玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

亡念 のザムド1ザムド陽炎に現る

亡念のザムド
基本エウレカな感じでスタイリッシュで社会批評でジブリサンライズという、ボンズ宮地昌幸の個性というよりは経歴そのもののような印象である。
ジブリらしい丁寧な日常描写ですごくうまいんだけど、コンテのテンポが丁寧さよりもちょっと早いので、芝居の動きが軽いところもちらほら。バスのカーブとか。
やっぱしスタジオジブリ宮崎駿の天才的アニメーティングに支えられていたのか。
丁寧なのはいいが、淡々としているので、超常現象が起きていてもあまり驚きがなくて、一話にしては食い足りないのがもったいない。
絵も丁寧だし、枚数もかかっているようだが、もうちょっとレイアウトとカット割りや音楽や謎の光で協調してほしかったかなー。
淡々としている分、伏線を張っただけで一話でおなかがいっぱいになるようなご褒美というか面白シーンがなかった。
結局、私の好みは富野由悠季の詰め込みと出崎統の過程の省略という極端な統制の作家に偏っているのである。
内容的なところはあんまりよくわからんが、エウレカセブンみたいなスタイリッシュな気持ち悪さは健在で気持ち悪いと思いました。