玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

新年会チックのこと

男女十人弱で新年会をした。
朝帰りで、風呂に入って、風呂の掃除。
みんな色々考えて生きてるんだなーと思って、すぐに精神で体を壊す自分が恥ずかしく成ったぜ。


男の子と違って、女の子は好きと嫌いで普通が無いんだなーって思った。クリィミーマミ
私は
恋している(1人)
愛している(数人)
好き(数十人)
客観的資料(大多数)
敵(軍事機密)
という生き方で、しかもその状態が量子的に遷移している。で、どこから敵に繋がるか分からないために嫌いと言うそぶりはみせられないので、女の子は率直だなあって思った。
でも、セクハラはした。というか、童貞が長いとセックスはフィクションのものだと思い、その実在を疑う。ために、軽々しくなりがち。ダメじゃん。
あと、エロ本を持っていたものがいたので、AV女優の自殺率が高いと言う話をした。生物的充足感を切り売りするときついのかなあ?
んで、これは話さなかったけど、女性を自殺させるものを見て喜ぶんなら、僕はアダルトビデオの人にとって敵なので、敵を殺すつもりでポルノを見ようと思って、酷い内容のレイプ物を見て
「女なんかみんな傷ついてしまえ!死ねっ!死ねっ!」と思いながらサディスティックな快感を得ようとしたら、
あきらかに雇われた汁男優というか三下が女に大声を出しながら萎えたのを必死にしごいて出していたので物すごく気分がくだらなく成って
「男も女も人間は全部下らない。滅べ」って思ってしまったので、萌え萌え脳内妹の絵を自分で描いて癒された。スレスレ。


萬画家に成った人がいたので、とりあえず、なれなれしくしたり人生を羨ましがるとキモがられると思ったので、それは注意した。
有名人と言っても記名が流通しやすい職種と言うだけで、ブッダ(生きながらニュータイプに成った人)よりは大した事ないや。
でも、税金を払ってるだけでみんな偉い。うわぁ。
人気と一般風潮と自分のこだわりの界面で色々考えてる感じだった。
ほめてくれる人は「気を使っている」と感じ、貶す人には「死ね」って思うんだったらその人的には四面楚歌っぽいので大変だ。
僕のブログ感想は毎日読んでくれてるそうらしいが、私はどう思われているのだろうか。まあ、好きなようにしか書けんし書かん。それは私の体質だから。流せ。文章では強気の私。
今は物理的に殺傷するつもりは無い。(と、プロシュート兄で)


一応、なれなれしくも、次回作のヒントになればいいとおもって
植芝理一ディスコミュニケーション」「夢使い漆原友紀蟲師ゴージャス宝田キャノン先生トばしすぎ」をよりぬきで貸した。
大変な職業なのでしょうが、何とか萌え力で一点突破していただきたい所。
というのはキレイ事で、単に僕がそういう萬画が好きなので、そういう萬画を描いてもらって、そういう萬画が増えたらうれしいという、ロビイ活動に過ぎんよ。 あと、単にネタでおいしいかと思ったから。
自分のためですよ。めんどくさかったら読まんでいいよ。でも面白いと思う。
謎の彼女Xはハードルが高いと思った。
エロマンガ出身は一般でも面白いと思ってるので貸したが、ゴージャス宝田は絵柄が僕の妹に似てないから、エロには使いにくいかもしれない。
でも、キングゲイナーのキャラデザの胃之上奇嘉郎はハードルが高いかもしれないからやめた。