玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

カオス・ヘッド 06 guidance

カオスヘッド CHAOS;HEAD
ヒロインズの顔見せがやっとこさ終わって、今回からやっとこさ話が動き始めた感じ?でも、こんどは超能力の紹介を始めた感じ・・・。
展開ゆっくりだなー。
でもまー、それなりに退屈しないのは、主人公西條拓巳(CV:吉野裕行)が親しみやすい性格だからだな。脳内恋愛してるし。
脳内彼女の星来オルジェルたん(CV:友永朱音)と話せるのは、フィギュアのある自室だけなのかー。それはそれは大変だな。まだ、ヨリシロが必要な段階の脳内恋愛クンフーなのか。ま、まだ高校生だから魔法力が低いのかもね。
でも、女子高生を視姦しながらスク水を具現化することはできる。そうか・・・。
そして、それを当の女子高生である岸本あやせ(CV:榊原ゆい)にバレるのね。そうか・・・。きっついなあ。


あと、中二病みたいな世界観について主人公が「中二病だ」って言うのが面白い。そう言う自分が一番中二病というか統合失調症一歩手前の妄想思考なのに、他人の電波については常識的に気持ち悪がる。そういうねじれは面白い。
井上敏樹脚本って、仮面ライダーみたいな1話完結型でアクションの見せ場を作るのは、あんまり面白くないけど、こういうダラダラドロドロとした精神状態を書くのは結構上手いのかなーとか。
あと、ジェットマンシャンゼリオンみたいな感じで、ヒーローアイテムをパロディにして、アイテムをおもちゃ屋で買ってしまって笑われる主人公とか、虚構のアイテムに現実の価値観を持ち込んで、その齟齬を引き立たせてユーモアにするって言うのは結構好き。
原作のゲームからかもしんないけど・・・。


そういう性格描写は面白いので見てる。事件の推理とか、アクション自体は、まだまだかったるいなあ。異常は出てるけど、明確な敵との戦いが無いからなあ。まあ、そこら辺の雰囲気も若者のアンニュイさの表現なのかもしれないけど。


あと、google.com/analyticsで調べたら、僕のブログって渋谷からのアクセスが一番多いんだわ。平均滞在時間も長いし。リピーター率も高い。
名古屋や大阪や京都って言うほかの都市よりも、渋谷区が。
渋谷って重力が異常だから、グダちんのブログを好むような若者が集まるのかな?
カオヘのタッキーが入り浸るアットマーク・カフェのような所からのアクセス?
それとも、グダちんのブログは大いなる意思に監視されている?その目だれの目。
そういう中二病っぽい妄想はかなりシンパシーがありますね。


あと、サンライズとかアニメスタジオの多い杉並区もアクセスとリピーターが多い。えっと、生意気な事を書いてすんません。面白かったら面白いって書こうと思います。