玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


広告

源氏物語千年紀 ゲンジ 03夕顔 04藤壺

源氏物語千年紀 Genji
台湾のkaito2198氏にはあまり好評ではないのは、向こうには紅楼夢があるからかなあー。とか思った。紅楼夢は読んでない。ガンダムが出てないから。いやー。無教養です。
なんか中国製でギャルゲーになってるらしい。
http://www.gamebridge.com.cn/Home/gamezone/red/
↑公式サイト:红楼梦 - 北京娱乐通科技发展有限公司
http://www.amazon.cn/mn/detailApp?qid=1232658776&ref=SR&sr=13-2&uid=168-6257299-8744258&prodid=pcgm812027
↑アマゾンチャイナ
http://temple-knights.com/archives/2009/01/gamezone-red.html
↑ニュースまとめ
かわいいっすね。
でも、正直、あんまり中国や台湾や韓国やフランスやアメリカにアニメや萬画やゲームを作って欲しくない。テレビ東京と衛星放送を見ないことで生活時間を確保するようなオタクの私が外国のアニメにも手を出したら死ぬ。死んでしまう。日本の本を全部読めないので、図書館と本屋に行くと気分を悪くして、富野と出崎を全部見てないだけでもこんなにイライラしているというのに。


って言うわけで、出崎アニメを見る。
DVDのリモコンをなくして鬱なので、短く。
スーパー耽美タイムだと思う。
うっとりする。
「夕顔」の見所。
ラブシーンでギャラクシー。すげえー。
怨霊に対する光源氏のアクションがすげー。貴族って武闘派なんだな。
死んで終わる。
藤壺」の見所。
レイプして終わる。
もう、レイプアニメですね。
もう、原作のあさきゆめみしとも紫式部とも全然違うんだが、(いや、読んでないけど出崎統展開過ぎるのでわかるぞ)出崎ワールドがおもしろいのでとても愉快。
っていうか、藤壷では若紫が登場。私はシェリルよ!
小学校の頃から僕は紫の上が一番好きでしたねえ。ロリだし。10歳年下の脳内妹と婚約するような俺だぜ!三つ子の魂だぜ。
というわけで、若紫のちっちゃい美少女ぶりがキュートでキュンキュンしましたよ。うひひひ。
が、そこで、源氏が美少女に一目ぼれした、っていうだけで無く、源氏の君様の光り輝く笑顔に若紫の方が魅せられたっていう展開にしてるのがまた憎い。
同時に、誰にも笑顔を見せなかった源氏がここで初めて満面の笑みを見せたという事が視聴者にだけ分かるというのも憎い。
あと、杉野昭夫氏の描く笑い顔の口角の感じがすごい好きだなー。1話から作画のクオリティーが上がってきてると思う。耽美耽美。
絵柄は杉野さんだけどあさきゆめみしよりは源氏物語絵巻を底本にしてるかんじですね。唇とか。同時に、アニメらしく立体的でも在る。劇場版AIRもそんな感じだった。
そういう素敵な笑顔を既に出しているのだから、源氏本人が藤壺に「あなた以上の人と出会えたら良いのに」って言ってるけど、もう出会ってるんだぜ?っていう事。でも、源氏本人は自分の笑顔をわかってないので紫の上は藤壺の代理と思ってしまいがちかも知れん、という将来の暗雲の予感でもあり。本能では紫の上が好きなのに、表層意識では違ってしまうかもしれないという。
うむむ。上手いなー。


あと、小清水亜美氏の夕顔や若紫の遠藤綾氏やら、光源氏櫻井孝宏氏や頭の中将の杉田智和氏など最近の若手人気声優と言われる方々もたくさん出てるんだけど、なんか他のアニメに出てるときと全然違うわけで気づかなかったりする。僕のダメ絶対音感の精度が低いのかもしれないけど、芝居の方向性がかなり違うとは思う。
杉田智和氏の頭の中将のバリトンがいいなー。
BLの女性の方のブログでは好評だから、BLドラマCDではこういう声なんだろーか?
いやー。
やっぱ、最近の若手声優ってそんなに悪くないと思うなあ。むしろ最近のアニメーションの演出とか企画の方向性が一本調子だから声優が一本調子に思われるんじゃないだろーかと。
昔の若手声優の白石冬実さんとかも高いアニメ声だったわけだし。役者は役者っすよ。
ミカドラジヲ!を聞くに、収録は結構進んでるのかな。収録後に特殊効果をつけたりとかもあるんだろうなあ。
っていうか、明治以降の天皇はあんまり出ないのに昔の帝はアニメによく出るなあ。