玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ガンダム、台場に立つ!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000038-maiall-ent
痛いニュース(ノ∀`) : ガンダム、台場に立つ - ライブドアブログ
行く。決定。
6/20に行く。
夏至だから。

∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 1

∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 1

シーシッシー シーシッシー
ラーセッセー ラーセッセー


      年を越せ 夜を越せ
      年を越せ 夜を越せ


         男は男 女は女
         男は男 女は女


  年を越せ 夜を越せ
  年を越せ 夜を越せ


      ホワイトドールのご加護の元に
      ホワイトドールのご加護の元に


シーシッシー シーシッシー
ラーセッセー ラーセッセー


しかし、このような機械人形を必要とする戦争というものは絶対にあってはならないゆがみです。
戦場は荒野なのです。
人類は自らの行いに恐怖したのです。


プロローグ、歴史から

[rakuten:gdc-miracle:10053981:detail]


ユニバーサル・センチュリーの初頭、地球連邦政府ジオン公国が大戦をした。
地球での戦争の歴史を宇宙でも繰り返したのだ。
人は知恵を本能に従わせ、自分の足場がなくなるのを気付きながらも、自らの存在を謳歌した。
身の丈以上の道具をもてあそべば、自らを滅ぼすのは自明のことだ。
それを制御できると考えるのは、エゴの増長、傲慢の拡散、愚鈍なるものの放つ花火!
それでもガバナーたち、マッドサイエンティストたち、ミリタリアンたち、それら魂のない者たちは、それをもてあそぶ。
巨大な道具を、時代の象徴と信じて!


と、シャア・アズナブルは1999年に吠えた。


それから10年。


「ターンAはホワイトドールといわれて、人々に崇められてきた物なんです。その本体が機械であれば、使い方次第ではみんなの為にだってなります」


白い悪魔でも時代を拓けるか!
[rakuten:amiami:10043806:detail]


      ホワイトドールのご加護の元に
      ホワイトドールのご加護の元に


シーシッシー シーシッシー
ラーセッセー ラーセッセー


(ディアナは幸せである)