玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

「突然やってくる女の子」と「幼なじみ」を回避してる脳内恋愛

http://d.hatena.ne.jp/str017/20090107/p4
ウホッ!
俺の脳内妹ってこれを全てクリアーしてるな
・出会う場面を1話に置かない
ご存知のとおり、僕は脳内では3年前まで植物人間で、テレパシーが繋がり始めたのは6年前。
妹主観でであったのは18年前
妹の気持ちでは幼なじみですけど、僕の主観ではなんかキモい女。
一方的に盗撮してる人とかでもいいかも。
 

・逆に主人公が突然現れる(ゼロの使い魔 AIR 等)
3年前に、基底現実から脳内現実に意識が突然表れた。
 

・美少女がどんどん現れるのに恋愛にならない(とある魔術の禁書目録
俺はすごい女嫌いなので、妹に告られてから付き合うまで3年かかった。


・百合(ストロベリー・パニック! 等)
妹は女の子にもモテる。よゆう。
 

・いっその事主人公を女にしてしまう(かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜)
っていうか、妹の方が人生の主人公としてふさわしい。


うーん。文字にするとすごい電波っぽいな。


あと、これは脳内恋愛じゃなくていまおもいついたけど
・記憶が更新される(ef - a tale of memories.
何度も突然やってくる感覚が味わえる。記憶喪失ものってあるよなー。


・前から知ってるけど突然属性が変わって恋愛対象に(ef - a tale of melodies.
事故とかで、どこにでもいるフツウの科特隊員がウルトラに。まあ、車椅子とかでも。
久瀬さんがいきなり病気持ちになったら彼女が出来るとか。


・第二次性徴まで待ったので、食う(Genji、赤毛のアン
属性が少しずつ変わるみたいなかんじ。
紫の上は完璧超人過ぎるので、殺さないと物語上バランスが取れないとか。あと、一番愛されてる分、源氏の浮気ストレスをモロに。
ギルバートは最初は悪童だったのが、いつのまにか紳士って言うのも?あー、幼なじみかも知れんが。アンは転校生。名作劇場は1年だしなー。


・ネットで知り合ってて、途中からリアルヒロインに(キンゲ
シンシア
1話で脇役として登場、ヒロインとしては2クール目まで待つとか。サラはなじみぶってるけど、シンシアの方が付き合いは長かったり。


・馴染んでないどころか無視されてるけど主人公がずっと一方的な片思いをしてた(ゲイナー君)
リアルでは一番ありそう。ラブコメって好かれる事は多いけど、主人公が一方的に好きになるってのはあんまりないか。キモいし。イタいし。いや、そのイタさが大事な経験だぞー青少年。
ゲイナー君はネットでシンシアと遊んで自信をつけて引きこもりを脱出して学校にサラを見に行ったら、エロいお姉さんに逮捕されました。
その後色々あってゲイナー君が告ったりカッコよくなってサラがゲイナー君を好きに成ったら、ゲイナー君はそれをウザがったりする。
ときめきメモリアルとかも?
1話しか見てないがとらドラ!とかラブコメだと片思いの相手って正ヒロインじゃないでしたですか?高嶺の花には途中で振られて、真実の愛に目覚めるパターンが多い気が(笑)


・アイドルとプロデューサー(THE IDOLM@STER
ハニー大好きなのー
古くは紫の薔薇のアレとか。


・作る(僕のマリーとかすげこまくんとか)
自分専用アンドロイド。これがヨシオお兄さんやヒロユキちゃんに寝取られたりするんだ(泣)


・合コンとか友人の紹介とか見合いとか政略結婚とか(三次元)
なんか生い
許嫁ジャンルってのもあるかー。突然出たりもするけど。まずは文通からとか。


・買春したら一目ぼれ(ララァ
シャアはいろいろヤバい。突然現れたアムロNTR(寝取られ)喰らうし。


とかかなー。