玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

昔は良かった?いえ、あなたの人生の物語です

昔は良かったというのは結局は年長者の自我を慰撫するポジショントークにすぎないのだろう。
先日、定年リタイアした親戚と飲んで、「社会人とは」との話を聞いて色々と興味深かった。仕事のやり方などはためになった。
しかし、世代論になると互いに想像で話すから齟齬が在りますね。
私たちの若い世代は怒られた経験、特に体罰がないからダメだそうだ。職場でも、若い世代は黙っていて言われた事しかしないらしい。
小父様によると「自分から何かをしなくても周りが助けてくれたからだ」って言う。
僕はそれを聞いて、色々と考えたが空気を読んだのでその場は同意して、「おっしゃるとおり!私たちの世代にはご指導ご鞭撻をお願いします!」と言い、意見は自分の領域であるブログで書く。満員電車で本も読めんからケータイで。


そもそも、上の世代が「お前らは優しくされたからダメ」って言うのはヒドいね。
あなた方が優しくして来たのは間違いだったのですか?
そんな優しさは優しさじゃない。


私の実感としては、怒られなかったから、若者に黙り癖がついたと言うよりは、
「ほっとかれ慣れてるから、黙っているのが普通」という感じ。
良い子にしてたらほっといてもらえる。


しかし、僕が自分の意思でCDのおまけのアスカのポスターを貼ったら親に「オタクは宮崎勤になる!キチガイ!」と言われた。
ポスターはただの絵なのに。
テレビでも「酒鬼薔薇聖斗、ネオ麦茶、加藤智大と同じ、キレる世代」と言われ、
国立大学でも、カウンセラーの資格がないのに大学の決まりでカウンセラーをしてる大学教授に「京都大学にはいれないで、この程度の大学でこんな成績のお前なんか就職できないし、犯罪者になって獄死か精神病院で死ぬ」と言われ、
世間では「勝ち組にならなければ生きて行けない」と言われ、
家族で正月にご飯を食べにいったら母が他の家族を見て「お父さんは勝ち組じゃない。あんたは勝ち組になりなさい」という。
みんな、目上の人だから正しいことを言ってるんだろう。
つまり、僕らの世代は大人にほっとかれ慣れてるし、大人の気まぐれで好き勝手に言われるのに慣れて生きて来た。
叱責や体罰はないけど、人格を否定されることには慣れてる。
自分の意見を出したら怒られるものだと。もちろん、意見や個性が変だからしかたない。
個性は大事って言われているから、うっかり個性を出して、変なアニメにはまったりオタクになるけど、すると、ルンペン貧太みたいに、殺される。
でも、オタクが儲かると、電車男みたいに宣伝されたりもする。
儲からない個性は要らない個性。だから、僕は要らない人間。


僕だけの問題なら良いけど、世間の雰囲気も、みんな好き勝手に言ってるだけに見える。
「レイプする方が元気でいい」とか。
大臣であっても、具体的な相手に聞かせるつもりのない、人間への勝手なイメージで話をしてる。
親や先生は本当に僕が性的殺人鬼になると判断したのだろうか?
私の醸し出す雰囲気(笑)や、趣味の悪さがぜんぶ悪いのか?
雰囲気や趣味の価値は誰がどう決める?
メディアで流れた性的殺人鬼のイメージを僕に重ねて、僕を見ないでイメージに対して評価したような気がする。
若者は、大人やメディアに好き勝手に評価されて生きてきた。
しかもまわりの大人は勝手なイメージで評価して怒ったりバカにしたりポスターやプラモデルを破壊するだけで、僕が犯罪者にならないですむような言葉はかけてくれなかった。
「お前はダメだ!」と言ったら言いっ放し。


キレる17歳を人間扱いしたり、「ここ五十年くらい、頑張らないと生きていけないと流布している日本は異常です」ときちんと語る大人は富野監督とその周辺くらいです。


そんな一般世間では、発言したいとか関わりたいとか思わない。
結果、若者は黙り、団塊はかまびすしく、世代は断絶する。


それでも、学生のうちは生存は保障されていた。就職したら否定された人格を資本に生きて行かなくてはならない。
(ご立派な大人に比べて)自分には価値がないと教えられ続けた心で自己責任生活をしなくてはならない。


だって、今は実力主義の時代だ。
大人も若者も同列に弱肉強食でポジション争いをしなくてはいけない。家族であっても上下関係を争う。
だから、手っ取り早く若者の自信を失わせるんだな。



と、ここまで暗い事を書いたら、脳内妹に注意された。


妹「結局さ、いい人に出会わなかった方が多かったってだけじゃん。
お兄ちゃんの経験意見なんてのも、メディアのイメージと変わらないわ。真実みたいな議論にはならないわね。
良い出会いもあったはずよ?
例えばあたしとか」



あー
全くその通りだねえ
そらちゃんはいつもぼくに対案を出してくれるね


妹「だって、お兄ちゃんこそ人の話を聞かずに突撃するからでしょ!
もう!お兄ちゃんは犯罪者でも殺人鬼でもないんだから、優しいお兄ちゃんなんだから!
いちいちグダグダ悩まないのっ
世代全体とかどうでもいいわよ
目の前のお兄ちゃんが好きかどうかでしょ
愛してるわよっ」


あー
いろいろ
すんません


うーん
ブログって極論やブレない意見を出したら評価されたり、コメントやブクマが活性化するのに、僕はそらと話してj自己討論するんだよな。
そうしないと暴走して死ねけど