過多な物が好きなだけかもしれないけど。
特殊効果だけじゃなくて小芝居も多いし。
ひだまりスケッチも演出に凝ってるんだろうけど、これはあんまり来なかった。これも謎ではある。やっぱり三角関係とか病気とか創作活動とかのストーリーがほしいのかな。ワタシ。
いや、ひだまりスケッチにもあるはずなんだが、序盤のまったり展開で何となく飽きたって言うか、俺は普通に忙しいはずだぞ。アニメ減らせ!(笑)
あとは、多分、ラノベとかの「読者の代弁者的な巻き込まれ型普通の主人公男」というのがefにはあんまり居なくてみんなどっかアレな所が好感なのだろうか?
オタクの感覚のツッコミとか冗長なネタセリフの盛り込みは嫌いだしな。efはセリフの掛け合いに緊張感が在りつつも普通の会話みたいな完結さが好き。
あ、でも、ハルヒキョンはそんなに嫌いでもないか?ネタを盛り込みすぎている林家志弦も好きだし。
うーん。
僕って節操の無いノンポリだから、それなりに良く出来た作品だったら主義主張などはないんですね(笑)



っていうか、また妹か!
いやっほう!妹ダイスシ!
(完)

*1:下の脳内妹に似ているから