玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

今期のアニメ

忙しかったから全部見てないけど、全番組を見てないけど、録画を残してるのは

見てて元気になる
コンビニで売ってた原作も買った。なかなか忠実。
Zマジンガーの一冊目も読んだ。
でもくろがね屋は今川ニズムだな。でも永井豪のやくざなかんじでもある

個人的に地学部天文課長だったからよかった
カノープスで感動する気持ちはわかる
僕は学校に無断で獅子座流星群野外観測を平日に強行して部員を寒さや痴漢の地獄にたたき落とした外道だから、アニメや漫画のような明るい青春グラフティじゃないと思うけど、その時の部員とは今も仲が良いのでやはりよかったんだろう。
高校だけはまともに行ったし。
他は全部転校したりしたから漂泊人生だ。

佐藤順一の日常描写がよかった
怪異も日常に回収するのは派手ではないし、芸術としては詰めが甘いが、さじ加減が上手い。
しかし、セーラームーンはゴールデンタイムでこれは深夜
寒い時代だ

出崎だから見た。半分。
出足は暗かったがだんだんテンションがあがる
クロミがかわいい


他にも青い花化物語絶望先生こんにちはアン蒼天航路シンケンジャーがおもしろかったので家事をしながら見ました。まだ途中だけど
新番組の録画を探すのはめんどくさいから DIGAの自動録画に任す


アニマックスの富野枠はザブングルガンダムダンバインとZZを録画してる
ザブングルは見てないからみたいですなー
見ないと生きる元気がない
五年前に自殺したかもしれない富野に救われたのが僕だ
でも休日も仕事の資料整理だし
命を賭けて生きてます
香山リカが、「生きる目標や好きなものや、夢がなく、こだわらないで生きた方が、狂わない」と言う
僕は物語という怪異に取り付かれている。


人が安心して眠るためには、フィクションのガンダムより、パンや畑や人の繋がりが大事だ。
それを作れないでフィクションが好きなぼくは?


脳内妹「お兄ちゃんがパンや畑や人が大事だって思ったのは富野アニメの影響でしょ!だったらそれで良いじゃん。両方大事さ」


あー君は、的確にツッコミを入れてくれるね
妹「お兄ちゃんは、傍目にはツッコミどころだらけよ。簡単だわ」


そんなもんかね
妹「そうだよ」

そうかい