玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ef - a tale of melodies.03

今回もキラキラです。
多用されるドン引きの構図でも芝居が見えるのが偉い。大きく描いて縮小してるんかなあ。
雨宮のお兄ちゃんが他人事とは思えない。僕も快楽主義者だからねえ。
妹にはやさしくしよう。
久瀬修一氏が前作の新藤千尋氏で、羽山ミズキ氏が麻生蓮治氏の位置で火村夕氏に云々されるのね。
それは希望のリフレインっぽくてよい。
んで、千尋とレンジがアシスト役にシフトしてるのがよろしいね。ああかわいい。ミズキが前作ではアシストっぽかったけど。
でも千尋はもうちょっと可愛い眼帯をしたらもっとかわいくて良いのに。なんか曰くがあるのでしょうか?
僕も人並みに眼帯をしたことはあるのですがプラッチックとゴムの眼帯って結構もろいし汚れやすいよ。毎日つけるものだしさー。使い捨てもあんまりよくないと思う。
いや、キャラの記号だって言う事くらい、私だって知っていますですよ!


話は普通。
普通蹴るよねー。あそこは。
演出は変だけど、性格は割と普通っぽくてよいか。設定はギリギリ普通の淵スレスレって言うくらいですかスイーツ(笑)
まあ、オルファンとかは出てないからいいか。