玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

あの世と通じてる子宮からこの世へオーバーヒート

大事な事なので、書き忘れたことを書きます。
ヤーパンとシベ鉄が寄って集ってオーバーデビルをボコボコにしたり、綱引きをするのは祭っぽかった。
それはどういう祭かと言うと、オーバーデビルと言う世界の子宮に飲み込まれてあの世に行ったキングゲイナーをもう一度生まれてもいいかな、と思わせる祭な。
天岩戸とかにも通じるけど。
むしろ、少年少女の通過儀礼として、母子カプセルから出て社会に受け入れるって言う感じだろうか。
七つまでは神のうち」って言うし、七五三的な、神から人に生まれなおす感じ。「こっちに生まれてこい!」ってヤーパンのみんなが読んでる感じですな。
富野監督は祭とか通過儀礼を重視する発言をしてるわけで。「通過儀礼がないので、大人に成った感じがしない」とか仰ってる。
そこらへんをアニメで描いてくれるのは、美しいなあと思うし、こういう世界なら僕も生きていけそうだって思う。
問題は、そういう風に迎えてくれる世界がアニメの中だけだと言う事だが。
まあ、僕がイケメンだったら迎えてもらえたんだろう。幸せに生きている人はこの空の果てにきっといるはず。
キモメンはただ消え去るのみ。スイーツ(笑)